12.8 C
Japan
火曜日, 7月 7, 2020

JR東日本スタートアップ|狭小空間特化型ドローン活用で駅天井裏点検の実証実験を実施

JR東日本スタートアップ株式会社と株式会社 Liberawareは、JR東日本スタートアッププログラム2019の一環として、世界最小クラス「IBIS(アイビス)」を活用した新たな点検手法についての実証実験を行った。

狭小空間特化型ドローンIBISによりJR新宿駅の駅舎天井裏を撮影した後、その動画から配管やケーブルなどの計測や3D化にも成功し、天井裏の状況 確認業務について、ドローン活用の有用性や業務効率化の可能性を確認することができた。今後はより精度を高めるための検証を行なっていき、人が直接入れない場所(高い・狭い・危ないなど)の点検において、作業負担軽減や生産性向上につながる新たな点検手法の確立を目指す。

【実証実験詳細】
〈背景・狙い〉
駅舎などにおける改良工事やメンテンナンスにおいては、電車の終電から始発までの限られた時間にしか行うことができず、作業をいかに短時間に効率良く行うかが重要ポイントとして挙げられます。しかしながら天井裏の点検は、これまで天井面を一つずつ外しながらの作業であるため、非常に時間を要する業務の一つであり、改善を図ることが急務となっています。

〈実証実験項目〉
実際の駅舎(新宿駅)の天井裏を飛行させ、どのスペースまで飛行できるか、撮影した映像は点検に資するレベルのものであるか等をジャッジすることとしました。合わせて、IBISが撮影した動画をもとに点群データを生成し、これにより距離計測や図面化の作業が効率化できるかの確認を行いました。

【JR 東日本スタートアッププログラム】とは

ベンチャー企業や様々なアイディアを有する方々から、駅や鉄道、グループ事業の経営資源や情報資産を活用したビジネス・サービスの提案を募り、ブラッシュアップを経て実現していくプログラムです。2017年度に初めて開催し、これまでに計63件の提案を採択。内閣府主催の2018年度 第1回日本オープンイノベーション大賞で経済産業大臣賞を受賞しました。鉄道事業やIT事業など幅広い分野の実証実験を行い、一部の取組みは実用化しています。

設備点検用小型ドローン「IBIS(アイビス)」とは

◇サイズ :190×180×50mm (プロペラガード込み)
◇重 量 :170g(バッテリ込み)
◇飛行時間:最大12分間
◇装備類 :LED照明、防塵モーター、独自設計のプロペラ 他
◇狭小空間でも安定して飛行することのできる性能を特徴としている。
現在、製鉄会社や電力会社、石油化学コンビナート等の大型プラント設備を保有する企業を中心とし、煙突内、配管内、ボイラー内などの点検用途にて活用されている。

【株式会社Liberaware】について

Liberawareという社名は、ラテン語で「自由な」を意味する“libera”と、「気がつく」を意味する“aware”、またhardwareやsoftwareの“ware”を組み合わせたものです。「正しく作る、自由に動かす、社会を変える」をモットーに、自由な発想でモノづくりに取り組むエンジニア集団です。

会社名:株式会社Liberaware(リベラウェア)
設 立:2016年8月22日
代 表:閔 弘圭(ミン・ホンキュ)
所在地:千葉県千葉市中央区中央3-3-1 フジモト第一生命ビル6階
社員数:23名
業務内容:
◇産業用ロボット・ドローンの研究・開発・製造
◇IoT技術・人工知能を活用したシステム開発
◇映像加工・編集サービス(距離計測、異常検知等)

社名JR東日本スタートアップ株式会社
設立2018年2月
資本金4億9500万円
代表者柴田 裕
事業概要JR東日本グループとスタートアップ企業との共創を推進する、コーポレートベンチャーキャピタル
URLhttp://jrestartup.co.jp/
オープンイノベーションプログラム
アクセラレーターについての詳細はこちら
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。