12.8 C
Japan
土曜日, 10月 31, 2020

サッポロ不動産開発が開催する「EBISU BUSINESS CONTEST 2020」|「書籍の要約動画サービス「WISQ」がグランプリに決定!

サッポロ不動産開発株式会社は、株式会社ゼロワンブースターと共同で運営する「EBISU BUSINESS CONTEST 2020(恵比寿ビジネスコンテスト2020))」の最終審査会/ピッチコンテストを2020年9月24日にオンラインで開催し、株式会社VooKの「書籍の要約動画サービス「WISQ」」がグランプリに決定しましたことを発表した。

2020年4月に募集が開始しされ、約2か月で95件の応募が集まった。その中から、書類・面談選考を経て選抜された6チームが9月24日、最終審査会/ピッチコンテストに登壇した。

<4月23日配信 「EBISU BUSINESS CONTEST 2020」募集開始リリース>
https://www.sapporo-re.jp/pdf/sapporore/store/storage/cname_20200423093210.pdf

グランプリに選ばれた株式会社VooKの「書籍の要約動画サービス「WISQ」」の事業アイデアとは

グランプリに選ばれた株式会社VooKの「書籍の要約動画サービス「WISQ」」の事業アイデアは、本を“見る”という新しい文化醸成につながる事業コンセプトや、顧客ニーズを適切に捉えたソリューションであることが高い評価を得た他、将来の事業成長への期待感も大きいことなどにより決定しています。今後、グランプリ受賞企業を含め、本ビジネスコンテスト応募企業に対して、事業の成長性等を精査しながら協業の可能性を検討していきます。

当社は、創業の地である恵比寿・札幌を中心として不動産の賃貸管理事業、不動産開発、ホテル運営事業等を展開してきましたが、昨今のデジタル化の進展と共に生活者の価値観が大きく変化する中、課題の迅速かつ柔軟な解決に向け、『EBISU BUSINESS CONTEST 2020』を開催しています。経営理念「まちや社会とともに、『豊かな時間』と『豊かな空間』を創り、育む」ことを実現するため、既存の不動産賃貸事業だけでなく、アセットを起点としない事業領域の拡大に挑戦し、多様な事業者との共創による新規事業開発を展開し、事業領域の拡大を目指していきます。

《グランプリ受賞チーム》

《登壇チーム》

《審査員(敬称略)》
● サッポロ不動産開発株式会社 代表取締役社長 時松 浩
● アーキタイプ株式会社 リードビジネスアーキテクト 貝沼 篤
● 株式会社ゼロワンブースター 代表取締役 鈴木 規文

《パートナー》
株式会社ゼロワンブースター
所在:東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル10階
代表取締役:鈴木 規文
事業内容:起業家向けシェアオフィス、コーポレートアクセラレーター・イントラプレナーアクセラレータープログラム企画運営、企業内起業人材研修、投資および資金調達支援、事業創造コンサルティング、M&A仲介サポート等
URL :https://01booster.co.jp

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(前編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 前編では、プロジェクトの発足背景、仲間集めのポイント、プロジェクトを推進する上で行った事を伺いました。

コロナ禍の新たな顧客体験構築に挑む、店舗業務効率化SAASスタートアップ

成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、Leretto(リリット)の代表取締役社長である辰巳 衛氏にお話を伺いました。

シードラウンド調達完了|廃棄物業界の省力化・効率化に取り組むファンファーレを紐解く

成長の加速を落とさないスタートアップ企業にフォーカスし、「失敗事例や克服のストーリー、成功体験」など、生の声をこれから成長していくスタートアップに参考にしてもらえるお話をお届けする「スタートアップの流儀」。 第二回目のゲストは、テクノロジーを活用して廃棄物業界の省力化や効率化を目指す、ゴミテック領域のスタートアップ、ファンファーレ株式会社の代表取締役 近藤志人さんにお話を伺いました。

丸紅に根付くスタートアップとの協業文化。1年の開発を経てIoT製品を商品化へ

「お金で買えない価値を売りたい!〜コンセントの先の未来へ〜」というコンセプトで、2018年にアクセラレータープログラムを開始した丸紅電力本部。IoT製品である、コネクテッド・バッテリー「みまもり電池MaBeee」を開発しているスタートアップのノバルスと、1年間の開発・協議を経て、2020年8月より丸紅ソーラートレーディングより販売を開始した。具体的にどのようにプロジェクトを進めてきたのか、丸紅ソーラートレーディングの青木健治氏と、ノバルス代表の岡部顕宏氏に話を聞きました。