12.8 C
Japan
木曜日, 7月 7, 2022

東京ガス、新事業創造チームの取り組みを公開!「Will × 課題起点」への変革を目指したプログラムを実施

成熟企業の新規事業創造を支援するmichinaruは、東京ガスに「Willから始まる事業創造プロジェクト Hatch!」を提供、取り組み事例をホームページに公開しました。michinaruは、「成熟企業を両利き組織に変える」をビジョンに掲げ、様々な業界・業種の事業創造支援を行なっています。

東京ガス株式会社
「Willから始まる事業創造プロジェクト Hatch! 」実施概要

左からmichinaru 菊池氏・横山氏、東京ガス株式会社 奥田篤氏・相川安佐美氏・小野山直樹氏

​脱炭素・エネルギーの自由化など業界全体が変革期の最中、「持続可能な社会づくり」に向けて、新事業開発に挑戦をする東京ガス株式会社。13名のメンバーが、6ヶ月をかけて「誰の/どんな課題を/なぜあなたが/どのように解決するか」という問いに向き合い、1人1案の新規事業提案を行いました。

プロジェクト名Willから始まる事業創造プロジェクト Hatch!
実施内容事業創造に必要な思考行動プロセスを実践を通じて体得する
1)チームと個人のWill(動機)を設定する
2)質の高い課題を発見する
3)課題に対する解決策の質を高める
4)事業プランをプレゼンテーションする
実施形式全6回 / 半年/ 最終回に1人1案のプレゼンテーション
参加者有志(自薦/他薦)で集まったメンバー13名
Hatch!
プログラムの特徴
・経験学習モデルをベースとしたプロジェクト設計
 6日間で学ぶではなく、6ヶ月をかけて実践と改善を繰り返す
・個人の動機と課題に深く向き合うプログラム構成
 グループで1案ではなく、ひとり1案を練り上げる
・ファシリテーターによる伴走サポート
 進捗の差を補い、事業プランの精度を高める内省・対話支援

新事業創造プロジェクト Hatch! に込めた思い

プロジェクト開発担当 michinaru 横山氏

Hatchには「卵から孵(かえ)す、孵化(ふか)する、企む、目論む、(新しい計画を)密かに立てる」という意味があります。モノが溢れ、多様化が進む時代。かつての三種の神器のように、すべての人が欲しがる商品はありません。いま、求められているものは、誰かの強い想いによって世の中に送り出される「ストーリー」です。参加者、1人ひとりが心の奥に秘めたWill(動機)に繋がり、その結晶を自身の分身として世の中に「孵す」ための場を創りたい。そして、共感者や仲間とともに、新たな価値創造を「企む」面白さに出会う場にしたい。そんな想いを込め、「Willから始まる事業創造プロジェクト Hatch!」を開発、新規事業創造に伴走しております。

新事業創造プロジェクト Hatch!  参加者/責任者の声

東京ガス株式会社 エネルギーソリューション本部 ソリューション技術部 業務用ソリューションG
相川氏

Willをもとに課題を探求し続けた相川さんの事業プレゼン。エネルギーを届ける東京ガスの意義ともリンクする

プロジェクトを通じて、自身のWill(動機)に気づくことができました。動機を明確にすることで、ソリューション案にもブレがなくなりました。一緒に取り組んだメンバーから「相川さんは、家族をとても大事にしているのですね」と言われ、自分の軸の1つに「家族」があったんだと改めて気づくことができました。「自分を大事にしながらも、家族との大切な時間を過ごしたい」という想いが、今回の事業プランに繋がっています。


東京ガス株式会社 エネルギーソリューション本部 ソリューション技術部 業務用ソリューションG マネージャー奥田氏

「Hatch!」導入の責任者。東京ガス株式会社 奥田氏

プログラムを通じて、相川さんは「課題の大切さ」についてよく言及するようになりました。本来は、課題があってソリューションがあるはずです。プロジェクト実施後は、「Hatch!」を通じて体得した課題の「種」や「不」(不満や不足、不幸、不均衡など、世の中にある困りごと)について、チームで議論するようになり、ソリューションを考える際のアプローチ方法が「課題 < ソリューション」から「課題 > ソリューション」へ変化したと感じています。

同社が実施したプログラムの詳細は、以下をご覧ください。

「東京ガス株式会社 新事業創造チームの挑戦 
〜「Seeds(できること)起点」から「Will×課題起点」への変革〜」
https://michinaru.co.jp/works/tokyogas/
その他、新規事業創造に関する企業事例は、以下をご覧ください。
https://michinaru.co.jp/works/

新規事業創造・人材採用・リーダーシップ強化など様々な企業事例を掲載

michinaru株式会社について

社名michinaru株式会社
設立2020年4月30日
所在地東京都千代田区麹町4-8-1 THE MOCK-UP402
代表者菊池 龍之
事業概要新事業創出支援・人材採用支援・キャリア自律促進支援 ・リーダーシップ強化支援
ミッション :Hatch Our Potential ! -未知なる扉を開ける挑戦者で溢れる世の中に-
URLhttps://michinaru.co.jp/
事業を創る人と組織をテーマに語るミチナルラジオ:https://michinaru.co.jp/radio/
note(ミチナル新規事業研究所)        :https://note.com/michinaru
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

EBRU、アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンの製作事業で注目!

【スタートアップスタジオインタビュー】アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンで注目されているのが、佐藤怜さんが2021年4月に創業した株式会社EBRU。様々なウェアラブル製品が生み出されており、日常的に体に装着し続けても負担にならず、なおかつデザイン性や個性を表現できる製品開発が日進月歩で進んでいます。こうした動きに拍車がかかる中、Bluetoothイヤホンに注目した ‶アート×音楽×ファッション” な取り組みが話題に。株式会社EBRUの佐藤怜さんに、事業の特徴や今後の課題などについてお話をお聞きしました。 #EBRU #Bluetooth #イヤホン #スタートアップスタジオ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。
Facebook コメント