12.8 C
Japan
火曜日, 6月 28, 2022

【空飛ぶクルマ】パーク24 × Skyports × あいおいニッセイ同和損保 × 兼松、離着陸場を開発

パーク24と英Skyports、あいおいニッセイ同和損害保険、兼松の4者は、空飛ぶクルマの離発着場開発に向けた業務提携を締結し、時間貸駐車場、カーシェアリングおよび空飛ぶクルマが融合した事業の検討を開始!

4社の業務提携について

4社はパーク24が管理する駐車場において、バーティポートに適した場所を特定する為、大阪・関西エリアを中心に事業性評価を含む共同調査を実施します。なお、バーティポートは空飛ぶクルマ用の離着陸拠点および、専用の充電施設として機能します。
さらに、4社は利用客のファーストマイルおよびラストマイルの移動手段として、パーク24のカーシェアリングサービスの活用についても検討を進めます。

あいおいニッセイ同和損保は、地上インフラおよび関連する空飛ぶクルマサービスに対する保険の提供・手配を行うとともに、空と陸をシームレスに統合したMaaS(Mobility as a Service)の開発を目指します。

兼松はSkyportsと日本における空飛ぶクルマの地上インフラ開発・運営において資本業務提携をしており、国内でも注目を浴びる空飛ぶクルマにおいて、Skyportsの継続的な国内事業開発を支援しています。

今回の提携は、多くの人々が空飛ぶクルマをスムーズに利用できる環境を整備するための第一歩となります。

各社のコメント

パーク24 取締役 佐々木 賢一

この度、素晴らしきパートナーと共に、日本におけるバーティポート事業に参画できることを大変嬉しく思います。
タイムズのブランドコンセプトは“モビリティ リンク”です。あらゆる交通手段がシームレスにつながり、モビリティの利用者である人と街が繋がり、地域が魅力溢れる場所となる。バーティポート事業は、モビリティ リンクというタイムズのブランドコンセプトに欠かせない事業になるものと期待しております。

■Skyports アジア太平洋責任者 Yun Yuan Tay 氏

 Skyportsはパーク24様、あいおいニッセイ同和損保様、兼松様と提携し、弊社のバーティポートの設計・開発・運用に関するノウハウを提供し、日本の皆様にとって空飛ぶクルマをより身近なものに感じて頂ける機会を得たことをうれしく思います。本提携により、弊社はパーク24様が保有する幅広い資産ポートフォリオを活用し、バーティポートの設置を検討し、パーク24様の顧客、パートナー、周辺地域のユーザー様に向けた新たな価値を提供します。
 弊社は日本における空飛ぶクルマサービスの開発、普及を加速させるため、パートナーの皆様とモビリティサービスを発展させる重要な一歩の一翼を担えることを楽しみにしています。

■あいおいニッセイ同和損保 専務執行役員 山口 充

 この素晴らしいパートナー各社様と日本におけるバーティポート事業で協業させて頂く事を大変うれしく思います。この提携は、新たなモビリティとして期待が寄せられる空飛ぶクルマには不可欠な地上インフラ構築の貴重な第一歩です。弊社では空飛ぶクルマとバーティポートをご利用になるお客様の安全・安心を第一に、ニーズ把握や新サービスの開発を行い、空飛ぶクルマの普及・発展を通じた未来のモビリティサービス、カーボンニュートラル社会などの社会課題解決へ取り組みます。そしてパートナー各社様と協力し合う事で生みだされるシナジーにより、「空の移動革命」の実現へ貢献できればと考えます。

■兼松 上席執行役員 車両・航空部門長 城所 僚一

 この度の覚書締結を大変光栄に思います。2020年よりSkyportsの日本におけるパートナーとして空飛ぶクルマの事業開発に向けた共同マーケティング等の活動をしてきた中で、関係事業者様との連携は重要なマイルストーンの一つです。パーク24様とあいおいニッセイ同和損保様との提携により、両社様が有する幅広いモビリティ関連事業と空飛ぶクルマの連携を4者で推進できることに大変期待をしております。今回の提携をもとにバーティポートの事業開発を加速し、「空の移動革命」の実現に貢献して参ります。

パーク24について

パーク24は、駐車場やカーシェアリング、レンタカー、会員サービス、決済サービスなどを展開する交通インフラサービス企業です。
1991年に、日本で初の24時間、無人運営の時間貸駐車場「タイムズパーキング」を開設。現在は日本国内で最多となる約1万8千カ所の時間貸駐車場を運営しています。また、2006年から海外展開しており、現在は台湾、シンガポール、マレーシア、英国、オーストラリア、ニュージーランドの6カ国で駐車場事業を行っています。2009年には日本でカーシェアリングサービス「タイムズカー」を開始。時間貸駐車場で培った24時間、無人運営のノウハウを活かした事業拡大により、現在は180万名を超える会員に利用されています。
「We make life better 当たり前になる快適さを、次々と。」のグループスローガンのもと、時代を先駆ける挑戦を続けることで、世界にまだない「快適さ」の実現に向け、日々の事業活動に取組んでいます。

社名パーク24株式会社
設立1971年8月
所在地東京都品川区西五反田2丁目20番4号
URLhttps://www.park24.co.jp/

Skyportsについて

空飛ぶクルマの実現に取り組むリーディングカンパニーで、地上と空をつなぐ重要な結節点を提供しています。エアタクシー用の離着陸インフラの設計、構築、運用を行い、世界トップクラスの空飛ぶクルマメーカーと提携し、都市・郊外における環境下で安全かつ持続可能で効率的な運航の実現に貢献します。
Skyportsは、英国ロンドンを拠点とし、アジア、アフリカ、オーストラリア、ヨーロッパ、中東、北米など、複数の大陸でプロジェクトを展開しています。Skyportsの投資家には、Deutsche Bahn Digital Ventures、Groupe ADP、Irelandia Aviation、Levitate Capital、Solar Ventus、The Goodman Group、兼松、Ardian、F2i、GreenPointが含まれています。

社名Skyports Limited
設立2017年
所在地170 Kennington Lane Edinburgh House SE11, 5DP, London United Kingdom
URL https://skyports.net/

あいおいニッセイ同和損保について

あいおいニッセイ同和損保は、MS&ADインシュアランス グループの中核事業会社であり、日本を代表する損害保険会社の1つです。2010年10月に、100年以上の歴史を持つあいおい損保とニッセイ同和損保が合併し、誕生しました。あいおいニッセイ同和損保は「特色ある個性豊かな会社の確立」を掲げ、行動指針である「地域密着」を追求するとともに、顧客・地域・社会とともにリスクを削減し、社会・地域課題の解決に資する商品・サービスを提供しています。
この考え方・コンセプトを「CSV×DX」(シーエスブイ バイ ディーエックス)というキーワードのもと展開し、幅広い商品・サービスで実現していきます。その代表例には業界に先駆けて開発したテレマティクス自動車保険など独自の保険商品・サービスだけでなくCASEやMaaSといった未来のモビリティ社会への取組みもあり、また空飛ぶクルマが実装される社会でも新たなビジネスモデルを創出し社会へ貢献していきます。

社名あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
設立1918年6月
所在地〒150-8488 東京都渋谷区恵比寿1-28-1
URL https://www.aioinissaydowa.co.jp/

兼松について

130年の歴史を持つ総合商社です。車両・航空、電子・デバイス、食料、鉄鋼・素材・プラントを中心とした、幅広い事業領域で、様々な商品の取扱いやサービスを提供しています。航空宇宙分野では、空飛ぶクルマ、無人航空機、ヘリコプター、固定翼、エンジン、インフラなど、積極的に事業領域を拡大しています。

社名兼松株式会社
設立1889年8月
所在地〒105-8005 東京都港区芝浦 1-2-1
URLhttps://www.kanematsu.co.jp
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント