12.8 C
Japan
水曜日, 9月 23, 2020

つくば研究支援センター(TCI)に在籍するDeep Tech系スタートアップ7社のピッチ大会が開催

第3回目のTSUKUBA CONNÉCTでは、「TCI Tech Startups Pitch」と題してつくば研究支援センター(TCI)に在籍するDeep Tech系のスタートアップ7社のピッチ大会を開催。ネットワーキングスペースでは、ピッチに参加するスタートアップやTCI、TSUKUBA CONNÉCTを開催している茨城県、サポートしているつくば市の方とも話せる場も。さらに、イェール大学経営大学院のエグゼクティブディレクターであるDr. Gloria Tamによる「21世紀に求められるリーダーシップと素養」について話すセッションもある。

[Sessions]

5:00pm – 5:50pm *Remo
“TSUKUBA CONNÈCTの楽しみ方 / How to enjoy TSUKUBA CONNÈCT”

6:00pm – 8:10pm *zoom
■ Session 1
TCI Tech Startups Pitch” [日本語/Japanese]
主催(Organizer):つくば研究支援センター(TCI)
登壇者(Presenters):
・斎田 陽介氏 = 代表取締役社長,つくば研究支援センター(TCI)
・1社目:株式会社ノエックス 代表取締役 山田 祐輝氏
・2社目:株式会社LIGHTz 代表取締役社長 乙部 信吾氏
・3社目:ときわバイオ株式会社 取締役CTO 中西 真人氏
・4社目:セルメディシン株式会社 代表取締役社長 大野 忠夫氏
・5社目:株式会社アークメディスン 代表取締役 田中 佳悟氏
・6社目:アクシオンリサーチ株式会社 代表取締役CEO&CTO 佐藤 友美氏
・7社目:株式会社ネクステッジテクノロジー 代表取締役 坂本 堪亮氏
コメンテータ-(commentators):
・Eriko Suzuki氏=General Partner at Fresco Capital, Director at Mistletoe, Inc.
・中川 磨氏=常陽産業研究所 ファンド事業部 次長
・今村 翔太氏=筑波大学情報科学類

8:15pm – 9:00pm *zoom
■ Session 2
“A New Way of Learning: Cultivating Habits of Mind and Critical Wisdom for the 21st Century/ 21世紀に求められるリーダーシップと素養” [English/英語]
主催(Organizer): Project M’INT
登壇者(Presenters):
・Gloria Tam氏=Associate Dean of Professional Learning and Development at Minerva Project, Executive Director at Yale School of Management Center for Customer Insights
・MC: Tomoe Ueyama氏=Founder of Project M’INT

[Networking Room]

6:00pm – 9:00pm *Remo
Conversation Table
・Pitch登壇企業
・つくば研究支援センター(TCI)
・茨城県
・つくば市

Venture Café Tokyo AMBASSADOR LOUNGE
■イベント名:TSUKUBA CONNÉCT #3
■開催日時:2020年9月4日(金) 4 pm-9 pm JST
■開催場所:オンライン開催 (Zoom)
■参加費:無料
■当日のプログラムと参加申し込み登録はこちら:https://tsukubaconnect-20200904.peatix.com/view

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。