12.8 C
Japan
金曜日, 5月 27, 2022

JR東日本、社内新事業創造プログラム「ON1000」から生まれた事業アイデア3件のサービスを開始!

JR東日本は、JR東日本グループの全社員を対象に、前例にとらわれない新たな発想によりイノベーションを連続的に生み出すことを目的として、2018年から新事業創造プログラム「ON1000」を実施している。この度、優れたアイデアとして選出された「ベビカル」、「Pawstep」、「BUSKIP」の3つの事業を2021年4月から開始する。

サービス開始となる3件の新規事業

(1)ベビカル~もっと気軽に子供と外出できる社会を!~

子育て世代が子供と気軽に外出できる社会の実現を目的とした、外出先でも便利に利用できる予約可能なベビーカーのレンタルサービスである。観光や旅行の際はもちろん、お買い物やランチなど短時間でも気軽に利用することができる。

サービス開始日
2021年4月22日

展開箇所
東京駅・新宿駅・川崎駅・横浜駅・舞浜駅・立川駅・浦和駅など
首都圏主要駅を中心として18ヵ所にてスタート予定

WEBサイト
https://babycal-jre.com/
※4月21日会員登録・予約受付開始

利用料金(税込)
1時間250円、以降30分ごとに100円(最大料金設定有) 
※クレジットカードによるWEB決済

その他
・より柔軟でスピーディーな事業展開を目的に、JR東日本と㈱ジェイアール東日本企画との共同出資によるJREベビーカーシェアリング有限責任事業組合(LLP)を設立し事業運営を行う。
・予約可能なベビーカーのレンタルサービスは鉄道事業者として初のサービス開始となる。

【利用方法】

※原則無人での受付による貸出しとなるが、一部有人の受付による貸出箇所がある。

(2) Pawstep(パウステップ)~ペットの健やかな暮らしをサポート~

愛犬・愛猫の「健康維持・向上」を目的としたペット総合情報サービスWEBサイトである。大切な家族の一員であるペットとの健やかなくらしをサポートし、ペットとともに安心して暮らせる環境を目指して、以下3点のサービスを開始する。

①ペット保険比較サイトの運営
ペットのもしもの時に、満足な治療を受けられるよう、愛犬・愛猫の年齢、体重などを入力することで最適な保険を提案するWEBサイトを開設する。大切な家族にぴったりの保険を選ぶことが可能となる。

※保険見積には、株式会社エヌ・ティ・ティ・イフが提供する「IF-InsurTech🄬-ペット保険瞬間見積APIサービス」を利用している。
「IF-InsurTech🄬-ペット保険瞬間見積APIサービス」は株式会社エヌ・ティ・ティ・イフの登録商標である。


②ペットの健康維持・向上に役立つ情報の発信
ペットとお出かけできるカフェやホテルなどの施設紹介や、動物病院にご協力いただきペットに関する健康情報などが発信される。また、獣医療や輸血の現状を通知することで、長寿化しているペットが安心して治療を受けられる環境づくりを目指す。

③ペットフード販売
JRE MALLに「ペット用品」カテゴリを新設し、ペットフードの販売を行う。毎日のご飯からご褒美おやつまで、原料や素材にこだわった商品を販売予定である。JRE POINT会員の場合、購入時にJRE POINT※が貯まる。
※事前にJRE MALLの会員情報とJRE POINT情報の連携が必要

サービス開始日
2021年4月28日

WEBサイト
https://pawstep.jp/
※4月28日WEBサイトオープ

【利用方法】
 Pawstepのサービスにアクセスし、3サービスがワンストップで利用できる。

サイトイメージ

(3)BUSKIP(バスキップ)~自由でリーズナブルな新しい旅のカタチ~

既存バスツアーの行程の中から、行きたい観光スポットを部分的に巡るプランを選んで利用することで、個人旅行や車の運転が難しい方でも満足度の高い快適な旅をすることを目的としたバスツアーの検索・予約サービスである。

【サービスイメージ】

観光スポットを訪れるには車を必要とするケースも多くあり、特に個人旅行をする際のハードルとなっている。BUSKIPでは、さまざまな旅行会社が提供する既存のバスツアー商品を部分的に利用することで、観光スポットと観光スポットをダイレクトに巡ることや、アクセス手段がなかった観光スポットを訪れることも可能となる。

サービス開始日
2021年4月29日 
※サービス詳細については別途案内予定である。

展開箇所
東北デスティネーションキャンペーン(2021年4月~9月)と合わせて実施するMaaS施策の一環として、東北エリアで展開するバスツアーからサービスを開始する。その後、順次日本全国に拡大予定である。

WEBサイト
https://buskip.com
※4月29日会員登録・予約受付開始

【利用方法】
・専用WEBサイトにアクセスし、会員登録することで、バス旅行商品を予約することができる。
・バスツアー商品の行程の一部を利用できるバス旅行商品、さまざまな旅行会社が企画・催行するバスツアー商品の2種類の商品を取り扱っている。

社内新事業創造プログラムON1000とは

■「ON1000」概要
JR東日本グループの社員一人ひとりが、未来への想いを自ら提案し、自ら事業化していくプログラムである。「既存事業の延長線上でない“非連続”な事業」をテーマに、事業のスコープを社会全体に広げ、個人や生活者としての価値観で発想したアイデアを期待しており、社員が熱意をもって考えたものであれば応募可能としている。
これまで2,500件を超えるアイデアのエントリーがあり、プログラムは2021年度も実施する予定である。
数多くの新事業(1000のアイデア、100の新事業)が次々と生み出されるようにという想いを込めて、「ON1000(オンセン)」と名付けられた。このプログラムを通して、「変革2027」の実現のための成長・イノベーション戦略を推進し、JR東日本グループの全社員を主役に働きがいを創出し、社員と当社グループの持続的な成長につなげている。
URL:http://www.jre-on1000.jp

プログラムの流れ

発案者のコメント


≪ベビカル≫

「なぜ、駅にはベビーカーのレンタルがないのだろう。」この妻の一言から始まったアイデアでした。目指したのは、子供たちと気軽に、外出できる社会の実現です。サービスの詳細を検討するにあたり、途中何度も道に迷いましたが、最終的に「子育て世代の移動」に焦点を絞って、サービス、スキームを考えました。まずは、JR東日本の駅や商業施設からスタートしますが、今後さまざまな施設への展開を進め、ベビーカーレンタルのインフラ化を目指します。



≪Pawstep(パウステップ)≫

この事業は「自身の愛犬の輸血治療時に、なかなか献血ドナーが見つからなかった。」という実体験から、安心して愛犬の健康維持・向上のサポートができればと思い、乗務員の時にアイデアを発案しました。この事業のビジョンである「愛犬・愛猫との心豊かなくらしを守ること」には万が一の時にも安心して治療出来る未来を創りたいという想いが込められています。このサービスを通じて、地域の皆さまの心豊かなくらしの実現を図ります。



≪BUSKIP(バスキップ)≫

仙台支社で3年ほど勤務していた際、東北地方のさまざまな場所へ足を運びました。その地域ごとの魅力を体感すると同時に、スムーズな観光ルートを描けないことをもどかしく感じていました。「素敵な場所が沢山あることを多くの人に知ってほしい、でも実際に足を運んでもらうには移動の選択肢がもっと必要だ。」その思いから、バスツアーを乗り継ぎ観光スポットへ移動するアイデアに至りました。このサービスを通して、旅好きのみなさま全員が自由にリーズナブルな旅行を楽しめることを目指します。

※新型コロナウイルスの感染状況により、各サービスの内容や開始日など変更になる場合があります。

参考

ベビカル
1 サービス展開箇所

2021年4月22日から、首都圏主要駅を中心とした18ヵ所(予定)にてサービスをスタートさせる。

※展開駅や貸出場所は変更になる場合がある。

2 今後のサービス拡大
・引き続き首都圏ターミナル駅やJR東日本グループ以外の施設を含む観光・イベント需要が高い場所などを中心に、サービス展開箇所の拡大を進める。
・将来的にはJRE POINTなど、既存サービスとも連携し、MaaSサービスとして充実させ、顧客にとってより使いやすいサービスを検討する。
・気軽に親子一緒に外出できる社会を創造し、子育て世代の課題を解決するとともに、ベビーカーレンタルのインフラ化を目指す。

https://studio.creww.me/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント