12.8 C
Japan
月曜日, 12月 5, 2022

J-Startupプログラム地域版の「J-Startup CENTRAL」&内閣府アクセラレーションプログラムの参加推薦企業を公募!

​浜松市が参画する「Central Japan Startup Ecosystem Consortium」では、中部経済産業局との連携の下、経済産業省が実施するJ-Startupプログラムの地域版である「J-Startup CENTRAL」を開始し、当地域からグローバルな活躍を目指すスタートアップ企業を支援する。この度「J-Startup CENTRAL」の支援対象企業の選定と、内閣府の実施するアクセラレーションプログラムへの参加推薦企業の選定を合わせて実施することになり、11月24日(火)から選定に向けた公募を開始している。

「J-Startup CENTRAL」について

浜松市及び愛知・名古屋地域では、「Central Japan Startup Ecosystem Consortium」を組織し、スタートアップ・エコシステムの構築に取り組んでおり、今年7月に内閣府から「スタートアップ・エコシステム グローバル拠点都市」(詳細は、別紙資料のとおり)に選定されている。
その活動の一つとして、当地域の前途有望なスタートアップを強力に支援するプロジェクト「J-Startup CENTRAL」を始動し、その対象企業を選定するために、公募を開始した。

別紙資料
https://prtimes.jp/a/?f=d49248-20201124-7843.pdf

内閣府アクセラレーションプログラムについて

内閣府が、スタートアップ・エコシステム拠点都市支援のランドマーク・プログラムとして実施する、グローバル拠点都市を対象としたスタートアップの成長促進を図るためのプログラムである。
今回、「J-Startup CENTRAL」に選定された企業等のうち、海外展開を希望するスタートアップ企業10社程度は、内閣府アクセラレーションプログラムへの参加推薦企業として選定される。

《アクセラレーションプログラム実施概要》
・実施期間:2021年1~3月。オンライン中心で実施。4月に事業発表会(Demo Day)
・参 加 者 :グローバル拠点都市の推薦する企業40社程度(各拠点都市10社程度)
・事業分野:デジタルトランスフォーメーション、ライフサイエンス・ヘルスケア、モビリティ/ロボット/IoTなど。
・支援内容:
◆セミナー(マインドセット、コミュニケーションスキル、戦略立案、人材獲得、組織づくり、資金調達・ファイナンス、マーケティング、知的財産管理、広報、連携先づくり、成長管理、リスクマネジメント等がテーマ)
◆別メンタリング(個別の経営課題にその分野の専門家をマッチング)
◆参加者コミュニティ形成(プログラム参加者相互のネットワーク形成)
◆支援者との繋ぎ(人材や資金等を獲得するための国内・世界の支援者(VC・大企業等)との繋ぎ)
◆PR・情報発信(PRコンテンツの作成、世界のトップメディアを使った情報発信)
・運営機関:海外の有力アクセラレーター(具体名は、決定次第公開予定)

公募概要について

⑴募集期間

 令和2年11月24日(火)~12月11日(金)

⑵対象・選定方法

◆J-Startup CENTRAL
対  象:愛知県内及び浜松地域に本社のあるスタートアップ企業
             起業後概ね10年以内の企業
選定方法:書類審査(WEBから応募)

◆内閣府アクセラレーションプログラム参加推薦企業の選定
対  象:J-Startup CENTARALの選定を受けた企業
選定方法:プレゼンテーションによる対面審査(令和2年12月21日実施予定)

⑶選定者数 
       
◆J-Startup CENTRAL 25~30社程度
◆内閣府アクセラレーションプログラム参加推薦企業 10社程度

⑷審査基準

◆J-Startup CENTRAL
・ビジョン(社会課題解決につながるビジョンを持っていること)
・先進性・独創性(先端技術を持つ等の先進性や、独創的な発想等に基づくものか)
・優位性(競合に対する優位性が認められること)
・成長性(スピード感を持った成長が期待されること)
・国際性(グローバルな活躍が期待されること)

◆内閣府アクセラレーションプログラム参加推薦企業の選定
・海外展開を想定していること
・英語で行われるプログラム全般に参加できること

⑸支援内容

◆J-Startup CENTRAL
・内閣府アクセラレーションプログラムに優先的に参加
・J-Startup全国版との連携
・ウェブサイト等での優先的・積極的プロモーション
・行政・支援機関等によるビジネスマッチング支援
・「J-Startup CENTRAL」ロゴの使用
 ※支援内容は随時追加予定

◆内閣府アクセラレーションプログラム参加推薦企業の選定
・内閣府アクセラレーションプログラムへの参加

⑹応募方法

以下のURLにあるフォームより応募
https://nagoya-innovation.jp/news/2020/11/jsc.html

⑺今後のスケジュール

スケジュール
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Source浜松市

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント