12.8 C
Japan
土曜日, 12月 3, 2022

声優ファン向けオーディオの新プロジェクトが始動!「カラオケの鉄人」で期間限定の試聴会を開催

Hamaru Strategyとフーモアは、JVCケンウッドと、声優ファンに向けたオーディオのリブランディングプロジェクト「推し声オーディオプロジェクト」の実証実験を開始し、特設ページを公開した。
また同時に、声優ファンにオーディオの違いを体験していただく試聴会を、「カラオケの鉄人 池袋東口サンシャイン通り店」にて2020年2月17日(月)~同年3月1日(日)の日程で実施する。

推し声オーディオプロジェクトの概要

現在、声優の活動は多岐にわたり、アニメや朗読劇、イベントやライブなど様々なコンテンツに出演している。
それに伴って声優ファンがコンテンツのDVD/ブルーレイなどを自宅で鑑賞する機会も増えているが、自宅での視聴環境にこだわっている声優ファンは少ないのが現状であった。

そこで本プロジェクトでは、声優本来の魅力である「声」を最大限に活かし、響かせる2つのオーディオ商品を提案している。

<特設ページ>
https://oshigoe.com/

<公式Twitter>
@koeactlab

https://twitter.com/koeactlab

今回は、JVCとKENWOODの2ブランドから、市販されているセットステレオとは組み合わせを変えたものが1種類ずつ用意されている。
声の魅力を十分に感じられるのは当然のこと、声優ファンの部屋に置きやすい大きさや、価格にもこだわったセットになっている。

特設ページからは、実際に購入予約をすることも可能。
商品は2020年2月17(月)から予約可能、2020年3月上旬以降の発送となる。

カラオケの鉄人」試聴会

今回は株式会社鉄人化計画(本社:東京都目黒区、代表取締役:岡﨑 太輔、以下鉄人化計画)が実証実験に協力する。
2020年2月17日(月)~同年3月1日(日)、「カラオケの鉄人 池袋東口サンシャイン通り店」にて、2種類のオーディオが聴き比べできる試聴会を期間限定で開催。
通常のカラオケルームにオーディオを設置したもので、所要時間約10分の試聴体験以外の時間は、通常通りのカラオケを楽しむことができる。
なお、試聴会に参加しアンケートに協力した場合、当日の部屋代から1人あたり100円値引きがされる。

プロジェクト開始に至った背景

本プロジェクトは、JVCケンウッドがスタートアップ企業との協創を目指すオープンイノベーションプログラム「JVCケンウッド アクセラレーター2019」の一貫で、当該プログラムにフーモアが採択され、実証実験として行われるものである。
その中で鉄人化計画が本プロジェクトの趣旨に賛同し、実証実験に実店舗にて協力する運びとなった。

実証実験の結果は、プロジェクトの本格事業化を検討する判断材料として利用される。

なお、Hamaru Strategyはアクセラレータープログラム採択時のフーモア企画チームが独立して立ち上げた新会社であり、本プロジェクトの企画として引き続き協力体制を築いている。

JVCケンウッド アクセラレーター2019

2019年1月、オープンイノベーションプラットフォームCrewwにて開催されたプログラム。
JVCケンウッドの持つ強みや経営リソースと、スタートアップのもつ斬新なアイデア、技術やノウハウを掛け合わせ、企業ビジョンである「感動と安心を世界の人々へ」の実現を目指している。

<詳細はこちら>
URL:https://creww.me/ja/collaboration/jvckenwood-2019-01


本プロジェクトに関する問い合わせ
メールアドレス:oshigoe@hamaru.co.jp


社名株式会社Hamaru Strategy
設立2020年1月
所在地東京都新宿区水道町4-29 宝ビル5F
代表者代表取締役 清水和幸
事業概要コンテンツ産業に関する戦略企画コンサルティング事業、企画開発事業、イベント事業
URLhttps://www.facebook.com/hamarustrategy
社名株式会社フーモア
設立2011年11月
所在地東京都中央区銀座8-15-2 銀座COMビル3F
代表者代表取締役社長 芝辻幹也
事業概要ゲームクリエイティブ事業、エンタメクリエイティブ事業、アプリ制作配信事業
URLhttps://whomor.com/
社名株式会社JVCケンウッド
設立2008年10月1日
所在地神奈川県横浜市神奈川区守屋町三丁目12番地
代表者代表取締役会長 辻孝夫
事業概要オートモーティブ分野、パブリックサービス分野、メディアサービス分野の事業等を営むこと、ならびにこれに相当する事業を営む会社の株式または持分を保有することによる当該会社の事業活動の管理
URLhttps://www.jvckenwood.com/jp.html
社名株式会社鉄人化計画
所在地東京都目黒区東山三丁目8番1号 東急池尻大橋ビル2F
代表者代表取締役社長 岡﨑 太輔
事業概要カラオケ事業、メディア事業、アライアンス事業、レストラン事業など
URLhttps://www.tetsujin.ne.jp
プレスリリース発表元企業:株式会社Hamaru Strategy
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント