12.8 C
Japan
木曜日, 5月 26, 2022

PETOKOTO×JR東日本グループが協働!日本初!ペット専用新幹線・ペットツーリズムの実証実験を実施

「ペットを家族として愛せる世界へ」をミッションに、ペットウェルネスカンパニーとしてメディア・フレッシュペットフード・保護犬猫マッチング事業を展開するPETOKOTOは、JR東日本グループとの連携を通し、日本初のペット専用新幹線の運用実験とペットツーリズム企画を実施!また、列車内においての実証実験パートナーとしてパナソニックとも協働します。

日本初のペット専用新幹線と軽井沢ツアー「わん!ケーション」の概要

日本初のペット専用新幹線の運用実験と、軽井沢でのツーリズム企画が同時開催されます。昨今「ペットの家族化」が注目されていますが、お出かけ手段・お出かけ先の選択肢はまだまだ少なく、家族として過ごせる場所は限られています。
本取り組みでは、ペット専用新幹線までに多くの方が利用する駅構内も経由するため、同乗可能なケージサイズ等の制限はありますが、この実証実験が公共交通機関のペットフレンドリー化を推進する第一歩となることが期待されています。

また、ペットフレンドリー化を目指す際には動物が苦手な方・アレルギーの方にも配慮された環境整備が前提になります。そのため、獣医師の監修や実証実験パートナーであるパナソニック株式会社協力の元、清掃面や乗車オペレーション等丁寧な検証が行われます。

わん!ケーションツアーの概要

​出発日:2022年 5月 21日(土) 1泊 2日 30組限定

宿泊先:プリンス 森のドッグヴィレッジ (軽井沢プリンスホテル イーストドッグコテージ)/THE DOG DEPT GARDEN HOTEL 軽井沢・軽井沢テラス

ツアーのポイント
・往路の新幹線車内にて、愛犬をケージから出して一緒に過ごす「ファミリータイム」を約40分間設定
※軽井沢解散となるため、復路で新幹線を利用する場合は通常列車となります。ワンちゃんはケージの中でお過ごしください。
・「プリンスグランドリゾート軽井沢」内のドッグランにてフォトシューティング、トレーニングレッスン
・軽食付き軽井沢イブニングパーティへのご招待

旅行代金:2人 1組 10万 6千円~、1人 6万 7千円~
 ※旅行代金には往路の新幹線代、宿泊料金(朝食付)、1 頭分のペット料金が含まれます。

発売開始日:4月 26日(火) 12時
コース NO・コース名:B3155
・<上野発> 30 組限定!日本初のペット専用新幹線で行く軽井沢の旅「わん!ケーション」

発売箇所:VTS 「日本の旅、鉄道の旅」HP
 
▽プリンス 森のドッグヴィレッジ (軽井沢プリンスホテル イーストドッグコテージ)
https://www.jrview-travel.com/reserve/travelItem/detail?courseNo=92B3155&genteiCd=2 
 ▽THE DOG DEPT GARDEN HOTEL 軽井沢・軽井沢テラス
https://www.jrview-travel.com/reserve/travelItem/detail?courseNo=22B3155&genteiCd=2 
 
※本ツーリズムには PETOKOTO のペット専門家チーム(獣医師・トレーナー) が同行し、愛犬との安心した旅行をサポートします。
※雨天や新型コロナウィルスの感染状況により、実施内容や会場に変更があります。

備考
・本ツアーは実証実験も兼ねており、新幹線車内では専属カメラマンの他、メディアが同行します。ツアー中に取材・撮影された写真や動画はメディア等で使用・公開される可能性があります。
・今回は規定サイズ内の犬用ケージが使用できるワンちゃんのみ参加可能です。
 
※規定サイズのケージが使用できない中・大型のワンちゃんは今回参加できません。PETOKOTOではこの取り組みを未来への一歩目として捉え、将来につながる実証実験にする意向です。
・愛犬用ケージはご自身でご用意下さい。

JR東日本グループとの協業背景と目指す未来

PETOKOTOは東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)とJR東日本スタートアップ株式会社が主催する、ビジネス創造活動 「JR東日本スタートアッププログラム2021」に地球共創(SDGs)のテーマ枠で採択されました。

駅のあり方が「交通の拠点」から「暮らしのプラットフォーム」へと転換される中、家族のあり方の一つになっているペットとの共存に向け、JR東日本グループとPETOKOTOの両社の強みを掛け合わせることで、新しい価値創造にチャレンジしています。

PETOKOTOで「ペットとの旅行に関する意識調査」を実施した際、愛犬との旅行意欲が増している傾向にありました。一方で、移動手段の8割強は自家用車と、公共交通機関の移動に関しては課題があります。

愛犬と公共交通機関に同乗するためには、各社規定内のケージ等から出さないことが条件になっています。15歳以下の子供よりもペットの数が多いといわれる現在、ペットは決してマイノリティな存在ではありません。

意識調査内で今後の旅行について期待することをヒアリングした際は、93%の飼い主さんが「ペットと泊まれる宿泊先の選択肢が増えること」を選択。また、半数以上が「車以外の移動手段が増えること」を選択されていました。

JR東日本グループが目指す「暮らしのプラットフォーム」への転換とPETOKOTOが目指す「ペットを家族として愛せる社会」の実現。双方の目標を掛け合わせることで、新しい社会の創造を目指します。

ただ、今回の取り組みにおいてもペットの存在を押し通せば良いのではありません。命や多様性が尊重される社会においては、動物が苦手な方・アレルギーの方にも配慮された環境整備が大切です。「ペットを家族として愛せる社会」を実現するハード面の変革の一歩として、今回の実証実験は運用されます。

参考:【愛犬との旅行に関する意識調査】75%の飼い主がコロナ収束後の犬連れ旅行に強い意欲。2022年GWもお出かけ・旅行意識に変化(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000087.000015317.html )

PETOKOTOについて

PETOKOTOは、犬や猫が苦手だった代表の大久保氏により、1匹の犬との出逢いをきっかけに動物が大好きになり、殺処分問題をはじめとしたペットがモノとして捉えらえる社会やペット産業の負の課題を解決するため2015年に設立されました。愛犬のコルクは「足が内股」という理由だけでペットショップの競り市で捨てられ、保護犬として迎えられました。

全てのメンバーがペットの飼育経験者であり、獣医師やペット栄養管理士もいるバックグラウンド豊かな会社です。ペットが幸せな一生を送るための サービスや情報を提供する、ペットウェルネスカンパニーとして、「ペットを家族として愛せる世界へ」をミッションに、一生を通して、ペットが家族として「どう生きるか」を考え、世界中のペットのクオリティ・オブ・ライフを進化させています。

■ 受賞実績
東洋経済 すごいベンチャー100(ドッグフードサービス史上初)
2020年度グッドデザイン賞(ドッグフードサービス史上初)
総務省主催「異能ジェネレーションアワード」特別賞(ドッグフードサービス史上初)
日経トレンディ スタートアップ大賞 優秀賞(ペットサービス史上初) 

社名株式会社PETOKOTO
設立2015年3月23日
所在地東京都新宿区四谷本塩町2-8 WEEK四谷
代表者大久保泰介
事業概要・フレッシュペットフード「PETOKOTO FOODS」https://foods.petokoto.com/
・ペットライフメディア「PETOKOTO MEDIA」https://petokoto.com/
・保護犬猫マッチングサイト「OMUSUBI」https://omusubi-pet.com/
URLhttps://corp.petokoto.com

JR東日本スタートアップについて

社名JR東日本スタートアップ株式会社
設立2018年2月
所在地東京都港区高輪2-21-42 Tokyo Yard Building7F
代表者柴田 裕
事業概要事業シーズや先端技術の調査・発掘、ベンチャー企業への出資及びJR東日本グループとの協業推進
URLhttps://jrestartup.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント