12.8 C
Japan
金曜日, 9月 22, 2023

Crewwが選出する「イノベーションアワード2023」がカンファレンスにて表彰!

2023年7月31日(月)に、グローバルイノベーションをテーマにした『Global Innovation Conference 2023 〜大挑戦時代をつくる〜』が開催されます。本カンファレンスの中で、2012年から約10年間、国内のオープンイノベーションの支援を続けてきたCrewwが「イノベーションアワード」を主催。直近の実績を基に、優れたオープンイノベーションの事例、スタートアップ企業、グローバル事例に対して表彰を行いますので、選出されたプロジェクトや企業にぜひご注目ください。

イノベーションのパイオニアとして活躍する企業を称える「ファーストチャレンジ賞」

7/31開催!Creww、グローバルイノベーションカンファレンス2023

2023年6月28日

「イノベーションアワード」では、2つの賞が授与されます。1つ目は「ファーストチャレンジ賞」です。この賞では、イノベーションのパイオニアである企業を讃えます。直近2〜3年にわたり初めてオープンイノベーションプログラムを開催し、スタートアップと共創しながら新しい事業の創出を推進している企業に贈られます。積極的なイノベーションへの取り組みと協業の成果をたたえ、ビジネスの領域を拡大するリーダー企業を選出。挑戦を恐れず、未知の領域で活躍する企業の努力と成果を称賛し、新たなビジネス創出の模範となる企業を表彰します。

今年のファーストチャレンジ賞には、株式会社常陽銀行、株式会社熊平製作所、三井物産株式会社が選出されています。どの様なチャレンジをしてきたのかご注目ください。

株式会社常陽銀行について

茨城県水戸市に本店を構える常陽銀行は「地域とともにあゆむ価値創造グループ」を長期ビジョンに掲げ、持続可能な地域社会の実現に貢献し、地域に必要とされるグループであり続けることを目指しています。その実現に向け、様々な地域課題の解決に向けた新事業の創出・事業領域の拡大に取組んでいます。

株式会社熊平製作所について

株式会社熊平製作所は入退室管理システム、セキュリティゲート、録画監視システム、鍵管理システムなどのセキュリティシステムから、金融機関向けの大規模な金庫室設備や貸金庫設備にいたるまで、幅広いセキュリティ製品を手がける総合セキュリティ企業です。
当社は1898年(明治31年)に創業者である熊平源蔵が金庫の販売・修理を目的に熊平商店(広島市天神町)を設立したことを起点とし、創業126年目の現在もお客様の大切なものを守り続けています。

三井物産株式会社について

金属資源、エネルギー、プロジェクト、モビリティ、化学品、鉄鋼製品、食料、流通事業、ウェルネス事業、ICT事業、コーポレートディベロップメントの各分野において、全世界に広がる営業拠点とネットワーク、情報力などを活かし、多種多様な商品販売とそれを支えるロジスティクス、ファイナンス、さらには国際的なプロジェクト案件の構築など、各種事業を多角的に展開

成長が著しく、世界的な活躍が期待されるスタートアップ企業を称える「グローバルチャレンジ賞」

2つ目の賞は「グローバルチャレンジ賞」です。この賞は、革新的なビジネスモデルや市場での競争力を持つスタートアップに焦点を当て、国際的な注目とビジネス成果の拡大を支援します。

今年のグローバルチャレンジ賞の候補者には、株式会社TOMUSHI、株式会社Sportip、LocationMind株式会社がノミネートされました。これらのスタートアップ企業は、革新的なアイデアと実行力を持ち、市場での競争力を高めています。彼らの成長と成功にご注目ください。

株式会社TOMUSHIについて

https://creww.me/ja/startup/2utdvw6ss
カブトムシで農業残渣を処理し、商品化から販売までを一貫して実施しているスタートアップです。昆虫の力でゴミを資源化し、世界の食料不足の解消をめざしています。

〜なぜやっているのか〜

カブトムシが好きだからです。カブトムシが世界を変えると信じています。
弊社はカブトムシの可能性を信じ、研究を続けた結果「-20度の環境にも耐え、廃棄物を食べて育つカブトムシ」が誕生しました。
また、「農業残渣を処理し大量にカブトムシを生産する技術」を確立しております。
これらで生産されたカブトムシを食用にすることで世界が迎えるタンパク質危機を解決するのが弊社の目標です。
(※Crewwスタートアップサーチより転載)

株式会社Sportipについて

https://creww.me/ja/startup/sportip
身体動作の指導領域(フィットネス・スポーツなど)にて『一人に”ひとつ”のコーチを』提供することをミッションとし活動している筑波大学発テックベンチャーです。

Sportip(アプリ)について

フォーム分析を通じてあなたに最適化された練習メニュー・トレーニングを提供します。身体動作領域を事業領域に置いているので、スポーツ・介護・リハビリなど幅広い対応が可能です。

〜なぜやっているのか〜

私はスポーツを病気で断念しています。その理由はスポーツの指導者が私の身体特性に応じた指導ができず、経験に依存した指導を行うことで先天的な疾病が悪化したためです。その経験から私は個人に最適化された指導の重要性を実感し、AIを開発しています。
(※Crewwスタートアップサーチより転載)

LocationMind株式会社について

https://creww.me/ja/startup/locationmind
東京大学柴崎亮介研究室発の位置情報AIベンチャーです。位置情報ビッグデータのAI解析によって様々な領域のお客様にEnd to Endのサービスを提供します。東京大学柴崎研究室の技術を基盤に次世代技術の発展に欠かせない位置情報分析の社会実装を進めます。

〜なぜやっているのか〜

当社は東京大学 空間情報科学センター 柴崎亮介研究室による位置情報AIベンチャーです。研究室で長らく開発された技術の社会実装と普及を目指しております。

空間情報科学が提供する応用的分析は新型コロナウイルス等でも非常に高いニーズが寄せられたように、世界中のあらゆる「いつ・どこで・何が・なぜ」起きたのかを追究する活動です。関与するプロジェクトは産業・テーマ・国を選ばず多様で、当社がお役に立てる領域があれば知的好奇心をもって取り組ませて頂きます。
(※Crewwスタートアップサーチより転載)

最後に

『Global Innovation Conference 2023』では、さまざまな分野からの登壇者も集まり、それぞれの経験や知見を共有する場が提供されます。イノベーションに取り組む企業やスタートアップの成果を讃えるとともに、彼らの取り組みからノウハウを得る機会としてぜひご活用ください。

Facebook コメント

Featured

【協業案募集】土や人が築く未来。| 建設業の働き方改革に挑むTSUCHIYAの挑戦!

【オープンイノベーションインタビュー】土木事業をルーツに、国内建設事業を主軸に置きながら、海外事業、航空事業、環境事業と合わせて4つの事業リソースを有する「TSUCHIYA」。【継承と挑戦】が自らの役割ー。そう語る代表取締役会長兼社長 土屋智義氏の先見の明が、設立70周年を迎える「TSUCHIYA」を築き上げてきました。 成長を止めない同社が、今、アクセラレータープログラムを開催する理由は何か。スタートアップにとって「TSUCHIYA」と共創する魅力とは何か。常務取締役執行役員 増田亮一氏にお話を伺いました。 #募集 #TSUCHIYA #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #共創 #協業 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【協業案募集】製造業の現場から、世界の産業界を変える!|リックスが挑むイノベーション

【スタートアップ募集】2022年に創業115年を迎えた「リックス」が、2023年8月にアクセラレータープログラムを開催します。不透明な時代の変化に対応しながら、独自の製品やサービスの提供で製造現場を支えてきたリックスが、初のプログラム開催に至った背景や、スタートアップとの共創に期待するものとは。リックス株式会社の代表取締役 社長執行役員 安井 卓氏にお話を伺いました。 #リックス #アクセラレータープログラム #共創 #スタートアップ #メーカー商社 #Creww #大挑戦時代をつくる

【三井物産 × スタートアップ4社】スタートアップとの共創!三井物産が切り開く未来とは

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】鉄鋼製品のトレーディングを起点に、鉄に限らない製造業、メンテナンス業、デジタルプラットフォーム業へと展開を進める三井物産株式会社の鉄鋼製品本部。同本部は、2022年12月に『三井物産スタートアップ共創プログラム 2023 Ver1』と題した同社初となるアクセラレータープログラムを開催した。産業課題・顧客の潜在的ニーズを先取りした新たな事業の共創を目指した本取り組みから、どのような成果が生まれたのだろうか。三井物産株式会社 鉄鋼製品本部 戦略企画室の長谷川明彦氏に話を伺った。 #三井物産 #三井物産スタートアップ共創プログラム2023 #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】<日本初> 静岡県の浜松・湖西・袋井3市合同で、スタートアップの実証実験をサポート!

【オープンイノベーションインタビュー】浜松市では、令和元年度からいち早く 、全国のスタートアップと共に地域課題を解決すべく、庁内の各分野を所管する原課 を巻き込んでさまざまな実証実験に取り組んできた。 このノウハウを活かし、今年度からは近接する湖西市と袋井市も加わって、遠州地域 3市が合同でスタートアップの実証実験サポート事業を実施することが決定した。 スタートアップにどんなメリットがあり、3市が合同で取り組むことによりどんな未来が訪れるのか。浜松市産業部スタートアップ推進課の米村仁志課長、湖西市産業部産業振興課の工藤崇裕課長、袋井市産業部産業未来課の廣岡芳康課長に話を伺った。 #募集 #浜松市 #湖西市 #袋井市 #静岡県 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント
jaJA