12.8 C
Japan
木曜日, 1月 20, 2022

地方でのDXやオープンイノベーションを地銀と連携し進めるべき理由

地方企業がDXやオープンイノベーションを進めようと考える場合、自社でスタートアップを見つけ、協働体制を構築するのは容易ではありません。
地方でDXやオープンイノベーションを進めるうえで効果的なパートナーが地方銀行(地銀)です。そこで地銀と連携してDXやオープンイノベーションを進めるメリットや、各地の地銀が取り組んでいる事例について紹介していきましょう。
目次
・地方でのオープンイノベーションやDXを進めるためには
・地銀と連携してオープンイノベーションやDXのパートナー探しをするメリット
・地銀がDX推進をサポートしている事例
・地銀との連携でオープンイノベーションやDXをスムーズに導入しよう

地方でのオープンイノベーションやDXを進めるためには

まずは、地方でオープンイノベーションやDXを進める前提条件について確認していきましょう。

オープンイノベーションやDXのスタートアップは都市部に集中

オープンイノベーションとは、外部組織と連携して革新的なビジネスやサービスを創出する手法。またDX(デジタルトランスフォーメーション)はビジネスをデジタル化することで、生産性の向上や新サービスの創出を産むための手法です。

オープンイノベーションやDXを推進するためには外部組織と連携する必要がありますが、多くのスタートアップは都市部に集中。したがって地方企業の場合は連携先が近場にない可能性があります。このことから、地方企業は都市部にある企業に比べるとオープンイノベーションやDXに取り組むためのハードルが高いといえるでしょう。

地銀がスタートアップと地方の企業を結ぶ理由

近年、地方銀行(地銀)がスタートアップと銀行のあるエリアの企業を繋ぐケースが増えています。その理由は、地銀の多くは東京をはじめとした都市部に支店があり、地域企業とスタートアップのハブの機能を果たすことができるからです。

地銀にとっては、エリアの企業が衰退すると融資先がなくなり、地銀そのものが存在できなくなります。そのため、地銀はエリアの企業が成長するように、融資だけでなくスタートアップとのマッチングも進めざるをえない環境になってきました。

地銀と連携してオープンイノベーションやDXのパートナー探しをするメリット

続いて、地方企業が地銀と連携してオープンイノベーションやDXのパートナーを探すメリットについて解説していきましょう。

オープンイノベーションやDX導入のアドバイスをしてくれる

地銀の中には、先進的なビジネスモデルを研究する部署が存在。中には地銀グループの中に総合研究所を設けて、積極的にオープンイノベーションやDXを推進している地銀もあります。このような地銀であれば、企業がオープンイノベーションやDXに取り組みたいと考えた場合に相談すると、その企業にあったオープンイノベーションやDXの進め方をアドバイスしてくれるでしょう。

新たな取り組みに挑戦したいものの、具体的にどう動けば良いか分からない場合には、まず地銀の行員に相談をおすすめします。

金融機関の目線でビジネスパートナーとして相応しいかチェックしてくれる

自社で連携するスタートアップを探す場合、そのスタートアップがビジネスパートナーとして信用できるかどうかを判断するのは難しいでしょう。しかし地銀は企業の与信能力を評価して融資するのが主な業務のため、高いチェック能力が備わっています。そんな地銀が信用できると太鼓判を押してくれたスタートアップであれば、安心して連携できるでしょう。

融資を受ける際にスムーズ

オープンイノベーションやDXをする際、資金調達が必要な場合も。そんな時に地銀と連携してスタートアップを探していれば、地銀は「どんな新規事業を進めるのか」「どんな企業とパートナーシップを結ぶのか」といった情報を地銀内で共有できます。すると、新たな融資を受ける際の審査の場面でもスムーズに話が進むため、資金調達もスムーズに進むというメリットもあります。

地銀がDX推進をサポートしている事例

各地の地銀では、DX推進をサポートしている事例が増えています。その具体例について紹介してきましょう。

福邦銀行

福井県福井市に本店のある福邦銀行は顧客企業のDXを積極的に推進。多くの中小企業では経営者が経営だけでなく現場や営業、資金調達など様々な役割をこなす必要があるため、福邦銀行ではDXを積極的に用いることで業務を効率化させ、より経営に集中できる環境を創出することを目指しています。

新規事業をスタートする際にはクラウドファンディングを活用した商談会など、融資だけでなく多様なDXの活用によって企業の成長をサポートしているのが特徴です。

ふくおかフィナンシャルグループ

福岡県を中心とした北九州地方をエリアとするふくおかフィナンシャルグループは、傘下にある長崎県の親和銀行と十八銀行によって長崎県内の中小企業のDXをサポート。ふくおかフィナンシャルグループでは、低コストで導入可能なクラウドサービスを導入コンサルティングという形式で提供し、中小企業のDXを後押ししています。

十六銀行

岐阜県岐阜市に本店のある十六銀行では、オープンイノベーションプラットフォームのcrewwと連携し、十六銀行の顧客とcrewwのスタートアップをマッチングする「オープンイノベーションプログラム」を実施しています。

このプログラムにより、岐阜県に拠点のある企業でも、crewwと連携している4,500社のスタートアップの中から自社とマッチングする企業を見つけることが可能です。

地銀との連携でオープンイノベーションやDXをスムーズに導入しよう

今回は、地方企業が地銀と連携してオープンイノベーションやDXを導入する意義やメリットについてご紹介しました。

地銀の持つネットワークや企業をチェックするノウハウを活用することで、自社でオープンイノベーションやDXを導入するよりもスムーズな導入が可能になるでしょう。また、オープンイノベーションプラットフォームを活用することも効果的ですので、ぜひお近くの地銀やオープンイノベーションプラットフォームに問い合わせてみましょう。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント