12.8 C
Japan
日曜日, 1月 29, 2023

IHIと野村不動産、大規模物流施設計画を始動!立体型自動倉庫による保管などのシェアリングサービスを導入予定

IHIと野村不動産は物流の労働力不足の解消と更なる物流効率化への貢献を目指し、自動倉庫のシェアリングサービスをはじめとした取組を行う大規模物流施設「(仮称)Landport横浜杉田」の開発に着手しました。なお、自動倉庫のシェアリングサービスは両社の物流施設開発に於いて初の取組です。

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴うEC需要の大幅増加に象徴されるように現在では、消費者の生活スタイル・購買スタイルは急激に変化しております。さらには、車両運転業務への時間外労働条件規制(2024年施行)による長距離ドライバー不足・EC需要などにより個人宅への配送増加に伴う人手不足など物流業界を取り巻く事業環境の変化により、今後の物流施設は単なる荷物の保管・配送機能の提供だけではなく荷役や保管、配送作業など業務の効率化・省人化に資すること、さらには、災害時における事業継続性の確保が求められています。そのようななか本施設では、総合物流機器メーカーである株式会社IHI物流産業システム(本社:東京都江東区/代表取締役社長:笠 俊司/以下、ILM)をはじめとしたIHIグループの技術力と、カテゴリーマルチ®型物流施設の開発・施設運営の実績とまちづくり全般への深い知見をもつ野村不動産のノウハウを融合することで、昨今の物流業界の抱える課題に対し多様な選択肢を提供してまいります。また、IHIと野村不動産の物流施設開発における協業は、今回が初めてとなりますが、今後も両社の強みを活かした物流施設開発の展開を検討してまいります。

(仮称)Landport横浜杉田の特徴

1)高い配送利便性
⦁ 首都高速湾岸線「杉田IC」より0.5kmと近く大消費地である横浜や東京都内へのアクセスが良く
配送利便性に優れた立地です。
⦁ 1階に両面バース※1を設置し、宅配・配送事業者の入居を想定した設計としています。
⦁ 各フロアから1階に荷物の移動が可能な搬送機を設置し、施設内においても配送効率性を高めた
施設計画としています。

2)物流効率化、省人化への取組
⦁ 賃貸物流施設に於いて初となる※2立体型自動倉庫を施設内にビルトインで設置し、季節波動や   生産波動に合わせた利用を実現する保管サービスの提供を予定しています。それにより入居企業は、
機動的な保管容量の確保とフレキシブルな保管期間を実現します。

《立体型自動倉庫のシェアリングについて》
1フロア約1万坪の3・4階の一部に約12mの吹き抜けの空間をつくり、最大5,000パレットの保管が
可能な「立体型自動倉庫」を設置。当該設備は複数社の利用を想定し、保管容量の最大化や荷量の変動に対応できる設備として入居企業へシェアリングサービスとして提供を予定。

国際総合物流展2022(※3)に出店予定の模型
導入予定の立体自動倉庫CGパース(参考)

⦁ その他ECテナント特有の必要機能や各種自動化機器のシェアリングも検討中です。
3)事業継続性の確保
⦁ 免震構造・80㎡を超える防災備蓄庫・非常用発電機(72時間)設置・津波対策も実施し、災害時における被害を最小限に防ぎ事業継続性に貢献します。
4)地域社会との共生に向けた取組
⦁ 大規模高機能型物流施設として地域の新たな雇用創出に貢献します。
⦁ 施設稼働後も、地域交流の仕掛けづくりやイベントなどを行い地域社会との接点を作ります。また、災害時には本施設内のカフェテリアや屋上を地域住民に開放を予定しており地域防災に貢献します。
5)環境への取り組み
⦁ 屋上への太陽光パネルの設置や内装の仕上げ材に木材や再生材料の採用を検討するなど、環境に配慮した施設づくりを目指します。

IHIの不動産開発事業について

IHIグループ保有不動産のポテンシャルを最大限に引き出すべく、全国の事業所・社宅跡地等を開発し、賃貸事業、分譲事業を展開してまいりました。造船工場跡地の豊洲では、都心最大級の再開発事業を主導しており、地域のまちづくり団体や企業と連携し、最新技術等を活かした持続可能なまちづくりを目指しております。また、バイオマス発電やメガソーラー事業を展開し、近年は東京都江東区の砂町地区や神奈川県綾瀬市などでの物流施設事業にも注力し、環境対応・社会貢献に取り組んでいます。

IHIの物流システム事業について

IHIのグループ会社であるILMは、総合物流機器メーカーとして50年以上、自動倉庫をはじめとする自動化設備を展開してきました。近年では、人手不足による物流現場の課題を解決するため、グローバルなオープンイノベーション推進によって、AIによる認識技術を活用したデパレタイズ/パレタイズロボットシステムやピースピッキングシステム、3次元ピッキングシステム「Skypod」などのロボットシステムおよびそのインテグレーション技術を開発し、お客様のニーズに合わせた物流ソリューション提供に取り組んでいます。また、本施設では、自動化設備の提案に加え、在庫配置計画や運用計画といった現場作業の最適運用を目指した物流情報サービスを提供することにより、本施設内における自動化・省人化をトータルで支援します。

野村不動産の物流事業について

「Landport(ランドポート)」は「新しい選択を創造するロジスティック共創拠点」をコンセプトとし物流施設開発を展開しております。首都圏、中部圏、関西圏に開発実績をもち、テナントの満足度を最大限高めるべく事前の情報収集やマーケット調査などに注力し、リーシングを実施しています。利用するお客様の業種(=カテゴリー)を特定することで、オペレーション効率を最大化する物流施設と自動化を見据えた施設設計を実現し、作業効率向上のための設備や業種ごとに必要とされるスペック、雇用環境の充実に向けた対応などさまざまな内容で提案しております。
また、ロボティクスやICT、搬送機器など物流関連技術を有する企業各社と連携し、当社が核となって組成する企業間共創プログラム「Techrum(テクラム)」の提供など、様々な荷主・物流企業固有の課題解決へ向けた総合的なソリューション開発を行っております。

・Landport公式HP:https://www.nomura-landport.com/
・Techrum公式HP:https://www.nomura-landport.com/techrum/

物件概要

物件名     (仮称)Landport横浜杉田
 【カテゴリーマルチ®型】
所在地     神奈川県横浜市金沢区昭和町3174
交通アクセス  首都高速湾岸線「杉田」出入口0.5㎞
        JR根岸線「新杉田」駅徒歩11分
        横浜シーサイドライン「南部市場」駅徒歩4分
敷地面積    71,034.94㎡(21,488.06坪)
延床面積    約163,000㎡(約49,000坪)
構造・規模   RCS造 地上4階建・免震
着 工     2023年4月(予定)
竣 工     2025年2月(予定

※1:バースとは、倉庫や物流センターでトラックが接車し、荷物積み降ろしなどに使用するスペース。両面バースとは、建物の両側にバースを設け、出荷用と入荷用と用途を分けて使用することも可能なため、効率化に寄与。
※2:CBRE調べ:現状では国内においては、自動化が進む賃貸施設は一部のBTS型に限られており
標準仕様として機械設備等が設置されたマルチテナント型施設は存していない。
※3:国際物流総合展2022 日時:9月13日(火)~16日(金)/ 会場:東京ビッグサイト
https://www.logis-tech-tokyo.gr.jp/ltt/

社名株式会社IHI
設立1889年01月
所在地東京都江東区豊洲三丁目1-1豊洲IHIビル
代表者井手 博
URLhttps://www.ihi.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント