12.8 C
Japan
月曜日, 7月 26, 2021

中小企業は新規事業でイノベーションできる!その成功ポイントを解説

中小企業には新規事業によるイノベーションが欠かせません。ではなぜ中小企業にこそイノベーションが必要なのでしょうか。
ビジネス環境の変化が激しい昨今では、既存事業が安定的に収益を上げていたとしても、数年後の状況は不透明です。企業には経営を安定化させ、持続的な成長が求められます。
当記事では中小企業の新規事業が求められる理由や成功ポイントなどを解説します。
目次
・中小企業に新規事業が求められる理由
・中小企業が新規事業を成功させるポイント
・新規事業を成功に活かせる外部リソース
・中小企業は新規事業によってイノベーションしよう

中小企業に新規事業が求められる理由

ここでは中小企業に新規事業が求められる代表的な2つの理由について紹介します。

収益の柱を増やすため

中小企業は新規事業によって「収益の柱を増やす」必要があります。収益を増やす目的は大きく分けて2つです。

1つ目はリスクヘッジです。例えば新規事業によって収益の柱を増やすことで、既存事業の収益が落ち込んだとしてもそれを補うことができます。

先行きがわからない状態で既存事業に特化するのは危険です。新規事業に資金を投入し、リスクを回避できる経営を中小企業には求められます。

2つ目の目的が持続的成長です。既存事業の収益を維持し、さらに新規事業が成功すれば持続的成長につながります。既存事業から撤退する場合でも、新規事業を本業として乗り換えられるでしょう。

人材育成を促進するため

中小企業に新規事業が求められるもう1つの理由は「人材育成を促進するため」です。企業の成長には優秀な人材の確保が欠かせません。

その方法は「外部からの採用」もしくは「社内での人材教育」です。新規事業の立ち上げは人材育成をする絶好の機会といえます。

幹部候補者に新規事業の立ち上げを任せることでスキルや知識はもちろんのこと、経営的観点を持った人材へと育成できるでしょう。

中小企業が新規事業を成功させるポイント

中小企業が新規事業を成功させるポイントは3つです。それぞれの内容について確認していきましょう。

最適な参入タイミングを図る

中小企業が新規事業を成功させるには、最適な「参入タイミング」を図る必要があります。参入時期は一般的に自社の状態によって判断されるものですが、最適なタイミングは本業の成熟期です。

成熟期には安定した収益を得られている場合が多く、資金的にも余裕がある時期といえます。このタイミングで資産を投入して新規事業を育てなければなりません。

再現性の高い事業計画を立案

「再現性の高い事業計画」も新規事業の成功には欠かせません。再現性の高い事業計画を立案するには2つの要素が重要となります。

1つ目はマーケティングです。より再現性の高いマーケティング戦略を描けるかどうかで、成功が決まるといっても過言ではありません。ユーザーのニーズと自社の強みを洗い出し、効果的な戦略の立案が求められます。

2つ目はビジョンとコンセプトです。これらを明確にすることで、事業の軸がぶれなくなり、新規事業が失敗する可能性を大きく軽減できます。

事前に撤退基準を設定

新規事業の立ち上げには、事前に撤退基準の設定が必須です。撤退基準を設定しないまま新規事業をスタートすれば撤退の判断が遅れ、損失だけが膨らむ可能性が高いでしょう。経営の根幹を揺るがす事態になりかねません。

事前に撤退基準を設け、想定数値を下回ったら速やかに撤退するだけの素早い判断が中小企業には必要です。

新規事業を成功に活かせる外部リソース

ここでは新規事業の成功に活かせる外部リソースを3つ紹介します。新規事業の立ち上げを検討している中小企業の担当者はぜひ参考にしてください。

オープンイノベーションの活用

オープンイノベーションとは自社と他社の技術やノウハウをオープンにし、それ掛け合わせることで新商品や新サービスを生み出す経営戦略の1つです。自社にない技術を他社から流用できるため、1から仕組みを構築する必要がありません。

外部人材の活用

「外部人材の活用」もおすすめです。外部人材の活用には多くのメリットがあります。

まずは求める優秀な人材を確実に確保できることです。新規事業の分野に精通した人材に任せられるため、成功率が大きく向上します。

また第三者的な目線での意見を聞けることもメリットです。社内の内情を知らない外部人材は、よりユーザーに近い目線での課題や改善点を発見しやすいでしょう。

スタートアップスタジオの利用

スタートアップスタジオの利用も成功に導く外部リソースの1つです。スタートアップスタジオとは起業家を支援する仕組みの1つで、新事業を生み出す集団ともいわれています。

業界に精通したマーケッターやエンジニアなどから、事業立ち上げへの支援や経営へのアドバイスをもらえます。さながら映画監督や脚本家、編集、カメラマンなどのプロ人材がそろって作品を生み出す映画制作会社のような仕組みです。

https://studio.creww.me/

中小企業は新規事業によってイノベーションしよう

ここまで中小企業は新規事業によってイノベーションできる理由やその成功ポイントについて解説しました。ビジネス環境は日々とてつもないスピードで変化しています。

中小企業の経営者や新規事業担当者はその変化に対応しなければなりません。今回紹介した外部リソースや成功させるポイントを参考に、新規事業によりイノベーションを起こし、企業の永続へとつなげていきましょう。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【募集】暮らしの未来を創造する次世代のプラットフォーマーへ | イオンモールがスタートアップと協業

【オープンイノベーションインタビュー】 「アジア50億人の心を動かす企業へ」をビジョンに掲げるイオンモールは、「Life Design Developer」として、人々のライフスタイルの向上と地域社会の発展に貢献することをミッションに、国内外の大型商業施設を開発から運営まで一気通貫で手掛けるディベロッパー企業です。 同社はこの度、ライフスタイルの変容や地域の社会課題に対して、商業施設の枠組みを越え、新たな「暮らしの未来」を創造する事業領域を拓くべく、Crewwのプラットフォーム「Creww Growth」を用いて、アクセラレータープログラムを開催します。イオンモール株式会社DX推進部 ビジネス開発担当部長 野口 耕司氏に、オープンイノベーションへ乗りだすに至った思いを伺いました。 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #イオンモール #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

現代の社会課題である食品ロスを解決する「Freeat(フリート)」

【ファウンダーインタビュー】 「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げるCrewwでは、毎月オンラインネットワーキングにて、事業会社・スタートアップ・個人起業家などの挑戦者をリコメンドしています。CrewwのSTARTUP STUDIOプログラム運営をメインに担当する寺田 麗未が今回ご紹介するスタートアッププロジェクトは、Freeat(フリート)です。 #フードテック #SDGs #インキュベーションプログラム #スタートアップスタジオ #Freeat #フリート #大挑戦時代をつくる #Creww

潜在的イノベーターの挑戦と覚醒を促す“パートタイム”という選択肢

【新プロジェクトインタビュー】 “大挑戦時代をつくる。”をビジョンに掲げ、数々のオープンイノベーションを
支援してきたCreww社が、スタートアップへパートタイムで参画できるプロジェクトを開始します。
SHIFT(x)プロジェクトで実施する新たな取り組みについて、担当者にインタビューしました。 #スタートアップ #
SHIFT(x) #シフトエックス #STARTUPSTUDIO #スタートアップスタジオ #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】大阪メトロ アドエラがスタートアップ協業で目指す「ローカル経済を結びつけた大阪の活性化!」

【アクセラレーターインタビュー】 株式会社 大阪メトロ アドエラがスタートアップとのオープンイノベーションに乗り出した。人口減少による交通利用の影響に立ち向かうべく、2025年に向け新しい事業の柱を創っていくという大阪メトログループ全体のミッションがある中、各グループで新規事業創出に向けた準備が着々と進められていたが、新型コロナウィルスの影響がよりこの流れを加速させたと言う。 そんな中、大阪メトロアドエラではスタートアップの斬新なアイデアや先進的な技術を取り入れ、協業による新規事業を生み出すべくアクセラレータープログラムを開催する。大阪メトロアドエラの新規事業創出を担う事業創造本部の奈良大和氏に、オープンイノベーションに取り組む背景やスタートアップとの共創に向けた狙いや想いを伺った。 #大阪メトロアドエラ #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント