12.8 C
Japan
日曜日, 9月 25, 2022

大分発リモート観光提供ソリューション「ぷらっとワープ」がローンチ!実証実験を開始

ICTサービス企業の「オーイーシー」は、国立大学法人大分大学、株式会社きっとすきの協力により、大分県が展開する県民、県内企業が主体となった課題解決の取組を推進する「OITA TECH WAVE」の事業、「ウィズ/アフターコロナ時代のテクノロジーによる課題解決促進事業委託業務企画提案競技」の採択を経て開発したリモート観光提供ソリューション「ぷらっとワープ」を正式発表した。またこれに伴い、2月23日(火・祝)と27日(土)に実施される杵築・日出「おうちで楽しむひいなオンラインツアー」にてソリューションの提供とオンラインツアーの実証実験を行う。

リモート観光提供ソリューション「ぷらっとワープ」とは

必要なのはスマホだけ。家の中で旅行に行こう!

リモート観光提供ソリューション「ぷらっとワープ」のコンセプトは「必要なのはスマホだけ。家の中で旅行に行こう!」です。

ソリューションの仕組みは、次の通りです。
1.旅行プラン提供者がプランの登録を行います。
2.利用者はスマートフォンを使用して観光協会やツーリズム等の旅行プラン提供者が提供する旅行プランを選択し、予約します。
3.旅行当日には現地からガイドが遠隔で中継を行い、利用者は自宅からリアルタイムでガイドを楽しむことができます。
中継では現地ガイドから観光名所・施設などの紹介を受けつつ、ガイドとの会話も楽しみながら、旅行を体験することができます。

生中継サービスが魅力

このソリューションは観光動画の提供サービスとは異なり、生中継のため双方向でやり取りが可能なサービスとなります。そのため、参加している利用者からの質問にもすぐに答えることが可能です。

経験豊富な現地ガイドが利用者の要望を受け、その場で最適な説明を行うことで、動画サービスとは違う雰囲気を味わえます。そのようなやり取りを行う中で観光地の魅力以外にも、地域の方の人柄などの魅力に触れることができる、充実した旅行体験を提供できるサービスです。

「ぷらっとワープ」のサービスサイトはこちら

産学官連携によるオープンイノベーション。コロナ禍における「観光」の課題へのソリューション

リモート観光提供ソリューション「ぷらっとワープ」は、大分県「ウィズ/アフターコロナ時代のテクノロジーによる課題解決促進事業委託業務企画提案競技」で、提案段階より「観光」に着目し、国立大学法人大分大学、株式会社きっとすきとの産学官連携によるアイデアの共創により応募、採択を経て開発に至りました。
コロナ禍における「観光」の課題に、次の3視点での解決を促すソリューションです。

1.Next Life「新しい生活」
感染リスクで旅行ができない、旅行に来てもらえないストレス対策として、
「気軽にどこでも新感覚オンライン旅行体験を」

2.Next Business「新しい事業活動」
観光自粛による観光事業(宿泊施設、観光施設など)の減収対策として、
「新事業によるコロナ禍後に向けた見込み観光客の確保を」

3.Next Community「地域の繋がり」
コロナ禍の影響によるストレスと沈んだ気持ちが与える地域住民の交流停滞対策として、
「町おこしの一環として地域住民の交流促進を」

「おうちで楽しむ ひいなオンラインツアー」での提供ソリューションの説明と実証実験を公開

オーイーシーは、坂道と海の城下町「杵築・日出ひいなめぐり」開催中の2月23日(火・祝)、27日(土)に実施される杵築・日出「おうちで楽しむ ひいなオンラインツアー」にリモート観光提供ソリューション「ぷらっとワープ」を提供します。
メイン会場では、ソリューションの説明と、オンラインツアーの実証実験の現場を公開いたします。なお、実証実験では日出のオンラインツアー中にアバター(※1)を使った生中継も行う予定で、オンラインツアーへの遠隔操作ロボットの活用可能性についても検証します。

<ひいなオンラインツアー概要>

日 時: 1回目  2021年2月23日(火・祝)/ 2回目 2021年2月27日(土)  
スケジュール: 13:30〜事前説明(メイン会場にて実施)・14:00 ~15:00 オンラインツアー(メイン会場と各中継会場)
メイン会場: 日出町二の丸館(大分県速見郡日出町2612-1)
中継会場 : 杵築市(大原邸、酢屋の坂、綾部味噌醸造元、お菓子処 松山堂、中野酒造、お茶のとまや)・日出町(二の丸館、MIND’S(マインズ)、日出町 的山荘)
ツアー募集人員: 各日20名(オンライン参加者)
参加費: 5,000円(杵築、日出の特産品を事前にお届け)
申込先: https://platwarp.jp/

※1 大分県の遠隔操作ロボット「アバター」への取り組み
大分県では、VR・ARやロボティクス、センサー、AI等の先端技術を複合的に用いて、離れた場所のロボットを遠隔操作し、あたかもそこに存在しているかのようにコミュニケーションや作業等を行う遠隔操作ロボット「アバター」について、民間企業等との連携により、様々な分野での実証実験や将来的な社会実装、産業創出に向けた取組を、全国に先駆けて進めています。
https://www.pref.oita.jp/site/oita-iot-lab/avatar-partner-r2.html

■株式会社オーイーシー

株式会社オーイーシーは、昭和41年4月の創業以来、「技術と信用と真心」をモットーに、ICTサービス企業として、お客様のニーズにお応えしています。従来の基幹事業に加えて、クラウドサービスやデータセンターサービスなどの推進、またデジタルトランスフォーメーションへの取り組みや、AI・IoT・ドローン、データ分析等の研究開発に着手し、変化に強く、お客様から更なる信頼を得られる存在となるべく、新たなステージに進んでいます。
オーイーシー ホームページ:https://www.oec.co.jp/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント