12.8 C
Japan
木曜日, 2月 9, 2023

スタートアップ支援協会主催『The JSSA MeetUp Vol.41』入賞者が決定!

日本スタートアップ支援協会は、ビジネスの革新や新市場の創造、次世代技術の開発に挑んでいる4社のスタートアップのビジネスコンテスト「The JSSA MeetUp&Award Vol.41」を開催しました。協会スポンサー企業6社から豪華賞品も提供され、400名以上の多くのVC、CVC、新規事業責任者、スタートアップと支援者、報道陣が参加申し込みました。

イベント概要

・名称:スタートアップ支援協会主催『The JSSA MeetUp Vol.41』
・開催日:2022年12月15日(木)
・開催時間:12時~15時
・開催方法:オンライン(「zoom」システムを利用)
・主催:一般社団法人日本スタートアップ支援協会(本部:大阪池田市、代表理事:岡 隆宏氏)
(イベントサイト:https://peatix.com/event/3409431/view

最優秀賞

株式会社喋ラボ/代表取締役社長 大橋 功氏 https://www.shabelab.com/
テキスト選択とコピーアンドペーストでリモート会議からナレッジベースを作成できる動画DXアプリケーション、「喋ラボEditor」の開発販売。音声認識AIで文字起こしされたテキストを選択してボタンをクリックするだけで動画のダイジェスト版が作成できる動画編集アプリケーションです。

受賞コメント

最優秀賞、審査員賞、三井住友銀行賞、東海東京証券賞を頂き、誠にありがとうございます。 岡代表と初めてお話をさせて頂いたのは、ちょうど1年前ですが、その頃はアイデアに毛が生えた程度のプロトタイプしかありませんでした。そこからアクセラにご採択いただき、プロトタイプをプロダクトへと進化させていくことができたのは、協会関係者の方々のご支援、特に岡代表の継続的なメンタリングのおかげです。 本当に社会から必要とされるビジネスへと成長するため、これからも精一杯努力させて頂きますので、ご指導、ご鞭撻のほど、宜しくお願いします。

オーディエンス賞

LOOVIC株式会社 /代表取締役山中 享氏 https://www.loovic.co.jp/
地図を見る行為は、私達の視覚と手の自由を奪っている。そのため、首にかけるデバイスにより、景色に集中して移動できるサービスを開発した。安全かつスムーズに目的地に到着できるようにし、従来のナビによる安全の課題や、景色を楽しむ時間のロスを解決している世界初の移動支援によるスマートガイドサービスである。

【受賞コメント】

JSSA様にご出資を頂戴して以降、プロトタイプながらプロダクト開発も進みつつあります。結果、沢山の方々が私達の製品のリリースを待ち望まれ、着実に事業は進みつつあります。私達には本当に苦手な方がそばにいるため、どんな困難を迎えようとも、必ず成し遂げなければなりません。今回受賞といった形で評価をもらえて本当に嬉しいです。これを励みに更に開発を加速し、事業を作り上げて参ります。本当に有難うございました。

審査員賞

【東証P】株式会社ビジョン/代表取締役社長兼CEO佐野 健一氏
LOOVIC株式会社 山中享氏
株式会社クロス・オペレーショングループ 田中亮大氏

【東証G】チャットワーク株式会社 代表取締役 山本 正喜氏
株式会社喋ラボ 大橋功氏

【東証G】株式会社アイリッジ代表取締役社長 小田 健太郎氏株式会社
Essen 橘健吾氏

スポンサー賞

三井住友銀行賞/株式会社喋ラボ
三井住友信託銀行賞/株式会社クロス・オペレーショングループ
野村證券賞/株式会社クロス・オペレーショングループ 
東海東京証券賞/株式会社喋ラボ
EY賞/株式会社株式会社Essen
宝印刷賞/LOOVIC株式会社

ピッチ登壇者

協会会員,投資先の中から優秀なスタートアップ4社が登壇しました。

LOOVIC株式会社/代表取締役社長山中 享
地図を見る行為は、私達の視覚と手の自由を奪っている。そのため、首にかけるデバイスにより、景色に集中して移動できるサービスを開発した。安全かつスムーズに目的地に到着できるようにし、従来のナビによる安全の課題や、景色を楽しむ時間のロスを解決している世界初の移動支援によるスマートガイドサービスである。
https://www.loovic.co.jp/

株式会社喋ラボ/代表取締役社長 大橋 功
テキスト選択とコピーアンドペーストでリモート会議からナレッジベースを作成できる動画 DXアプリケーション、「喋ラボEditor」の開発
https://www.shabelab.com/

株式会社Essen/代表取締役社長 橘 健吾 氏
ドライバーの新たな収入源となり、自動車を媒体とした新しい広告プラットフォームの運営開発をしています。閲覧数や反応数などの広告効果が推定可能であり、ターゲティングにより無駄を省ける世界初のOOH広告です。
https://www.essen-withdrive.com/

株式会社クロス・オペレーショングループ/代表取締役社長 田中 亮大 氏
業務改善SaaS「オペレーションクラウド」開発とBizOps(ビジネスオペレーション)コンサルティング
https://x-opg.com/

コメンテーター

【東証P】株式会社ビジョン/代表取締役社長兼CEO佐野 健一氏
【東証G】チャットワーク株式会社/代表取締役 山本 正喜氏
【東証G】株式会社アイリッジ/代表取締役社長 小田 健太郎氏
【東証P】三井住友銀行/関西成長戦略室兼成長事業開発部 部長 宮川 潤氏
【司会者】MarbleXR株式会社/木村沙耶ダイアナ

スポンサー企業

伊藤忠商事 みずほ銀行 SMBC日興証券 野村證券 東海東京証券 EY新日本有限責任監査法人 有限責任 あずさ監査法人、宝印刷株式会社 阪急阪神不動産 三井住友海上火災保険 三井住友信託銀行 Jフロントリテーリング TIS株式会社 株式会社オービックビジネスコンサルタント AWS、出光昭和シェル PRTIMES 弁護士法人第一法律事務所 SOCIOほか

連携団体

東京21世紀クラブ(三菱地所) 大阪イノベーションハブ 京都iCAP シェアリングエコノミー協会

本イベントの特徴

本イベントでは、IPOやM&Aの実現を目指す起業家が必要とする「ファイナンス」「メンター」「アライアンス」などについて、それを支援するサポーターとのビジネスマッチングを行っております。
上場企業の経営者、大企業、証券会社、監査法人、VC、士業、行政、メディアとの良質なネットワーキングが期待できるイベントです。

一般社団法人日本スタートアップ支援協会

当協会及びファンドの設立目的は下記の4つの課題解決です。
①長期のシード向けベンチャー投資資金が不足
②投資資金と支援者の東京一極集中化による東京移転問題
③スタートアップとexit経験のあるメンターやエンジェルの不足
④M&Aや実験検証の場を提供するベンチャーフレンドリーな大企業の不足
この課題を解決することで健全で効率的なベンチャーエコシステムを日本に構築することを目指しています。

<特徴>
1.70名の上場経験のある創業経営者がメンタリング・壁打ちで経営課題の解決に導きます。
2.協会顧問のエンジェル、VC、事業会社、銀行からの最短最速での資金調達を実現させます。
3.スポンサーや顧問企業からトップラインにつながる上場企業を随時紹介します。

<一般社団法人日本スタートアップ支援協会>
・会員一覧 https://www.yumeplanning.jp/member/
・メンター顧問一覧 https://www.yumeplanning.jp/mentor/
・スポンサー一覧 https://www.yumeplanning.jp/sponsor/

<代表理事:岡 隆宏 氏>
夢展望株式会社(2013年マザーズ上場)を創業。2015年に実質バイアウトしたのち、2016年7月から日本に“ベンチャーエコシステム”を構築するために、現在上場企業の創業経営者仲間70名以上、スポンサー20社の協力を得て当協会を運営中。上場前後に陥る失敗体験の継承に努め、また自身の30数年間の川上から川下まですべてを経験したバランス力を活かしながらメンタリング、コーチング、マッチングを行っています。

社名一般社団法人日本スタートアップ支援協会
設立2016年7月
所在地〒563-0021 大阪府池田市畑1-6-28-201
代表者代表理事 岡 隆宏
事業概要IPO&M&Aを目指すベンチャー企業に特化した経営支援
URLhttps://www.yumeplanning.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント