12.8 C
Japan
日曜日, 9月 25, 2022

\オンラインイベント/事業会社内で成功させる『新規事業の進め方』|Intrapreneur’s Hub Vol.8

「Intrapreneur’s Hub」は、共通課題を持つイントレプレナー(※1)同士が悩みを共有、ノウハウをシェア、必要に応じて共創をすることで、本業の新規事業を加速させるキッカケとなるコミュニティづくりを目指しています。

第8回目は「事業会社内で成功させる『新規事業の進め方』」をテーマに、事業会社内で新規事業創出に挑んでいるイントレプレナーの方を招いて、本業で新規事業に挑む際のホンネや困難な点など、企業内の新規事業の進め方に活用できるノウハウなどについて、聞いていきたいと思います。

今回のパネリストは、株式会社LIFULLでオンラインインタビューサイト「unii」事業を進めている浜岡さん、株式会社デンソーの有志活動で家族の思い出サービス「ふれAI」事業を推進されている加納さん、東京ガスで空き家管理サービス「実家のお守り」を立ち上げた現リクルート所属の大塩さんに新規事業に関するお話を伺っていきたいと思います。

【参加対象】

・新規事業の立ち上げ/推進を担当されている方(事業担当)
・新規事業組織や仕組み構築を担当されている方(事業支援)
・起業を考えられている方(起業予定)

※参加対象に当てはまらない方のご参加はお断りする場合がございます

パネルディスカッション「事業会社内で成功させる『新規事業の進め方』」

 ・社内事業を進める際のホンネ
 ・社内起業のいいところ、わるいところ
 ・会社のアセットを使い倒す!!

・ネットワーキング
トークセッション後にはイントレプレナーとして新規事業創出に取り組まれている皆様に向けた
ネットワーキングをオンライン上でゆるく行います。(途中退出ももちろんOKです。)
イントレプレナー同士の横のつながりを作ることで、様々な新規事業創出のための手法や事例などの共有や、新規事業創出に必要な共創パートナーとの出会いの場にしていきたいと考えています。

※1:イントレプレナーとは:企業内起業家(新規事業担当者)

開催概要

日 時:2020年11月24日(火)19:00~21:00 (開場:18:55)
場 所:オンライン(お申し込みされた方にURLをご連絡いたします)
参加費:無料
主 催:Creww株式会社

【タイムライン】

18:55~      開場 
19:00~19:10     ご挨拶
19:10~20:25     パネルディスカッション
          ・パネリスト自己紹介(15分)
          ・新規事業ができるまでの流れ(15分)
          ・進める中で失敗or苦労したこと(15分)
          ・進める中で成功したorやって良かったこと(15分)
          ・大企業の新規事業担当にアドバイス(15分)
20:25~20:45     質疑応答・オンラインネットワーキング(仮)
21:00        閉会

Intrapreneur’s Hubの開催背景

近年、インターネットやテクノロジーの台頭による消費者行動や市場の変化、スタートアップ企業の台頭によって、多くの企業で新規事業創出の取り組みの必要性が増してきています。そんな中で、企業内で新しいビジネスを立ち上げる「社内起業家」であるイントレプレナーの重要性も高まっています。

170社以上のオープンイノベーションプログラムをCrewwで開催する中、新規事業に携わる人は共通して、新規事業の生みの苦しみをもっていることがわかってきました。共通課題を持つイントレプレナー同士が悩みを共有し、お互いのノウハウをシェア、必要に応じて共創をすることで、本業の新規事業を加速させることができれば、よりイノベーションが生まれる土壌が日本にできていくのではないだろうか。そのような仮説のもと、イントレプレナーのコミュニティをつくっていきたいと考えております。

パネリスト

パネリスト
加納 健良 デンソー コネクティッドシステム事業推進部 事業企画課
ふれAI ファウンダー

㈱デンソーで自動運転などの製品開発を経験した後、有志活動チーム『ふれAI』の社長賞をきっかけに、コネクティド領域でのサービス開発を推進中。なお、『ふれAI』は愛知県のスタートアップ支援拠点『ステーションAi』に入居して事業化を検討中。
30件のハッカソン・ビジネスコンテストでの受賞に関与し、300人を集めた有志作品の展示・交流会の主催など、東海地域をモノづくりで盛り上げようと活動中。

パネリスト
大塩 みなみ 株式会社リクルートライフスタイル UXディレクター
実家のお守り 元ファウンダー(元東京ガス所属)

新卒で東京ガス株式会社に入社し、新規事業開発に従事。栄養管理アプリ、葬儀社マッチングなど様々な領域の課題に取り組み、昨秋自身の想いを元に自社の強みを活かした空き家管理サービス「実家のお守り」を立ち上げた。その後株式会社リクルートに転職し、現在は新規サービスのUX改善に携わっている。
また、自身でも学生時代から女子会プランニング、サニタリーグッズサブスクなどtoC向けのサービスを立ち上げている。

パネリスト
浜岡 宏樹 株式会社LIFULL 社長室
unii 事業責任者

株式会社LIFULLで主力事業『LIFULL HOME’S』のコンサル営業およびマネジメントの経験を経て、代表の井上高志のカバン持ちに就任。多くのPJを推進。その後、社内ビジネスコンテストSWITCHにて入賞。「ワクワクする挑戦で溢れる社会を創る」をビジョンに掲げて、9月よりオンラインインタビューサービス『unii』をリリースし、各社の新規事業の支援に取り組む。

モデレーター
加藤 直樹 Creww株式会社

新卒でマクロミルに入社し、代理店から事業会社まで様々な領域の営業を担当。現在はクリエイティブカンパニーのNAKEDでtoC領域のマーケ担当として働きながら、複業としてスタートアップ数社とCrewwにてマーケティング業務に従事。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント