12.8 C
Japan
水曜日, 9月 28, 2022

Web3スタートアップ支援に特化!アクセラレーターArriba Studioが本格始動

シンガポールと東京を拠点にWeb3/NFT起業家支援を展開するアクセラレーター、Arriba Studio Pte.Ltd.は、この度Web3向けスタートアップ支援を開始しました。あわせて、昨年ブロックチェーンゲーム「Axie Infinity」のヒットで一躍有名になったゲームギルド世界最大手YGGの日本市場向けDAO・YGG Japanや、国内ブロックチェーンゲーム開発最大手double jump.tokyoなど、複数のWeb3有力企業を支援として決定しました。

10億円を上限にWeb3スタートアップ企業へのトークン投資を推進

現在、日本の国内外を取り巻くWeb3向け市場の状況は法律・会計税務的な問題を中心に大きく立ち遅れています。 海外では、すでにWeb3向け特化したベンチャーキャピタルとスタートアップが多数立ち上がり、日本の投資家と日本のスタートアップはそうした流れから大きく出遅れてしまっているのが現状です。 

アリーバ社はこうした問題を解決するために設立されました。Web3業界黎明期から活躍するメンバーとインターネット業界のスタートアップ投資で長年実績を持つメンバーがファウンダーとなり、2022年2月にシンガポールを拠点として新会社が設立されました。

アリーバ社では、国内のベンチャーキャピタルや事業会社では投資・保有が難しいとされるWeb3スタートアップが発行するトークンへの投資・所有をはじめとした支援活動を行います。投資するだけでなく、国内外で経験豊富なメンバーによる海外拠点開設、事業グロース、人材採用や組織設計、トークンエコノミクスの設計、調達やEXIT/上場に深く関与する形でサポートを行なっていきます。 

設立以来口コミで多くのWeb3スタートアップ、投資家・事業会社からの反響がありました。 

すでに国内プロックチェーンゲーム開発大手double jump.tokyoや、Axie Infinityのヒットで有名なゲームギルド世界最大手YGGの日本市場向けプロジェクト、YGG Japanなど複数の投資先への支援を開始しています。

今後、アリーバ社では、10億円を上限として資金調達を行い、投資家や事業会社の方々とともに国内外のWeb3スタートアップ企業へのトークン投資を推進します。支援プロジェクト数は30〜40社ほどを予定し、Web3業界の市場拡大とイノベーションの創出を展開していきます。

さらにアリーバ社は、組織運営手法として珍しい、スタートアップ支援組織のDao化への移行も推進していきます。アリーバ社の投資・支援活動自体をWeb3化させることで、経験豊富な優秀な人材や企業と連携をし、アリーバ社がWeb3事業の巨大な創出コミュニティとなっていくことを目指します。そのための独自トークン「Arriba Token(仮称)」の設計も推進していく予定です。 

アリーバ社について

社名Arriba Studio Pte.Ltd
設立2022年2月22日
資本金05 Cecil Street #24-02 The Octagon Singapore 069534
代表者佐藤崇
取引銀行OCBC銀行
URLhttps://arriba.studio/

アリーバ社ファウンダー

佐藤崇 氏
連続起業家。株式会社スマートアプリ(現SBI NFT)ファウンダー。エフルート株式会社(現アクセルマーク)ファウンダー。ネットサービスをインターネット黎明期から多数立ち上げ事業化。携帯サイト検索エンジン、スポーツSNSゲーム配信プラットフォーム、web3ブラウザ/NFTウォレットなど。マーケティング的な観点での事業グロースを得意としています。

宮坂 友大 氏
SBIホールディングスを経て、住信SBIネット銀⾏の⽴ち上げに参画。2008年よりGMO VenturePartnersに参画、 2013年パートナー就任。これまでにIPOした投資先はSansan、Ch atwork、CChannel、MoneyFoward、メルカリ、ラクスル、ランサーズ、ユーザベースなど。 現在は複数のスタートアップの経営⽀援に加え、上場企業やファンドのアドバイザリーボードも努めています。

玉舎 直人 氏
アスキーを経て、⽇本・韓国のオンラインゲーム開発会社のCEO、上場モバイルゲーム会社の取締役および韓国法⼈の代表理事等を歴任。2018年4⽉にdouble jump.tokyoを共同創業、COOを務めています。現在は同社取締役を退任し、MCH、YGG Japan、Oasysなど多数のWeb3プロジェクトにファウンダーやアドバイザーとして参加しています。

YGG Japan について

YGG Japanは、日本のゲームユーザーを「Play to Earn」の先にある、「Play and Earn」の世界へ導くことを目指しています。日本は世界有数のコンテンツ大国であり、マンガ、アニメ、ゲームなどのメディアを通じて、世界的に見ても多くのIPを保有し、また、日々新たなIPが生まれています。また、世界最高レベルのゲームを生み出す開発スタジオも多く、YGG Japanは、日本のIPを使用したゲームやオリジナルのブロックチェーンゲームを全世界のユーザーへ届けるための環境を提供します。
URL   https://twitter.com/YGGJapan

double jump.tokyoについて

NFT・ブロックチェーンゲーム専業開発会社として、2018年4⽉3⽇に設⽴。「My Crypto Heroes」「BRAVE FRONTIER HEROES」「My Crypto Saga」などのブロ ックチェーンゲームの開発や、⼤⼿コンテンツホルダー向けにNFTの発⾏販売やゲーム、メタバース連携を⽀援するNFT事業⽀援サービス「NFTPLUS」を提供。複数人で秘密鍵を管理できるビジネス向けNFT管理サービス「N Suite」の提供・開発を⾏っています。
URL    https://www.doublejump.tokyo/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント