12.8 C
Japan
月曜日, 11月 28, 2022

デジタルガレージとJCB、資本業務提携!|決済インフラ事業と次世代フィンテックビジネスを共同開発!

デジタルガレージと、ジェーシービーは、2022年2月10日付で資本業務提携契約を締結しました。

資本業務提携の目的

近年、消費者の購買意識やニーズは多様化し、リアルとサイバーを組み合わせたサービスや購買行動など、デジタルテクノロジーを駆使した生活様式が定着しつつある。DGグループの決済事業は、インターネット黎明期より約20年間にわたり、非対面・対面領域の双方へ、安心・安全な決済インフラを提供してきている。

現在、決済事業を手がける子会社DGフィナンシャルテクノロジー(以下、DGFT)の決済システム提供加盟店は国内70万店、年間取扱高3兆3,000億円(2021年9月末時点)、年間決済処理件数約6億件を担う重要インフラ指定企業に成長し、決済・フィンテック領域の社会インフラと言える規模となったと言える。

また、日本発唯一の国際カードブランドを運営するJCBは、世界に約3,700万店の加盟店を有し、1億4,000万人以上がJCBブランドを利用(2021年9月末時点)。年間取扱高は約34兆円に達している(2021年3月末時点)。
両社は、これら加盟店や会員の消費活性化、利便性向上に資する新たな付加価値サービスやフィンテックテクノロジーを開発し提供することで、消費生活のさらなる充実に貢献すべく提携するとした。

業務提携の主な内容

1)決済インフラ連携及びキャッシュレス加盟店開拓の相互協力による決済事業のさらなる拡大
2)次世代決済・フィンテックマーケティングサービスなど、加盟店やカード会員を対象とした新たなサービスの協創
3)両社の開発体制や顧客基盤を活用した、マーケティング事業およびR&Dにおける新規事業開発・サービスの協業展開
*具体的なプロジェクトに関しては、詳細が決まり次第、別途発表予定。

資本提携の内容

JCBは、デジタルガレージ普通株式の3%(発行済株式総数に対する割合)を取得

両社のコメント

DG代表取締役 兼 社長執行役員グループCEO 林 郁

「デジタルガレージは現在、グループ戦略『DGフィンテックシフト』のもと、決済とデータ事業に関わる様々な付加価値ビジネスの開発に取り組んでいます。JCB社とは長年のパートナーとして、クレジットカード決済事業やそれを支える日本最大級のカード決済基盤であるJCN(日本カードネットワーク社)等、日本の決済基盤とインターネットの融合を黎明期より牽引してきました。デジタル庁の本格的な幕開けとともに、クレジットカードやマイナンバーと連携した様々な次世代Fintechが生まれています。今回の資本業務提携を通じて、両社の保有するデータや次世代Fintech周辺のテクノロジーを融合し、さらなる日本のDX発展に寄与・貢献していきたいと思います。」

JCB代表取締役会長兼執行役員社長 浜川 一郎 氏

 「JCBグループはこれまで長年にわたり、デジタルガレージグループと主に決済事業の分野において協業を行い、成果をあげてまいりました。今回の資本業務提携を機に協業をさらに深化させ、デジタルガレージとJCBが有するそれぞれのアセットをより有機的につなぐことにより、リアルとデジタル、マーケティングとテクノロジーの領域でお客様に喜んでいただける質の高いサービスをお届けしたいと考えております。」(JCB代表取締役会長兼執行役員社長 浜川 一郎)

今後の展開

社会や産業構造が大きく変化する中、日本のDXを牽引すべくDGは、決済とデータを融合したグループ戦略「DGフィンテックシフト」を掲げている。投資先スタートアップへのキャッシュレス化支援や、決済サービス加盟店への広告・CRM・データマーケティング支援、協業先とのエンベデッド・ファイナンス*1事業等、グループの経営資源をフィンテック領域に投入している。先般、暗号資産領域への展開の加速として、子会社でブロックチェーン金融サービス事業を展開する株式会社Crypto Garageと野村ホールディングス株式会社の資本業務提携*2を行った。また、リテール市場における競争力強化として東芝テック株式会社との資本業務提携*3も行っている。今回の提携により、日本唯一の国際カードブランドを運営するJCBの豊富な加盟店及びカード会員ネットワークと、DGグループが保有する決済基盤やデジタルマーケティング事業、投資・育成事業によるスタートアップ企業との協業等、両社の経営資源を効率的に連携させていく意向だ。

デジタルガレージについて

DGグループは、年間取扱高3兆円超の決済を取扱うフィンテック事業「フィナンシャルテクノロジー(FT)事業セグメント」、デジタルマーケティング事業を展開する「マーケティングテクノロジー(MT)事業セグメント」、世界のスタートアップへの投資・育成を行う「インキュベーションテクノロジー(IT)事業セグメント」、株式会社カカクコムや、提携先との合弁会社の設立等を通じ長期的な事業創出を目指す「ロングタームインキュベーション(LTI)事業セグメント」の4つの事業セグメントから構成されている。決済プラットフォームとデジタルマーケティングを収益基盤として、投資インキュベーションにより先端技術やサービスを取り入れることで、これまで数々のインターネットビジネスを創造してきた。
これからもDGは「持続可能な社会に向けた『新しいコンテクスト』をデザインし、テクノロジーで社会実装する」という企業パーパスのもと、持続可能な社会の構築へ貢献する。

社名株式会社デジタルガレージ
設立1995年08月
所在地東京都渋谷区恵比寿南3-5-7デジタルゲートビル
代表者林 郁
URLhttps://www.garage.co.jp/ja

JCBについて

1961年に設立し、日本発唯一の国際カードブランドを運営する企業としてJCBカードを利用できる加盟店ネットワークを展開するとともに、アジアを中心に国内外のパートナー企業とJCBカードの発行を拡大している。また、総合決済サービス企業の実現を目指し、顧客やパートナー企業の期待に応えることが出来るようなする様々な事業を展開している。

社名株式会社ジェーシービー(JCB Co., Ltd.)
設立1961年1月25日
所在地〒107-8686
東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
代表者浜川 一郎
事業概要クレジットカード業務、クレジットカード業務に関する各種受託業務、融資業務、集金代行業務、前払式支払手段の発行ならびに販売業およびその代行業
URLhttps://www.global.jcb/ja/

*1: エンベデッド・ファイナンス:金融業以外のサービス提供する事業者が、ITを活用し自らのサービスに金融サービスを組み込んで新サービスを提供する仕組み
*2: 関連リリース:「Crypto Garage、野村ホールディングス株式会社を引受先とする第三者割当増資と業務提携について(https://www.garage.co.jp/ja/pr/release/2021/10/20211020/)」(2021/10/20発表)
*3: 関連リリース:「デジタルガレージ、東芝テックと資本業務提携(https://www.garage.co.jp/ja/pr/release/2021/12/20211223/)」(2021/12/23発表)

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント