12.8 C
Japan
火曜日, 7月 7, 2020

withコロナ時代の起業を支援する「NEXT」を「NEWS」が提供開始

クリエイティブを投資してスタートアップ を支援する「NEWS」は、国内主要シード型ベンチャーキャピタルである「East Ventures」、「株式会社KVP」、「NOW」、またテクノロジーに精通したテクニカルディレクター集団「ベースドラム株式会社」と提携し、withコロナ時代の新しい常識に対応した起業を支援するプログラム「NEXT(ネクスト)」の提供を開始した。また、経営者や新規事業担当者向けのプログラム「NEXT for Biz」も合わせて提供する。(NEXT for bizは NEWS単独の提供)

概要

NEXTは、起業のハードルを下げ、起業のスピードを上げる創業プログラム

「NEXT」は、新型コロナによる世界的危機を、新たなサービスが生まれる機会と捉える起業予定者に対して、新規事業の構想、事業化、投資までをワンストップで提供し、スピーディーな創業を可能とする創業支援プログラムである。また、構想・事業化フェーズではNEWSのクリエティブ/マーケティング視点、BASSDRUMのテクノロジー視点、VC3社の事業視点という3つの異なる視点を同時に提供することで、質とスピードの両立を図る。

背景

新常識が、新サービスを、未来の起業家を、生む。

新型コロナウィルスにより人々の暮らしやルールが大きく変わりつつある。この危機的状況の中でも、この危機を新たなサービスを生む機会と捉える未来の起業家が必ず存在している。そんな彼ら彼女たちに対して、なるべくスムーズになるべくスピーディーに創業できる環境をつくり、世界的な危機を機会へと変えていく一助を担いたいというのが5社に共通する考えなのである。

特色


POINT1.構想から投資までがワンストップかつスピーディーに。
このプログラムは、構想、事業化をサポートできるNEWS(クリエイティブ視点)、BASSDRUM(テクノロジー視点)、事業化、投資をサポートできるEast Ventures、KVP、NOWという5社がタッグを組むことで、構想から投資までをワンストップかつスピーディに提供することが可能となっている。

POINT2.クリエイティブ視点・テクノロジー視点・事業視点の3つの視点で、構想を最大化。
NEWS(外部ゲストメンバー含む)、BASSDRUMからは、総勢15名のプロフェッショナルパーソンが参画。ブランディング、PR、ストラテジー、カルチャー、テクノロジーといったそれぞれの得意分野に合わせて、メンバーをアサインすることができる。

POINT3. 初期負担を最小化。初期速度を最大化。
VCサイドは投資により、NEWS、BASSDRUMはサクセスシェアというリターンモデルのため、初期の負担を最小化することができる。

NEXT / プログラム詳細

【対象】
・起業予定者(法人登記前) ※経営者/新規事業担当者向けは NEXT for biz

【プログラムの流れ】
半年以内に1社以上の共同創業を目標に、起業予定者に創業する上で必要な機能をワンストップで提供。
時代に対応したスピーディな創業が可能となるプログラムである。

STEP1:応募・審査
事業のタネとなるアイデアを応募フォーム(https://forms.gle/4upE9wqFZzfVFoKW9)に記入し、申し込み。
5社共同で審査を行い、通過者のみに個別連絡を行う。

STEP2:構想
各社の最適なメンバーとリモート会議を実施。3時間程度の会議(場合によっては複数回)により、スプリント発想で構想を固める。
また事業概要・ネーミング・タグラインをその場でシンプルな1シート化。

STEP3: 事業化
STEP2の1シートをもとにあらためて5社共同で審査を行い、通過した構想を具体化。
NEWSのクリエティブ視点、BASSDRUMのテクノロジー視点、KVP、NOW、East Venturesの事業視点と、それぞれの視点を交えながらローンチ戦略、ビジョン、ミッション策定、ステートメント制作、パートナーやボードメンバーの紹介など、プロフェッショナルサービスを提供し、構想の具体化・事業化を強力に推進する。

STEP4 : 投資/創業
事業化により具体化したプランを元に、KVP、NOW、East Venturesによって投資検討を行う。
投資判断に至れば、共同創業へ。

費用

VCサイドは投資により、NEWSはサクセスシェアというリターンモデルのため、初期負担は必要ない。

申し込み方法

次のフォームから応募をする。プログラムに参画している5社共同で審査を行い、通過者のみに個別連絡がなされる。
https://forms.gle/4upE9wqFZzfVFoKW9

NEXT for biz / プログラム詳細
※NEWSのみで完結

【対象】
・経営者/新規事業担当者向け

【プログラムの流れ】
構想と事業化に特化した企業内の新規事業向けの有償プログラム「NEXT for Biz」

STEP1:応募
構想のタネである事業アイデアを応募フォームに記入し、申し込み。条件を個別に交渉して次のステップへ。
STEP2:構想
日の最適なメンバーとリモート会議を実施。3時間程度の会議(場合によっては複数回)により、スプリント発想で構想を固める。
また事業概要・ネーミング・タグラインをその場でシンプルな1シート化。

STEP3:事業化
ローンチ戦略、ビジョン、ミッション策定、ステートメント制作、パートナーやボードメンバーの紹介など、プロフェッショナルサービスを提供し、構想の具体化・事業化を強力に推進する。

費用

150万円〜

申し込み方法

次のフォームから応募をする。
https://forms.gle/4upE9wqFZzfVFoKW9

NEWSについて

NEWSは日本初となるサクセスシェア型のクリエイティブエージェンシー。「クリエイティブを、投資する。」という言葉を掲げ、スタートアップ起業に対してプロフェッショナルサービスを無償で提供し、その対価を将来の成長から得るサクセスシェア型を採用している。このモデルにより、成長過程のスタートアップに対して、PRやクリエイティブアイデアを持続可能な形で提供している。
NEWS合同会社https://newsllc.tokyo/

East Venturesについて

日本・東南アジア・アメリカを中心にシード投資を行っています。オフィス拠点は海外を含め5つ。MercariやBizreach、Gunosy、メドレー、BASE、モイなど日本のIT業界を牽引する企業への投資実績を誇ります。現在はYJ Capitalと共同でアクセラレーター・プログラム「Code Republic」も運営しており、さらなる日本のスタートアップ・エコシステム活性化を目指している。
East Ventures https://east.vc/

KVPについて

「Bring the Entrepreneur’s Vision to the Next Stage.」をミッションとして、シード期のスタートアップを対象としたVCファンド。起業家のビジョン実現に向けた最初のステップから応援し、多くのスタートアップが挑戦を続けられるよう支える存在を目指す。これまで累計70社以上のスタートアップへの投資を行い、ジャンル問わず、様々な領域に投資している。
株式会社KVP http://www.kvp.co.jp/

NOWについて

NOWはGMOペパボの創業者で現在はクラウドファンディング大手CAMPFIREの代表を務める連続起業家の家入一真と、新生企業投資、みずほ証券で多数の投資およびIPOをサポートした実績を有する梶谷亮介によって2018年に設立されたVC。ファンド設立から2年でシード期のスタートアップを中心に80件以上の投資を実行。起業家としての知見とファイナンス(VC、投資銀行)サイドの知見を融合し、積極的に投資活動を行なっている。
NOW https://now.vc/

BASSDRUMについて

BASSDRUMは、テクニカルディレクターに特化した世界初の「テクニカルディレクター・コレクティブ」である。
クリエイティブとテクノロジーを横断的に理解しながら、両者のコミュニケーションを媒介し、プロジェクトのあらゆる局面において、技術を武器にチームの実現力を最大化する。
BASSDRUM / ベースドラム株式会社 https://bassdrum.org

NEWSからの参画メンバー


【クリエイティブ・アイデア】

梅田 哲矢 Creative Director
#広告 #コピーライティング #話題化 #PR
1987年 大阪生まれ。広告的発想を武器としたクリエイションと、実現するためのリレーションを併せ持つ新しいタイプのクリエイティブディレクター。日本人としては初となるカンヌヤングライオンズ金賞を皮切りに、クリエイターオブザイヤー、Cannes Lions、oneshow、Clio、LIAなど世界的な広告賞を多数受賞。その後、より経営者に近い立場で支援を行うべくスタートアップ支援を行うNEWSを創業。

高木 新平 Vision Architect / NEWPEACE 代表
#ビジョン #社会コンテクスト #ロビーイング 
ビジョンアーキテクト。VISIONING COMPANY「NEWPEACE」代表。20世紀の画一性から人々を解放するため、様々な新産業のビジョンを創って仕掛けている。シェアハウス、自動運転、シェアリングエコノミー、SDGs、社会保障改革、卓球日本代表など。6curry、ONFAdd、REING、ADDressなどの事業づくりも行う。ベンチャーキャピタルNOWクリエイティブアドバイザー、Public Meets Innovation理事。

佐々木 芳幸 Global Creative Producer / monopo代表
#コンテンツ #グローバル #プロデュース
株式会社monopo代表取締役。在学中にプロミュージシャンとして活動後、2011年monopoを学生起業。東京を拠点にグローバルなコミュニティベースのクリエーティブエージェンシーとして、様々な国内外のブランドにサービスを展開している。2019年、ロンドンに子会社monopo London.Ltdを設立。自社プロジェクト『poweredby.tokyo』では、東京の知られざる魅力を世界に発信中。

佐藤 ねじ Creative Director (外部メンバー)
#コンテンツ #デザイン #PR
小さくてもいいから新しい発見「0→0.1」を多く見つけていくことを目標に「ブルーパドル」を設立。不思議な宿/アナログデジタルボドゲ/CODE COFFEE/変なWEBメディアなど、デジタルとアナログを混ぜた企画が得意。小1起業家、5歳児が値段を決める美術館、Kocriなど、こども関連の企画も多い。著書に『超ノート術』(日経BP社)。

才川 翔一朗 Creative Director (外部メンバー)
#広告 #PR  #ブランディング #コンセプト
1989年生まれ。立命館大学映像学部を卒業後、広告代理店を経て、クリエイティブブティック「navy」所属。国内外の広告賞を受賞。強いブランドの土台となる、意思や指針を明確に持ったコンセプト開発を得意とする。手段を問わないクリエイティブ発想で、広告やPRに限らず、クレド策定、ブランドブック、採用戦略を手掛けるなど、幅広いミッションに対応できるクリエイター。

【広報PR】

工藤 まおり PR Planner / Writer(外部メンバー)
#広報 #PR #ライティング
津田塾大学数学科卒。 新卒で大手人材派遣会社に入社。 人材派遣の法人営業に携わった後、メーカーの広報職に転職。 広報・PR領域に4年携わったのちにフリーランスとして独立。 現在は複数社のPR業務と恋愛・性・キャリアに関するコラムを執筆。2019年11月に株式会社PATHREE(パスリー)を設立し、副業・フリーランスのPR人材と企業のマッチングを行う「START PR」の運営を開始。

山田 泰裕 Story Designer / PR Planner / goodstory 代表(外部メンバー)
#広報 #PR #採用 #ストーリーテリング
「事業成長につながるPR戦略」をコンセプトに、スタートアップ企業を中心とした”新しい価値”を社会に提供し、社会課題の解決を目指す企業や団体に向けて、PRドリブンでの経営/事業戦略やマーケティング戦略、プロダクト開発、コミュニケーション施策のプランニングとプロデュースを手掛ける。

今井 未央 PR Director(外部メンバー)
#広報 #PR #飲食
幼少期をアメリカで過ごす。 大学卒業後、インハウスの広報・PRを経て、2018年からクリエイティブPRエージェンシーをジョイン。飲食・ライフスタイル領域を得意とし、個人でも様々な企業・ブランドのPRをサポートする。グルメ・ライフスタイル系雑誌で飲食情報の発信なども行う。

【マーケティング・ストラテジー】

最所 あさみ Retail Futurist, note for shopping producer
#リテール #流通 #セールス #EC #編集
大手百貨店入社後、ベンチャー企業を経て2017年独立。ニューリテールにまつわるコンサルティングや執筆、コミュニティマネジメント、イベントプロデュースを行う。同時にnote有料マガジンを通して独自の考察や海外事例の紹介、小売や店舗を軸にしたコミュニティ運営も行う。7/1よりnoteにてショップオーナーの発信を支援する「note for shopping」プロデューサーに就任。

【カルチャー・ライフスタイル】

カツセマサヒコ Editor
#編集 #コンテンツ #ライティング
1986年東京生まれ。編集プロダクションでのライター・編集経験を経て、2017年4月に独立。取材記事や小説、エッセイの執筆・編集を主な領域としつつ、PR企画やメディア出演など活躍の場は多岐に渡る。特に20代女性に向けたコンテンツに定評があり、自身のTwitterアカウントは13万フォロワーを超える。

中川 元太Contents Producer
#コンテンツ #イラスト #マンガ 
広告代理店から漫画編集者を経て、2016年にSNSで人気の漫画家・イラストレーターを中心とした、クリエイターエージェントの株式会社wwwaap(ワープ)を創業。「つくりたい人の未来を創る。」をミッションに、マーケティング事業とキャラクター事業を国内外で展開中。

龍崎 翔子 Hotel Producer
#ミレニアルズ #編集 #事業 #インバウンド
2015年に母とL&Gグローバルビジネスを立ち上げ。ソーシャルホテルをコンセプトに北海道の”petit hotel #MELON”をはじめとし、全国で計5店舗をプロデュース。京都にある”HOTEL SHE, KYOTO”はコンセプトを一新し今年3月末にリニューアルオープン。

西村 創一朗 HR Marketer
#複業 #働き方 #採用 #PR
HRマーケター/複業研究家。『複業の教科書』著者。30歳@三児の父。2015年6月、リクルートキャリア在籍中に「二兎を追って二兎を得られる世の中をつくる」というビジョンを掲げ、株式会社HARESを設立し、代表取締役社長を務める。NPO法人ファザーリングジャパン理事

BASSDRUMからの参画メンバー>

【テクニカルディレクション・技術発想】

清水 幹太 Technical Director
#テクノロジー #クリエイティブ #グローバル
東京都生まれ。東京大学法学部中退。バーテンダー、トロンボーン吹き、DTPオペレーター、デザイナーなどを経て、独学でプログラムを学んでプログラマーに。株式会社イメージソース/ノングリッド、株式会社PARTYにて、クリエイティブディレクター/テクニカルディレクターとしてウェブサービス、システム構築から体験展示まで様々なフィールドに渡るコンテンツ企画・制作に関わる。2013年9月、PARTY NYを設立。2018年、テクニカルディレクター・コレクティブ「BASSDRUM」を設立。

鍛治屋敷 圭昭 Technical Director
#テクノロジー #コンサル #マーケティング
広告代理店の大広にてストラテジックプランナー、制作ディレクター、プロデューサーなどに従事したのち、2014年2月にプログラマーとしてAID-DCC Inc.に入社。フロントエンド領域を中心に、テクノロジーが必要とされる業務全般に関わる。2018年、テクニカルディレクター・コレクティブ「BASSDRUM」を設立。カンヌライオンズ金賞、One Show Gold Pencil、Spikes Asia金賞、CODE Awardsグランプリなど、受賞多数。

村上 悠馬 Technical Director
#テクノロジー #コンサル
北海道生まれ。札幌のデザイン会社で勤務後上京し、株式会社イメージソースに勤務後、独立。2010年12月に株式会社〼々(ますます)を北海道で設立。Webを中心としたコンテンツ、サービス、システムの企画・設計・実制作まで、数々のプロジェクトにテクニカルディレクターとして参画する。2018年、テクニカルディレクター・コレクティブ「BASSDRUM」を設立。

  森岡 東洋志 Technical Director
#テクノロジー #R&D #教育
東京工芸大学博士課程満期退学。工学修士。メーカー勤務を経て、2014年からワントゥーテンデザインにてIoTデバイスの開発やスマートフォンアプリの開発に携わる。2015年、プロトタイピングに特化したワントゥーテンドライブを設立。CTOとしてメーカーとの新製品開発やテクノロジーを使ったエンターテイメントの開発を行う。2018年、合併に伴いワントゥーテンのチーフマネージャーに。2020年に独立し、BASSDRUMに参画。大阪芸術大学と京都芸術大学にて非常勤講師も務める。

市原 拓 Technical Director
#テクノロジー #プロダクト #グロース

大学院在学中の2008年、株式会社イメージソースにてデザインエンジニアとしてキャリアをスタートし、Web、アプリ、デジタルサイネージ等幅広いプロジェクトでフロントエンド開発を担当。その後、広告代理店で開発ディレクションやマーケティングコンサルを経験し、2017年から国内最大手サービス事業会社で新規コマースサービスの立ち上げやサービス企画に携わる。2020年2月より、BASSDRUMに参画。

社名NEWS合同会社
代表者梅田 哲矢、佐々木 芳幸、高木 新平
事業概要マーケティング支援事業、投資事業
URLhttps://newsllc.tokyo
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。