12.8 C
Japan
月曜日, 7月 13, 2020

100億円買収企業のM&A担当者に直接聞く! 「今、買いたい」「今、投資したい」ビジネスとは?

3年で100億円の買収実績を持つウィルグループのM&A担当者に「今、買いたい」「今、投資したい」ビジネスについて直接話を聞けるセミナーを、2019/12/10 (火)16:00から、docks-kamiyacyoにて開催します!

戦略的M&Aの具体的なイメージを持っていただくために、質疑応答や個別相談の時間を多めに用意いたしました。M&Aを検討中に企業様、起業家を目指す皆様のご参加をお待ちしています。
また、スタートアップスクエアと共に売却前提のビジネスを作り、売却まで社長として経営する30歳以下のセミプロ経営者も募集致します。

第一部 「5億円売却前提のインキュベーションとは?」

売却までの設計図を作成する「未来デューデリジェンス」

3年後の事業売却金額を設定し、売却先も想定。
売却先候補や業界知見者へのヒアリング、起業家との面談を繰り返し「3年後の経営の答え」を算出。それをベースに事業を作りこみます。
買い手企業から未来のフィードバックをもらうことにより、より具体的な売却までの設計図を作り上げることができ、どう動けばよいのかが明確になり迷いや無駄がなくなります。

当日はそんな「未来デューデリジェンス」の事例や、ビジネスモデルと資本をスタートアップスクエアが用意した現在進行中の売却前提インキュベーション実例(30歳以下のセミプロ経営者社長と共にビジネスを立ち上げるプロジェクト)をご紹介します。

登壇者
桐谷 晃司 氏 スタートアップスクエア株式会社 代表取締役
1964年大阪府生まれ。1991年人材コンサルティング会社ワイキューブの創業に始まり、3度の起業、1度の倒産、2度の事業売却を経験。
2001年にインターネット関連会社・デジパ株式会社を創業し、社員10名以上が起業するプロ集団に。2018年スタートアップ支援を目的にスタートアップスクエア(株)設立。2019年SUS第1号投資組合設立。著書に「検索せよ、そして動き出せ」(ビジネス社)「いちばんやさしいWebマネジメント教本」(インプレス社)

第二部 
「ウィルグループの買収・投資テーマを直接聞いちゃおう!」

・ウィルグループ事業説明
・ウィルグループのM&Aおよび投資方針
・ウィルグループの買収事例

について、桐谷より公開インタビュー!参加者からの質問などもお受けいたします。

【タイムスケジュール】

15:30~ 開場(受付で名刺を頂戴します。ご準備ください)
16:00~ 第一部「5億円売却前提のインキュベーション」
16:45~ 第二部「ウィルグループの買収・投資テーマを直接聞いちゃおう!」
17:30~ 名刺交換・個別質問会    
18:00  閉会
※当日の状況により、若干前後する可能性がございます。ご了承ください。

執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。