12.8 C
Japan
火曜日, 8月 9, 2022

『SXSW2023』来年3月開催!スタートアップピッチ「SXSW Pitch」の出演者公募第一弾スタート!

SXSW2023は、米国テキサス州オースティンにて、2023年3月10日〜19日の日程での開催が予定されています。6月28日から、来年のSXSWのいくつかのコンテンツに於いて、出演者の公募第1弾が開始されました。SXSWのカンファレンスにて自身のアイデアを発表するセッションが開催できるPanelPicker®、スタートアップのピッチ大会であるSXSW Pitch、音楽アーティストがショーケースライブを行うMusic Festivalの3つカテゴリでの募集を開始しました。

SXSW2023とは

SXSW2023は、米国テキサス州オースティンにて、2023年3月10日〜19日の日程での開催が予定されています。来年もリアルとオンラインを組み合わせた、ハイブリッドなイベントとしての開催予定です。

世界最大級のビジネス・カンファレンス&フェスティバルと呼ばれ、世界中からクリエイティブな人々が集まるSXSWでは、毎年様々なコンテンツの出演者を公募システムによって募集しています。大企業から個人の起業家、ベテランから若手アーティストまで、規模の大小に関わらず、誰にでもステージに立つチャンスが与えられている事がSXSWの特長であり、実に多様なトピックが混在するSXSWの独自性を形作っています。

その第一弾として、来年3月のSXSW2023に向けて、PanelPicker®、SXSW Pitch、Music Festivalの3つの公募が6月28日(オースティン現地時間)から始まりました。

SXSWで自身のアイデアを世界に向けて発信するセッションを開催:PanelPicker®

SXSWのカンファレンス部門では、KeynoteやFeatured Sessionと呼ばれる著名なスピーカーが登壇するセッションが目立ちますが、それ以外にも例年2000を超えるセッションが、大小さまざまな会場にて開催されています。その多くはPanelPicker®と呼ばれる公募システムによって選ばれたものです。この公募システムによって、SXSWは常に革新的なアイデアが世界中から集まるイベントとして開催されています。

「SXSWではコミュニティが重要な役割を果たします。だからこそPanelPickerは毎年カンファレンスの多くのプログラムを支えているのです。この仕組みにより、米国内および世界中から集まった何千人ものクリエイティブな専門家、経験豊富なエキスパート、情報通の参加者等と繋がることができるのです。PanelPickerによって、このグローバル・コミュニティから最も革新的な新しいアイデアを特定し、SXSWが刺激的でタイムリーなトピックが議論されるイベントであり続ける事ができます。」
ーHugh Forrest, SXSW Chief Programming Officer

PanelPicker®では、まず登壇したい人々からのセッションアイデアを広く募集し、その後各セッションアイデアに対する一般投票を受け付けます。その投票の結果を考慮しながら、SXSWスタッフとアドバイザリーボードによって、最終的にSXSWで開催されるセッションが決定します。

毎年数えきれないほど多くのセッションアイデアが集まるため、非常に狭き門ではありますが、自身のセッションアイデアがSXSWコミュニティにどのように受け止められるのか、試すことができるチャンスです。

※採用されたスピーカーにはSXSW2023のバッジが提供されます。
今年のセッションアイデアの受付期間は6月28日から7月24日まで、その後の一般投票期間は8月9日から21日までです。(いずれもオースティン現地時間)

PanelPicker®について詳しくはこちらのページをご覧ください。
https://www.sxsw.com/news/2022/enter-your-session-idea-sxsw-panelpicker-2023/

日本のスタートアップも挑戦するピッチ大会:SXSW Pitch

SXSWで行われるスタートアップのピッチ大会SXSW Pitchへのエントリーも開始されました。SXSW Pitchには、2009年から2021年にかけて計572社が参加し、82%以上が資金調達を受け、145億ドルを超える買収を実現しています。過去にはAppleに買収される前のSiri等も登壇しています。

2022年は9つのカテゴリーで、5社ずつのファイナリスト、計45社がピッチを行いました。
ファイナリストに選ばれると、SXSWの会場で投資家やオーディエンスに対してピッチを行い、自社のサービスやプロダクトのアピールができます。また、SXSW本番まではオンラインでピッチのコーチングを受ける事ができ、ファイナリストやSXSW Pitch卒業生のコミュニティに入る事ができるといった大きなメリットもあります。

近年は、日本からもスタートアップ企業がファイナリストに選ばれています。2019年にはStrolyがファイナリストに選ばれ、その後2022年にはOfficial Map SponsorとしてSXSWに参加しています。2022年のSXSW Pitchでは、I’mbesideyouとZeBrandの2社がファイナリストとしてピッチを行いました。

SXSW Pitchについて詳しくはこちらのページをご覧ください。
https://www.sxsw.com/interactive/2022/apply-to-pitch-your-startup-at-sxsw-pitch-2023/

新人アーティストの登竜門とされる音楽フェスに出演:Music Festival Showcasing Artist

SXSWは元々音楽のイベントとしてスタートしました。オースティンは昔から音楽の街として知られており、街中には数多くのライブハウスやバーが点在しています。会期中にはこれらの会場でライブイベントやパーティーが連日開催され、街全体を使った音楽フェスティバルとなります。この音楽フェスティバルに出演するアーティストの多くも、公募によって選出されています。

その他の商業音楽フェスティバルとは異なり、SXSWは業界関係者に向けた見本市としての側面があります。世界各国のイベンターや音楽フェスのブッキングマネージャーが、新たなアーティストを発掘する目的で訪れており、SXSWへの出演をきっかけに世界的にブレイクしたアーティストは数え切れません。その他にも、SXSWに集まる多様なプロフェッショナルや、世界中のアーティスト同士が繋がる機会を提供しています。日本からも毎年多くのアーティストがSXSWに参加しています。

Music Festival について詳しくはこちら
https://www.sxsw.com/music/2022/apply-to-showcase-at-the-sxsw-2023-music-festival/

SXSW2023は3月10日から19日の日程で開催予定

SXSW Japan Officeは、より多くの日本人がSXSW2023に参加できるように、これから来年3月に向けて活動していきます。その他のプログラムや展示会への出展募集の詳細や、視察参加のためのバッジ販売スケジュールなど、今後も新たな情報が発表され次第、随時発信します。

最新情報は、Japan OfficeのSNSアカウントでも発信されます。
https://twitter.com/SXSWJapan
https://www.facebook.com/sxswjapan

2023年10月にはSXSW Sydneyの開催も決定

2023年10月15日~22日の期間で、オーストラリアのシドニーにてSXSW Sydneyが初開催される事が発表されました。米国オースティンでのSXSW同様に、音楽/映画/テクノロジー等の様々な業界が集まる複合イベントとなる予定です。

SXSW Sydneyに関する最新情報はこちら
https://sxswsydney.com/

SXSW2022の2つの日本語レポートを無料公開中

SXSW Japan Office / VISIONGRAPHではSXSW2022に関する2つのレポートを無料公開しています。下記のリンクからそれぞれダウンロードが可能です。是非カンファレンスへの応募や展示会への出展、マーケティングのヒントを探してみてください。

セッションの傾向を知りたい人に!
【SXSW2022から読み解く未来の兆し】
https://miraiyoho.com/forecasts/sxsw2022futurereport

出展・マーケティングを行いたい人に!
【SXSW2022 企業マーケティング施策レポート】
https://miraiyoho.com/forecasts/sxsw2022report-exhibitor

SXSWとは?

毎年3月にアメリカ・テキサス州オースティンで開催される、音楽、映画、インタラクティブをテーマにした巨大ビジネスカンファレンス&フェスティバルです。
1987年にインディーズの音楽祭としてはじまり、のちに映画とインタラクティブを加えて、現在は10日間で数万人を集める世界最大級のイベントになっています。
10日間で開催地オースティンにもたらす経済効果は約380億円。行政・民間・市民ボランティアが連携して行なわれる、30年間続くイベントです。
これまでにTwitter、Pinterest、Spotifyなどのネット系サービスや、The White Stripes、Norah Jones、Franz Ferdinandといったアーティストが「SXSW」での受賞や出演を機に世界的なブレイクを果たすなど、スタートアップやカルチャーシーンにおいて、重要な役割を果たしてきました。
https://www.sxsw.com/

VISIONGRAPH Inc. / 未来予報株式会社について

東京を拠点にしたイノベーションリサーチをベースに、コンセプトメイキング及び企業の未来像コンサルを行う。様々な示唆に富む{あるかもしれない}未来の予報を提供し、多くのインスピレーションを与え、より良いコンセプトや戦略をデザイン。2019年より米国最大級のビジネスカンファレンスSXSW(サウス・バイ・サウスウェスト)の日本事務局であるSXSW Japan Offficeとしても活動中。

社名未来予報株式会社
設立2016年09月
所在地東京都新宿区高田馬場1-7-9 サンケイマンション401号室
代表者曽我 浩太郎
URLhttp://miraiyoho.com
・著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない! 」からイノベーションの予兆をつかむ』(インプレス社, 2017)
https://miraiyoho.com/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【三友プラントサービス×mint】循環型社会を実現|行動変容を促すLINE LIFFアプリの協働開発

【Creww Growth 活用協業事例】廃棄物処理事業のパイオニアである三友プラントサービス株式会社は、産業廃棄物を適正に処理する焼却処理事業に加え、廃棄されたものを「資源」へと活かす新たな事業の創出を求め、アクセラレータープログラムを開催。採択されたのは、会員制サービスやロイヤルティプログラムをローコードで作れるSaaSの開発運営を行っているスタートアップmint株式会社です。具体的な協業内容から、未来に臨むサービスの展望まで、株式会社三友環境総合研究所の増田氏・栗原氏、mint株式会社代表の田村氏にお話を伺いました。 #三友プラントサービス #三友環境総合研究所 #mint #カーボンニュートラル #廃棄物処理事業 #アクセラレータープログラム #SaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント