12.8 C
Japan
火曜日, 7月 14, 2020

声優ファン向けオーディオの新プロジェクトが始動!「カラオケの鉄人」で期間限定の試聴会を開催

Hamaru Strategyとフーモアは、JVCケンウッドと、声優ファンに向けたオーディオのリブランディングプロジェクト「推し声オーディオプロジェクト」の実証実験を開始し、特設ページを公開した。
また同時に、声優ファンにオーディオの違いを体験していただく試聴会を、「カラオケの鉄人 池袋東口サンシャイン通り店」にて2020年2月17日(月)~同年3月1日(日)の日程で実施する。

推し声オーディオプロジェクトの概要

現在、声優の活動は多岐にわたり、アニメや朗読劇、イベントやライブなど様々なコンテンツに出演している。
それに伴って声優ファンがコンテンツのDVD/ブルーレイなどを自宅で鑑賞する機会も増えているが、自宅での視聴環境にこだわっている声優ファンは少ないのが現状であった。

そこで本プロジェクトでは、声優本来の魅力である「声」を最大限に活かし、響かせる2つのオーディオ商品を提案している。

<特設ページ>
https://oshigoe.com/

<公式Twitter>
@koeactlab

https://twitter.com/koeactlab

今回は、JVCとKENWOODの2ブランドから、市販されているセットステレオとは組み合わせを変えたものが1種類ずつ用意されている。
声の魅力を十分に感じられるのは当然のこと、声優ファンの部屋に置きやすい大きさや、価格にもこだわったセットになっている。

特設ページからは、実際に購入予約をすることも可能。
商品は2020年2月17(月)から予約可能、2020年3月上旬以降の発送となる。

カラオケの鉄人」試聴会

今回は株式会社鉄人化計画(本社:東京都目黒区、代表取締役:岡﨑 太輔、以下鉄人化計画)が実証実験に協力する。
2020年2月17日(月)~同年3月1日(日)、「カラオケの鉄人 池袋東口サンシャイン通り店」にて、2種類のオーディオが聴き比べできる試聴会を期間限定で開催。
通常のカラオケルームにオーディオを設置したもので、所要時間約10分の試聴体験以外の時間は、通常通りのカラオケを楽しむことができる。
なお、試聴会に参加しアンケートに協力した場合、当日の部屋代から1人あたり100円値引きがされる。

プロジェクト開始に至った背景

本プロジェクトは、JVCケンウッドがスタートアップ企業との協創を目指すオープンイノベーションプログラム「JVCケンウッド アクセラレーター2019」の一貫で、当該プログラムにフーモアが採択され、実証実験として行われるものである。
その中で鉄人化計画が本プロジェクトの趣旨に賛同し、実証実験に実店舗にて協力する運びとなった。

実証実験の結果は、プロジェクトの本格事業化を検討する判断材料として利用される。

なお、Hamaru Strategyはアクセラレータープログラム採択時のフーモア企画チームが独立して立ち上げた新会社であり、本プロジェクトの企画として引き続き協力体制を築いている。

JVCケンウッド アクセラレーター2019

2019年1月、オープンイノベーションプラットフォームCrewwにて開催されたプログラム。
JVCケンウッドの持つ強みや経営リソースと、スタートアップのもつ斬新なアイデア、技術やノウハウを掛け合わせ、企業ビジョンである「感動と安心を世界の人々へ」の実現を目指している。

<詳細はこちら>
URL:https://creww.me/ja/collaboration/jvckenwood-2019-01


本プロジェクトに関する問い合わせ
メールアドレス:oshigoe@hamaru.co.jp


社名株式会社Hamaru Strategy
設立2020年1月
所在地東京都新宿区水道町4-29 宝ビル5F
代表者代表取締役 清水和幸
事業概要コンテンツ産業に関する戦略企画コンサルティング事業、企画開発事業、イベント事業
URLhttps://www.facebook.com/hamarustrategy
社名株式会社フーモア
設立2011年11月
所在地東京都中央区銀座8-15-2 銀座COMビル3F
代表者代表取締役社長 芝辻幹也
事業概要ゲームクリエイティブ事業、エンタメクリエイティブ事業、アプリ制作配信事業
URLhttps://whomor.com/
社名株式会社JVCケンウッド
設立2008年10月1日
所在地神奈川県横浜市神奈川区守屋町三丁目12番地
代表者代表取締役会長 辻孝夫
事業概要オートモーティブ分野、パブリックサービス分野、メディアサービス分野の事業等を営むこと、ならびにこれに相当する事業を営む会社の株式または持分を保有することによる当該会社の事業活動の管理
URLhttps://www.jvckenwood.com/jp.html
社名株式会社鉄人化計画
所在地東京都目黒区東山三丁目8番1号 東急池尻大橋ビル2F
代表者代表取締役社長 岡﨑 太輔
事業概要カラオケ事業、メディア事業、アライアンス事業、レストラン事業など
URLhttps://www.tetsujin.ne.jp
プレスリリース発表元企業:株式会社Hamaru Strategy
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。