12.8 C
Japan
火曜日, 6月 28, 2022

高知大学医学部が地域共創を目指して「オープンイノベーション拠点 MEDi (メディ)」を開設!

高知大学医学部は、ビジョン・ターゲット・目標を共有する産学官の関係者が部局や所属機関の垣根を越え、パートナーとして研究開発成果の検証・社会実装、イノベーションマインドの醸成などを実践することができる「地域共創の場」として、「高知大学医学部オープンイノベーション拠点 MEDi」を高知市内中心部に開設しました。

MEDi開設の背景と協力機関について

高知大学は今、新たなる目標として、地域課題の解決から世界の課題を解決する“Super Regional University”となることを掲げています。

全国と比較しても超高齢化社会であり、過疎地域であり、そして国内屈指の災害多発地域でもある“課題先進県”高知において、解決するべき課題に向き合うためには、新たなテクノロジーを医療へ柔軟に取り入れる必要があります。

そこで、高知大学医学部では、ヘルスケア・イノベーションの可能性に着目し、2021年3月に「医療×VR学講座」を、同年4月に「ヘルスケアイノベーションコース」を開設し、医療領域でのイノベーション人材の育成に取り組んでいます。

今後は、高知の地域課題を実践的に解決するため、異なる領域のエキスパートたちの領域横断的なコミュニケーションが生まれる場として、高知市中心部にオープンイノベーション拠点「MEDi」を新設しました。

産学官が連携した地域共創(実践)の場を提供していくにあたり、2021年8月27日、高知県副知事、室戸市長、宿毛市長、高知県議会議員が参加して、オンラインにて開所式が執り行われました。

MEDiが目指すもの

  1. 産学官の枠組みを超え、自治体と入居企業が開設・運営に協力
  2. 医療・ヘルスケア関連領域における地域課題の解決から国際的課題の解決を目指す
  3. 入居企業は、高知大学医学部が技術提供やアドバイスで全面的にバックアップ

本拠点では、行政と住民が抱える医療・ヘルスケア領域の課題を把握し、本拠点に関わるメンバーが産学官連携で解決し、社会実装を実現します。

行政が抱えるマクロな地域課題は、災害医療・コロナ対策・オンライン診療などから抽出し、住民が抱えるミクロな地域課題は、フィールドワークでまとめた住民の声の中から地域のケア課題を抽出します。行政と住民の間に本拠点のメンバーが関わることで、一方に偏りすぎない持続可能な解決策を見出します。

また、本拠点で事業化を目指す、入居企業の技術シーズや事業アイデアについて、実際に事業化を図るために想定されるリスクを考慮し、様々なパートナー企業とPoCを行う場を提供します。

地域から世界へ、世界から地域へ。大学と入居企業が有するシーズを出し合い、課題解決〜社会実装した成果によって、国際的課題の解決を目指します。また、国際的な地方創生として、新しい地域社会を創造します。

イノベーション創出のためのエコシステム

本拠点では、ワークスペース、スクール、コミュニティーの3つの機能を軸に、地方におけるイノベーション創出の仕組みを構想中です。

ワークスペースには、デジタル治療薬・オンライン診療・遠隔医療など、医療テクノロジー領域における事業を推進する企業の入居を予定しています。入居企業は、高知大学・高知県立大学・高知工科大学の3大学と連携し、技術提供やアドバイスを受けながら、自社ビジネスを発展させます。

また、行政との連携により、実証実験のサポートをすることで、社会実装を加速します。
他にも、社会実装の際に欠かせないクリエイティブやアート面でのサポートなど、イノベーションに必要な要素を探りながら、地域での挑戦を後押しする最適なエコシステムを構築します。

MEDiの由来と施設について

「MEDi」は、医療(medical)を中心に、異分野のエキスパートたちが集まり(medley)、時に探究し、熟考する(meditate)場所として、時にVR/ARなどの最先端の技術を用いて場所や時間の枠にとらわれず、多くの人が交信する媒体(media)として、高知の要の場所(髄=medulla)となることを目指すという意味で名付けました。

本拠点は、40坪×2部屋の計80坪のフロアから成り、スタートアップ・ベンチャー企業の入居や、VR体験等に適したイノベーションを創出する開放的な空間を、MEDi内装・アーティストチームが手掛け、工事を進めています。

1室をワークスペースとし、もう1室では医療という枠にとらわれない様々な取り組みやイベントを予定しています。

施設詳細

名称:高知大学医学部オープンイノベーション拠点 MEDi
所在地:〒780-0842 高知県高知市追手筋1丁目6 チカミビル3階
アクセス:高知駅南口より徒歩9分/蓮池町通駅より徒歩3分
入居予定企業:株式会社Psychic VR Lab/株式会社BiPSEE/株式会社アルファドライブ高知/株式会社UNIVEX/一般社団法人EpiNurse

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント