12.8 C
Japan
火曜日, 5月 26, 2020

uni’que、女性の感性を生かした起業をサポートする「Your(ユア)」を開始

オーダーメイドネイルサービス「YourNail(ユアネイル)」を展開する株式会社uni’queは、女性の起業家輩出に特化したインキュベーション事業「Your(ユア)」を開始することを発表した。

uni’queは、ベンチャー起業家や事業オーナーにおける女性の比率があまりに低い現状を変えるため、女性ターゲットに特化し、女性主体の事業を創出することをミッションに創業した。第一弾サービスとしてオーダーメイドネイルサービス「YourNail」を立ち上げ、サービスは順調に成長し、会社として2期目に黒字化を達成している。

uni’queではYourNailの立ち上げと運営の経験から、B to Cの女性向けサービスに関するノウハウを日々積み上げている。この知見をオープン化することで女性の起業家を増やしたい、と考え、本インキュベーション事業「Your」を提供する。

「Your」では、資金の提供や一時的なサポートではなく、知見を共有しながら立ち上げ期に伴走し、テレワークやパラレルワークなど女性が活躍しやすい環境を用意し、ともに事業立ち上げを行う。

女性起業特化のインキュベーション事業「Your(ユア)」とは

女性の起業家創出に特化したインキュベーション事業。「全員複業スタートアップ」であるuni’queが展開するプログラムならではの特徴として、事業アイディアをもった女性が“複業で”事業化にトライすることが可能だ。「Your」で採択されると、企業に勤めながら、もしくは子育てを続けながら、複業で事業の立ち上げが可能だ。

事業の立ち上げは、uni’queのメンバーがフルサポート。新規事業立ち上げ経験の豊富な代表若宮のほか、B to CのオーダーメイドネイルサービスYourNailを立ち上げたプロダクトマネージャーやデザイナー、広報、コミュニティマネジメントのスペシャリストである女性メンバーが、立ち上げノウハウを生かして事業立ち上げに伴走する。

さらに、プログラムの大きな特徴として、事業が一定の条件をクリアすれば、子会社となり代表としてサービスに取り組んでいける。子会社の株式も3分の1以上保有し、起業家としてしっかりオーナーシップを持っていただける仕組みだ。 

◎「Your」の特徴  

  1.   女性に特化した起業家創出プログラム
  2. 複業しながら起業にチャレンジできる
  3. uni’queメンバーが事業立ち上げのノウハウを生かして伴走
  4. 事業が一定のバーを超えれば子会社化し株式譲渡の上、代表に就任できる

◆「Your」への参加の流れ

  1. 専用ページより応募いただきます。→ https://event.uni-que-inc.com
  2. 面談(テレビ会議可)
  3. 事業アイディアに関する審査(代表若宮が1票、他メンバーが0.5票ずつ採択権を持っています。仮に代表が採択しない場合でも女性メンバーが2人事業に投票すれば事業化が決定します)
  4. パートナー契約締結(子会社化の基準となるKPIは契約締結時に相談の上決定します)

◆「Your」サポーター企業

「女性起業家の創出」というビジョンに共感いただき、以下の企業とのプログラム連携やメンタリングサポートをする。

(fibonaは資生堂オープンイノベーションプログラムの名称です)

◆「Your」キックオフイベントについて

「Your」のビジョンや応募方法などをご説明する、キックオフイベントを2019年9月26日に開催する。当日はみずからもITベンチャー界のトップランナーとして活躍し、また多くの起業家を応援してきた2人をゲストスピーカーとして迎え、事業アイディアをもつ女性が新しい一歩を踏み出すきっかけとしたいと考えている。

  • 日時:2019年9月26日 19:00-22:00
  • 場所:Plug and Play SHIBUYA
  • 対象:「Your」への応募に興味をもっている、もしくは起業を検討している女性(※「Your」への応募は必須では有りません。)
  • ゲストスピーカー: 奥田浩美さん、藤本あゆみさん
  • トークセッションのあと交流会を行います。
  • お申し込み→ https://your.peatix.com

今後のビジョン

PC時代のインターネットは主として男性のものでしたが、スマートフォンの登場により女性の利用が急増し、LINEやInstagram、メルカリなど女性ニーズを捉えたサービスがヒットしており、女性をターゲットとした市場は大きなポテンシャルを占めている。一方で、起業家や企業の新規事業担当者の中で女性の比率は1割程度しかおらず、まだまだニーズとのギャップがあるのが現状だ。消費者の代表として女性ならではの感性を生かして、女性が事業を立ち上げるケースが人口比と同様の比率になり、「女性」起業家と特別視されることなく「当たり前」に女性が活躍できる世の中にしていけるよう、uni’queはインキュベーション事業を通じて多くの起業家を創出していく。 

株式会社uni’queについて

女性の“したい”を応援するーー女性向けサービスに特化したスタートアップとして、2017年4月に創業。代表の若宮和男は、NTTドコモやDeNAで新規モバイル事業の立ち上げに10年以上携わり、多数の実績を持つ。「全員複業スタートアップ」を掲げ、働き方改革・雇用面でも女性の活躍にチャレンジしながら、女性の感性を活かして事業創出を行う。東洋経済「すごいベンチャー100」選出。バンダイナムコアクセラレータプログラム採択

プレスリリース発表元企業:株式会社uni’que
配信元:PR TIMES
執筆
INNOVATIVE PORT編集部 
「INNOVATIVE PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。

コラボに挑むスタートアップに期待する「媚びない」姿勢

※この記事は、2016年2月8日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

タテからヨコへ変わりゆく世界

以前、「会社はコミュニティ化し、仕事はプロジェクト化する」という記事をエントリーしました。あれから1年。2020年という、世界と日本にとって節目となるであろうこのタイミングで、急激に変わりゆく世界を私なりに考察し、「タテからヨコへ変わりゆく世界」という概念でまとめてみました。昭和〜平成を「タテの世界」。令和を起点とする未来を「ヨコの世界」と定義しています。 タテの世界 タテの世界とは、際限なくタテに伸びていく階層構造(ヒエラルキー)です。上と下の概念は、主従関係や強制力と相性が良く、約70年前の世界大戦時においては「国家(軍隊)」、60年前の高度経済成長期は「会社」が代表的な組織構造でした。 上から下へ働く重力は中央集権と金融資本主義を加速させ、誰かや何かとの比較を肥大化させるエンジンとなります。仕事はニュートンのリンゴのように上から落ちてきます。集団の中で、リンゴをキャッチする最も”課題解決”が上手な人間が上へ上へと駆け登り、管理がしにくい個性と美意識は同調同質の圧力に潰されていきます。 タテ型経営の行き過ぎによってビジネスパーソンは会社の歯車と化し、コンプライアンスの徹底によって決められたことしかできない、やらない思考停止状態に陥ります。地球においては資源の奪い合いと温暖化が加速化し、富と機会の二極化は国家の右傾化を招きます。これらは全て、際限なくタテに「伸び切ってしまった」社会のひずみだと感じるのです。タテを否定しているわけではありません。ただし、上と下の距離感はもはや限界に近づいているのではないでしょうか。