12.8 C
Japan
木曜日, 8月 13, 2020

“Remote tech” スタートアップに聞く、これからの働き方、暮らし方

12月3日、「リモートテック」で大きく変わる、令和時代のライフスタイルを想像する夜。「じゃらんnet」や「RETRIP(trippiece社)」などの旅行サービスの事業開発に従事されて現在エイベックス新規事業推進本部の渡辺 勝弥氏、「世界中住み放題!サブスク型の新しい住居サービス」HafH(ハフ)を展開するKabuku Style 大瀬良 亮氏、「ポートフォリオ簡単作成サービス 」foriioを展開する山田寛仁氏をお呼びして、ピッチとトークセッションを実施します。

暮らしに「旅」を添え、「働く」を足してみる。

自分自身で、自分だけのライフジャーニーを歩める時代が始まろうとしています。 「働きながら旅をする」と何が変わるのか。
始まったばかりの3社の代表と一緒に、これからの働き方の可能性について考えてみましょう。サービス・プロダクトをコミュニティで育てていくことに興味がある方は是非ご参加ください!

開催概要

・日 時:12/3(火)19:00~21:00(18:45開場)
・参加費:500円(docks会員無料)
・定 員:50名
・会 場:dock-Toranomon(東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー4F)
・最寄駅:東京メトロ 南北線 六本木一丁目駅 徒歩6分
     東京メトロ 日比谷線 神谷町駅 徒歩3分
・主 催:KabuK Style, 1ne studio, avex, docks(Creww)
※お時間のある方は、会場にお早めにお越しいただき、dock-Kamiyachoを作業場としてご利用ください。

タイムライン

18:45~19:00:開場
19:00~19:10:オープニング/docks紹介
19:10~19:50:ピッチ
・オープニング/ 渡辺勝弥氏(エイベックス株式会社 新規事業推進本部)
・HafHのご紹介 / 大瀬良亮氏(株式会社 KabuK Style 代表取締役)
・foriioのご紹介 / 山田寛仁氏(株式会社1ne studio 代表取締役)
19:50~20:30:登壇者によるトークセッション
20:30~21:00:ネットワーキング

モデレーター
渡辺 勝弥 氏 エイベックス株式会社 新規事業推進本部
ITSler→株式会社リクルートライフスタイル(じゃらん)→trippiece→ランサーズ株式会社を経てエイベックス株式会社新規事業推進本部へ。新規事業開発立ち上げ、デジマ系コンサルティングなど主な生業としています。
登壇者
大瀬 良亮 氏 株式会社KabuK Style Co-CEO
1983年、長崎県生まれ。2007年に筑波大学を卒業後、電通入社。在京若手県人会「しんかめ」を主宰、原爆の実相を伝える「Nagasaki Archive」発起人として、文化庁メディア芸術祭に出展等。2015年から官邸初のソーシャルメディアスタッフに。2018年4月、つくば市まちづくりアドバイザーに就任。2018年11月、「世界を旅して働く。HafH」リリース。
登壇者
山田 寛仁 氏 株式会社1ne studio 代表取締役
学生時代5年間をニュージーランドで過ごした後、デザインの道へ。制作会社・代理店勤務、複数のスタートアップにてサービスの立ち上げに関わり、フリーランスを経て起業。
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。