12.8 C
Japan
金曜日, 10月 7, 2022

VR上で行う世界最大級のイベント「バーチャルマーケット5」に阪急阪神百貨店ブースが登場!

▲阪神ナビゲーターブースには、「おやつ少年こっしー」がアバター販売員として来場者を接客する。

HIKKYは、2020年12月19日(土)~2021年1月10日(日)の23日間、バーチャルリアリティ(VR)空間上で行う世界最大級のイベント「バーチャルマーケット5」を開催する。本イベントには、阪急阪神百貨店のブースが登場。バーチャル空間内を自由に動き回り、実在する店員のアバターと会話をしたり買い物を楽しんだりすることができる次世代型店舗「バーチャル阪神食品館」をオープンする。

今回「バーチャルマーケット5」内に登場する「バーチャル阪神食品館」には、行列ができる大阪の味「阪神名物いか焼き」や大阪の都市型ワイナリー「フジマル醸造所」、日本育ちのバームクーヘン「クラブハリエ」といった、食の阪神百貨店がオススメするグルメが登場する。

さらに、ブース内には、2016年にブルーリボン賞を受賞した阪神電車5700系のミニチュアが走っているほか、2022年春完成予定の「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」(低層階:阪神梅田本店、高層階:オフィス)が1/100スケールで登場! 阪神百貨店のナビゲーターとしてSNSで人気の実在するスタッフ「おやつ少年こっしー」も、アバター販売員として登場する。

▲バーチャル世界で「阪神名物いか焼き」の焼きあがりを見ながら、ECサイトで実際に購入することもできる

梅田の新ランドマーク「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」が1/100サイズで登場

2022年に完成予定の梅田の新たなランドマーク「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」の完成形がバーチャル世界で披露される。さらに、2016年にブルーリボン賞を受賞した阪神電車5700系のミニチュアも走行しており、鉄道ファンも楽しめるスポットとなる。

インスタやYouTubeで人気の阪神百貨店スタッフがアバター販売員として登場

インスタグラムやYouTubeで、阪神百貨店のモノ・コト情報を発信しているナビゲーター腰前が、アバター販売員「おやつ少年こっしー」として登場。来場者と実際にコミュニケーションしながら接客するという、バーチャルならではの体験ができる。

ブース担当者からのコメント

❝新型コロナウィルスの影響で、実店舗での営業が従来通りにできなくなりました。そこで、お客様との新たなコミュニケーション方法や販路として、没入感のあるVRは豊かな体験価値を提供できる可能性があると考え出展を決めました。
また、2021年秋にグランドオープン予定の阪神百貨店梅田本店では、リアルとデジタルの融合を目指しています。そのコンテンツのテストと認知拡大に良い機会だと考えました。
普段の営業で接点の持つことが難しかった遠方や若い世代の方々にも阪神百貨店を知っていただき、我々のコンテンツを楽しんでいただきたいです。また、来場者の反応をみて今後のコンテンツ作成のヒントを得たいと考えています。
阪神百貨店が誇る、大阪の味! だけど食べられない「バーチャル阪神名物いか焼き」も来場者に無料でプレゼントします。大阪にお越しの際は、ぜひ本物をご賞味ください。❞
(阪神梅田本店 フード商品統括部 フードマーケティング2部 食祭企画担当バイヤー 吉川直希)

バーチャルマーケットとは

バーチャル空間上にある会場で、出展者と来場者が、アバターなどのさまざまな3Dアイテムや、リアル商品(洋服、PCなど)を売り買いできるイベントである。その他、バーチャル空間上で乗り物に乗ったり、映像を見たり、来場者間でコミュニケーションを楽しむことなどが可能である。VR機器やPCから気軽に誰でも参加することができ、開催期間中は24時間運営されていることから、日本はもとより世界中から70万人を超える来場者が集まる、世界最大のバーチャルイベントとなっている。

バーチャルマーケット5 企業出展会場一部 景観)

開催概要

名称:Virtual Market5(バーチャルマーケット5)
主催:VR法人HIKKY
会期:2020年12月19日(土)~2021年1月10日(日)(計23日間)
会場:特設会場(バーチャル空間)後日URL発表

プレス向け事前取材対応・VR体験会の実施

メディア向けには、バーチャルマーケット5開催前に、実際にVR機器でバーチャルマーケットを体験することのできるプレス説明会も開催予定である。

日時:2020年12月14日(月)~2020年12月19日(金)
場所:東京都港区
予約https://www.hikky.life/contact?type=1

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 69328-sub6-1024x515.jpg

HIKKYのxRオープンイノベーションとは

イノベーティブな事業を促進するために、複数の組織がそれぞれの得意分野で連携し、事業展開のチャンスを作り出している。HIKKYの得意とするVR内での最新の体験創出と、現存する顧客に愛され続けているビジネスを組み合わせることにより、バーチャルマーケットでは新たな価値を生み出し続けている。

「バーチャルマーケット5」では国内外から通信、メーカー、小売り、アパレル、エンタテインメントなど、様々な業種から有名企業・アーティスト・団体の出展が決定している。出展企業は自社ブランドと親和性の高いデザインや仕掛けを施した特別ブースを展開する。ブース内では、さまざまな商品の売買、試乗・試遊体験や一流の店員からの接客まで、まるで実際のお店に来たかのような体験・コミュニケーションをいつでも誰でもどこからでも楽しむことが可能である。

バーチャルマーケット5開催期間中(2020年12月19日(土)~2021年1月10日(日) )には今後のバーチャルイベントへの出展やVRを活用した新しい形での宣伝PR、DX、オープンイノベーションなどを検討されている法人向けの体験会も個別で実施される。
希望者の問い合わせ先は下記。
https://www.hikky.life/contact?type=0

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 69328-sub7-1-1024x683.jpg

株式会社HIKKYについて

「人の創造性を既存の価値観から解き放つ」
VR/AR領域において大型イベントの企画・制作・宣伝、パートナー企業との合同新規事業開発を主業務としている。エンタテインメントVRを牽引する注目のクリエイター達をメンバーとして、業界の発展やクリエイターの発掘・育成を目標に2018年に設立された。バーチャル世界の生活圏・経済圏を発展させ、クリエイターがより活躍できる場を支えていく企業である。

社名株式会社HIKKY
設立2018年
所在地〒150-0011 渋谷区東3丁目24-2 恵比寿STビル2F
代表者舟越靖
URLhttps://www.hikky.life/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント