12.8 C
Japan
土曜日, 10月 31, 2020

NAGOYA CONNÉCT #3 Startup Pitch Night

第3回目のNAGOYA CONNÉCTは、”Nagoya Startup Pitch Night”と題して「名古屋とつながる。名古屋でつながる。」をテーマに多様なスタートアップによるピッチを開催します。名古屋・浜松市・関係都市で活動中のスタートアップ起業家10名が登壇予定。
コメンテーターには、東海東京インベストメント株式会社 阿部 剛久氏、豊田通商株式会社 松﨑英治氏、株式会社ゼロワンブースター 合田ジョージ氏を迎えます。 

[Sessions]

4:00pm – 4:30pm
NAGOYA CONNÉCTの楽しみ方/ How to enjoy NAGOYA CONNÉCT (Remo)
Venture Caféに初めて来られる方は、是非参加を!!

4:30pm – 5:00pm
Shuffle Meetup for Innovation!(シャッフル・ミートアップ!) (Remo)
オンラインでも、Venture Caféの”Connect”すると言うことを体験しましょう!

6:00pm – 7:00pm
Learning Session Vol.2〜卒業生が語る バブソン大学での学びとは?〜 (Zoom)
ベンチャーカフェが提供する学びの時間がLearning Session。
前回はバブソン大学MBAを取得したVenture Café Tokyo Program Manager の小村 隆祐が「The Entrepreneurial Mindset 失敗の定義」 を解説しましたが、今回の第二回も深い学びを提供する時間となっております。アントレプレナーシップを磨きたい方、ビジネススキルを学びたい方はご参加ください。

7:00pm – 9:00pm
Nagoya Startup Pitch
名古屋のスタートアップと名古屋と繋がりを持ちたいスタートアップによるピッチセッション。
「名古屋とつながる。名古屋でつながる。」をテーマに多様なスタートアップによるピッチを開催します。ビジネスを発展させる出会いを生み出す場として、投資家、オープンイノベーションご担当者、起業を目指すみなさまにぜひお越しいただければ幸いです。

[Networking Room on REMO | 4:00 – 9:00pm Open Networking]

[Conversation Table]

5:00pm – 7:00pm
VENTURE CAFÉ TOKYO AMBASSADOR LOUNGE
Conversation Tableとは:
起業や新規プロジェクト、イベントなど挑戦的な試みを力強く推進していくには、アイデアをぶつけフィードバックを得るといったコミュニティやマーケットとの会話のプロセスが欠かせません。 Conversation Tableはそのようなニーズを踏まえた上で、チャレンジャーをサポートするための取り組みです。ネットワーキングスペースでみなさんのアイデア/ 製品/ イベントなどを展示するための機会です。

7:00pm – 7:45pm
えんじょい・いんぐりっしゅ!in NAGOYA CONNÉCT
えんじょい・いんぐりっしゅとは:
「グローバルなコミュニティにも参加したいけど、英語での会話が苦手…」
「日常で、英語を使う機会が欲しい!」
そんな声にお応えするためのプログラムです。3分間のプレゼンテーションを通して、英語を使うことの楽しさを一緒に体感しましょう!


■イベント名:NAGOYA CONNÉCT #3
■開催日時:2020年9月25日(金) 4 pm-9 pm JST
■開催場所:オンライン開催 (Zoom)
■参加費:無料
■当日のプログラムと参加申し込み登録はこちら:https://nagoyaconnect-20200925.peatix.com/view

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(前編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 前編では、プロジェクトの発足背景、仲間集めのポイント、プロジェクトを推進する上で行った事を伺いました。

コロナ禍の新たな顧客体験構築に挑む、店舗業務効率化SAASスタートアップ

成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、Leretto(リリット)の代表取締役社長である辰巳 衛氏にお話を伺いました。

シードラウンド調達完了|廃棄物業界の省力化・効率化に取り組むファンファーレを紐解く

成長の加速を落とさないスタートアップ企業にフォーカスし、「失敗事例や克服のストーリー、成功体験」など、生の声をこれから成長していくスタートアップに参考にしてもらえるお話をお届けする「スタートアップの流儀」。 第二回目のゲストは、テクノロジーを活用して廃棄物業界の省力化や効率化を目指す、ゴミテック領域のスタートアップ、ファンファーレ株式会社の代表取締役 近藤志人さんにお話を伺いました。

丸紅に根付くスタートアップとの協業文化。1年の開発を経てIoT製品を商品化へ

「お金で買えない価値を売りたい!〜コンセントの先の未来へ〜」というコンセプトで、2018年にアクセラレータープログラムを開始した丸紅電力本部。IoT製品である、コネクテッド・バッテリー「みまもり電池MaBeee」を開発しているスタートアップのノバルスと、1年間の開発・協議を経て、2020年8月より丸紅ソーラートレーディングより販売を開始した。具体的にどのようにプロジェクトを進めてきたのか、丸紅ソーラートレーディングの青木健治氏と、ノバルス代表の岡部顕宏氏に話を聞きました。