12.8 C
Japan
火曜日, 12月 6, 2022

【無料セミナー】失敗・成功事例に学ぶこれからの新規事業の立ち上げ方 ~オープンな社外連携から生まれるイノベーション~

Creww株式会社・ユーアイ精機株式会社・みらいコンサルティンググループ共催による、中堅・中小企業の経営者・新規事業担当者に向けた無料セミナー「失敗・成功事例に学ぶこれからの新規事業の立ち上げ方~オープンな社外連携から生まれるイノベーション~」が、3月23日(水)にオンラインにて開催されます。

セミナー開催の背景

「既存事業がいつまで存在するのかわからない」という先行きが不透明な時代に

現在コロナ禍での環境変化により、ビジネス構造が変革する過度期であり、新規事業の創出、既存事業の変革、デジタル化(DX推進)が急務となっています。また、技術革新が進む中で、既存事業がいつまで存在するのかわからないという先行きが不透明な時代であり、ますます事業領域の変革が必要となってきます。
 
しかし、「新規事業に挑戦したいが、リソース不足で思うように進まない」「社内だけではなかなか良いアイディアが生まれてこない」「世の中の流れについていけていないように感じる」といった悩みを持っている経営者・事業責任者の方も多いのではないでしょうか。
 
そんな中、自社だけでなく社外のリソースを活用しサービス開発や組織変革を生み出す「オープンイノベーション」のニーズが高まっています。

今回のセミナーでは、「オープンイノベーション」の考え方を、失敗・成功事例と共にご紹介。また後半では、実際にオープンイノベーションに取り組んだユーアイ精機株式会社 代表取締役 水野 一路氏が、パネルディスカッションを通し、オープンイノベーションのリアルを語ります。

セミナー概要

開催日時2022年3月23日(水)11:00~12:00
開催場所:WEBセミナー(オンライン開催)
定員  :100名(先着順)定員になり次第締め切らせていただきます。
参加費 :無料
開催方法:WEB
予約方法: 参加申し込みいただいた方へ、WEBセミナー用URLをメールにてお知らせします。

プログラム

【第1部】
なぜオープンイノベーションが求められるのか? ~中堅・中小企業の解決すべき経営課題とは~
■ みらいコンサルティング株式会社 取締役 西村 洋一氏

【第2部】
オープンイノベーションを活用した課題解決~失敗・成功事例のポイント~
オープンイノベーションプログラムの開催とエントリーを通じて、企業とスタートアップの双方が”成長”できる仕組みを提供する、成長プラットフォーム「Creww Growth」の紹介
■ Creww株式会社 取締役 COO 水野 智之氏

【第3部】
パネルディスカッション ~オープンイノベーションのリアル~
オープンイノベーションに取り組んだ背景と現状の取り組みについて事例を踏まえてディスカッション
■ ユーアイ精機株式会社 代表取締役 水野 一路氏
■ Creww株式会社 取締役 COO 水野 智之氏
■ みらいコンサルティング株式会社 取締役 西村 洋一氏

登壇者紹介

登壇者
水野 一路(ミズノ カズチカ)氏 ユーアイ精機株式会社 代表取締役

1964年8月、名古屋市生まれの現在57歳。
小学校の頃から「モノづくり」が好きで、小学6年生の時にアマチュア無線の資格を取る(今なら、Iot機器を自作している感じ)。
父親の会社を継ぐことは、運命と思いながら納得はしていなかったため、その意志を感じた父親が、大学卒業時の1987年に、別の事業<プラスチック金型製作>を用意、技術者の方と共同で経営を行っていた。
2006年に父親の死去に伴い、父親が創業した「ユーアイ精機(株)」を引き継ぐ。
自身の経営力を考えて、2つの事業を行う力が無いと判断し、将来性があると感じた父親の事業を選択、自分が行っていた事業は縮小を選んだ。
父親の事業を継続する中で、ユーアイ精機(株)の本業の試作事業は、自分がやってみたかったことと一致していた事に気づき「開発」「研究」にさらに力を入れる事になった。
それを継続していくなかで、スタートアップとのオープンイノベーションを通じた多数の協業を実現。思いもしなかったVR講師としてVR工場見学を通じて授業を行い、児童・生徒の技能者への憧れ、モノづくりへの関心を高める活動に邁進中である。

【ユーアイ精機株式会社】
1969年創業 従業員14名。自動車関係のプレス試作品製作を主に行なっている試作メーカー
会社HP:http://www.yuai-seiki.co.jp/
YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/user/YuuAiSeiki
※若手へのスムーズな技能伝承という課題解決のため、スタートアップと協業しVRやスマートグラスを活用した取り組みを実施。

登壇者
水野 智之氏 Creww株式会社 取締役COO

1977年生まれ。神奈川県出身。
日本の高校を卒業後、アメリカの大学へ進学。
これまでに複数のIT系ベンチャー企業で営業や経営に携わった経験を活かし、2013年にCreww株式会社に入社し、2017年に同社取締役に就任。Crewwではこれまで270回以上のアクセラレータープログラムに携わり、750 件以上の事業採択を生み出すオープンイノベーション事業の統括責任者を務める。
また内閣府や総務省などの行政機関との連携も図っており、全国の自治体や大学での講演も多数行っている。

<主な取り組み・活動>
・内閣府 知的財産戦略推進事務局 価値共創タスクフォース委員会
・総務省 地域IoT官民ネット IoTデザインガール 講師
・一般財団法人ベンチャーエンタープライズセンター ベンチャー白書2018寄稿
・金沢大学教育訓練プログラム検討委員会メンバー
・その他各地方行政や業界団体や大学での講演の実績多数

【Creww株式会社】
2012年の創業以来、企業とスタートアップによる新規事業創出を目的としたオープンイノベーションプログラムを多数開催し、開催実績は国内No.1。現在、Crewwが運営するオープンイノベーションプラットフォームには約6000のスタートアップが登録。
会社HP:https://creww.me/

登壇者
西村 洋一(ニシムラ ヨウイチ)氏 みらいコンサルティング株式会社 取締役

会計事務所を経てみらいコンサルティングへ。
会計税務、IPO支援の他事業承継や企業再編など企業経営の管理業務支援の責任者として多数の実績あり。
現場のコンサルティング業務経験を活かした中小中堅企業向けの管理系サポートアプリ開発に尽力。
主な著書として「中小企業の勝ち残る事業承継」「企業再編・組織再編実践入門」その他、金融機関等でのセミナー実績多数。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント