12.8 C
Japan
水曜日, 1月 19, 2022

地方でイノベーションが進まないのは何故?原因や対策を紹介

イノベーションの創出が大きなビジネステーマに掲げられている昨今、特に都市部ではオープンイノベーションなど様々な取り組みが実施されています。しかし地方では都市部に比べ、イノベーションが進んでいないのが実情です。
高度に情報化された環境が地方でも整い、都市部と同じような就労環境を作ることはできるようになりましたが、なぜ地方ではイノベーションが進まないのでしょうか。
今回は、地方でイノベーションが進まない原因を分析し、地方でイノベーションを促進するためのポイントについて解説していきましょう。

地方でイノベーションが進まない原因は?

まずは、地方でイノベーションが進まない原因について確認しておきましょう。

人材が不足している

地方でイノベーションが起こらない要因のひとつに、イノベーションを起こせるような人材(イノベーター)が地方に不足していることが挙げられるでしょう。

地方にはイノベーターだけでなく、若者や起業家といった将来的にイノベーション人材になり得る要素を持った人材も不足しています。これは、地方に行くほど雇用の受け皿の多様性がなくなるからです。人口10万人を切るような地方都市の主要産業は農業・工業・接客を中心としたサービス業か医療・福祉などが雇用の中心となっています。

近年は大学進学率が高くなっており、高等教育を受けた人材はこれらの産業に興味を持つことが少ないため、就職を機に地元に戻ろうという選択肢が失われているのが現状です。これにより「(若者にとって)魅力的な就職先がない→地元に戻ってこない→産業が衰退する→地域全体が衰退する」という悪循環が各地で発生しています。

最新の技術や情報が都市部に偏在する

イノベーション人材だけでなく若者や起業家が都市部に集中するのは、最新の技術や情報が都市部に偏在しているからです。イノベーションの鍵となる先端技術や新たなビジネスモデルに触れる機会が多い方がイノベーションを起こせる可能性は高まるでしょう。

また都市部にはイノベーターや起業家のコミュニティがあるため、起業やイノベーションに関する知見やノウハウが豊富に蓄積されています。また、場合によっては業務提携や出資などの可能性もあるため、成功率を高めることが可能です。このような環境がイノベーターを目指す若者を中心とした地方人材の人口流出を加速させ、地方へのUターンを抑制しているといえるでしょう。

自治体の政策も都市と地方で差がある

イノベーション促進は、民間企業だけでなく自治体の取り組みも都市と地方で差があります。そこで、自治体の取り組み内容や都市部と地方の違いについて紹介していきましょう。

都市部の自治体の方がイノベーション政策に積極的

自治体が行うイノベーション促進の取り組みとしては大きく「コンソーシアムの形成」と「ピッチ(ビジネスコンテスト)の開催」が挙げられます。

コンソーシアムは本来「事業共同体」という意味ですが、自治体の所在する地域内の企業同士や研究機関をマッチングするためのコミュニティという意味で用いられるのが一般的です。またピッチはスタートアップが自社の技術やビジネスモデルをプレゼンし、事業の提携先や投資家を募るイベントで、どちらも都市部にある自治体の方が積極的に取り組んでいます。

例えば、茨城県つくば市は「つくば Pitch Campus」を開催し、つくば市のスタートアップ企業や起業家を募集し、経営者などで構成されるメンターピッチに対してフィードバック。ビジネスのブラッシュアップを行い、最終日には投資家、起業家やビジネスパートナーなどを招待したイベントを開催することでビジネスマッチングに繋げています。

地方でイノベーション推進を支援している自治体

イノベーションの創出に熱心な自治体は都市部に多いですが、地方でも先進的な自治体ではイノベーション創出のサポートを提供しています。

ひとつの事例が埼玉県横瀬町の「官民連携プラットフォーム『よこらぼ』」です。よこらぼは「まちづくりの実践や実証試験などができるチャレンジのフィールド」というコンセプトでテクノロジーの社会実装に向けた実証実験を行うフィールドとして町を提供しています。

これにより、都市部の人材が実証実験のために町に訪れたり、滞在したりするようになりました。地域の課題をテクノロジーで解消しつつ、スタートアップは実証実験のデータを取得できるということで、町にとってもスタートアップにとっても魅力のある制度です。

地方でイノベーションを進めるポイント

地方でイノベーションを進めるには、どのようなポイントに注意すれば良いでしょうか。ここでは地方でイノベーションを推進するために意識してくと良い3つのポイントについて解説していきましょう。

イノベーター人材を登用する

イノベーションを起こすのは人です。プロジェクトやビジネスに登用する人材は、イノベーターとなる素質のある人材を選びましょう。具体的には、「既存の常識に囚われない柔軟な発想力がある」「プロジェクトを進める推進力がある」といった能力を持つ人材です。

中間支援組織を活用する

イノベーションを起こすためには、様々な知見を持つ企業と連携をした方がスムーズに進む場合があります。そこで、イノベーションに関心のある企業と繋がりを持っていなければ「中間支援組織」を活用しましょう。中間支援組織とは、主に行政と企業の間に入って地域課題や社会課題解決のサポートをする団体です。

中間支援組織であれば地域でイノベーションを起こすことに関心のある企業とのコミュニティを形成している場合があります。前述したコンソーシアムを運営している団体も中間支援組織のひとつなので、コンソーシアムで相談してみるのもひとつの方法です。

地域の研究機関と連携する

企業だけでなく研究機関と連携することも重要です。全国には各地に国公立大学があるため、これらの高等教育機関と連携して新商品やサービスを開発することでイノベーションに繋がる可能性が高まります。

特に地方の国立大学は産学連携の貢献度によって国立大学法人運営交付金の金額が変動する場合があるため、産学連携に積極的になっている場合があるでしょう。また、自治体の産業振興系の補助金も産学連携の場合には採択されやすいため、資金的なメリットを考えても一度大学などの研究機関にコンタクトをとってみることをおすすめします。

人材や専門機関を活用してイノベーションを起こそう

地方は都市部に比べ、人材や情報・技術が少ないことからイノベーションが進んでいないのが実情です。しかし、原因を把握して適切な人材を登用し、地域の企業や研究機関と連携を進めていけばイノベーションを起こすことは不可能ではありません。

近年は地方でのイノベーション促進について行政やメディアも注目しているため、成功すれば都市部でイノベーションを起こすよりも高い注目を集めることもできるでしょう。

地方でビジネスを行うデメリットだけでなく、地方の可能性に目を向けてイノベーションを巻き起こしていきましょう。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる

【インタビュー】本業を辞めずに挑戦!報酬を得ながら複業としてゼロイチフェーズに参画するニューノーマルな働き方

【インタビューレポート】スタートアップでは、都度生じる課題をスピーディーに解決し、企業成長を促すためにも、必要なフェーズにタイムリーに対応できる幹部人材を必要としている。一方の現実は、「採用にかかる費用は抑えたい」「フルタイムで依頼をするには業務内容が少ない」など幹部クラスの人材確保にジレンマを抱える場合も多い。また、たとえスタートアップに関心があったとしても、一定数のリスクが伴う以上、転職には踏み切れずに大手企業に留まる優秀な人材が多いことは、非常に勿体ないことであると言える。果たして双方にとって突破口となる様なソリューションはないのだろうかー。 大手企業からスタートアップ企業への転職経験を持つ方々に、転職する際の葛藤や、スタートアップ企業に勤める今の実際について、率直なお気持ちを伺いました。 #スタートアップ #大手企業 #転職 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント