12.8 C
Japan
月曜日, 8月 15, 2022

人生を大きく変えた一冊。丹羽宇一郎著 『人は仕事で磨かれる』。

多くのトップ経営者がそうであるように、Z-Works代表の小川氏もまた「読書」を習慣としている。今回は、同氏が特に感銘を受けた一冊とのエピソードを通して、経営者にとっての「読書」効果を探る。
※この記事は、2019年5月23日、STARTUPismにて公開された記事を転載しています。

株式会社Z-Works(ジーワークス) 代表取締役 共同経営者 小川 誠氏

経営トップには「読書」を習慣としている人が多い。ソフトバンクの孫正義氏、ファーストリテイリングの柳井正氏、マイクロソフトのビル・ゲイツ氏、ウォーレン・バフェット氏――など、そうそうたる経営トップが愛読家として知られている。また、大手企業でなくとも、習慣として「読書」を挙げる経営者は少なくない。忙しい彼らが大切にしている「読書」の時間は一体どんな効果をもたらしているのだろうか。

IoT介護サービスを提供するZ-Worksの小川氏も例外ではない。昔から多くの読書を楽しんできた彼は、さまざまなジャンルの本を読み、知識を吸収しては人生の学びとしてきた。起業してからはビジネス書を読むことが多くなったそうだが、そこには多くのビジネスに役立つヒントや知識が書かれていると話す。起業してからは、サラリーマン時代とは異なり視点が大きく変わった。他人に指示されるのではなく、あらゆることを自ら決断し、会社という組織を導いていかなければならないからだ。全責任は自分にある。自分の下した決断によっては会社の未来が変わるといっても過言ではない。

経営者になってこそ知り得るプレッシャーを力に変えてくれたのが「読書」であった。さまざまな成功者の著書を読みあさっては知識に変え、経営者としての心構えや経営感覚を養う手段としても役立てた。中でも特に感銘を受け、今でも大切にしている本は、元伊藤忠商事社長・丹羽宇一郎氏の『人は仕事で磨かれる』だという。多額の負債を抱えていた伊藤忠商事の業績を就任からわずか4年で過去最高益となるの705億円の黒字を計上するまでに回復させた経営手腕もさることながら、努力し続けることの大切さ、精神力の磨き方、現場主義など、丹羽氏の生き様にも衝撃を受け、経営の師として仰いでいる。また、丹羽氏の社長時代のエピソードとして、毎日電車通勤というエピソードが書かれていたことが忘れられないとも話す。日本を代表する大企業の経営トップながら、社長となってからも社員と一緒に満員電車に揺られて通勤するスタイルを続け、苦労した若手時代の気持ちを忘れないよう自身の戒めとしていた姿勢や、電車の中をマーケティングに格好の場と捉え、中づり広告や、乗客の持ち物、服装などを注意深く観察し、通勤時間を消費動向や景気動向の把握の時間に充てていたという経営者としての時間の使い方にも衝撃を受けたからだ。

人は上の立場になったとき、その人の人間性が表れることが多い。新たな領域であるIoTという技術を駆使した「がんばらない介護」の実現やQOL(生活の質)の向上を目指す一起業家として、この先何が起ころうとも初心を忘れず現場主義を貫くことを心に誓っていると教えてくれた。「仕事」、「成功」などと考えるとビジネス書を連想しがちであるが、「生きていく」という視点で考えると人生を大きく変える出会いやヒントはビジネス書だけでなく、小説や絵本の中にもあるかもしれない。これから起業を考えている人にもそうでない人にも、自分を成長させ人生を豊かにするために人生のバイブルとなる一冊をぜひ見つけてほしい。

社名株式会社Z-Works
設立2015年4月30日
資本金東京都新宿区下落合4-21-19 目白LKビル7F
代表者代表取締役共同経営者 小川 誠、代表取締役共同経営者 高橋達也
事業概要「IoTデバイス」「インテリジェンス」「統合プラットフォーム」で構成される独自のクラウドサービスを提供
URLhttps://www.z-works.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【三友プラントサービス×mint】循環型社会を実現|行動変容を促すLINE LIFFアプリの協働開発

【Creww Growth 活用協業事例】廃棄物処理事業のパイオニアである三友プラントサービス株式会社は、産業廃棄物を適正に処理する焼却処理事業に加え、廃棄されたものを「資源」へと活かす新たな事業の創出を求め、アクセラレータープログラムを開催。採択されたのは、会員制サービスやロイヤルティプログラムをローコードで作れるSaaSの開発運営を行っているスタートアップmint株式会社です。具体的な協業内容から、未来に臨むサービスの展望まで、株式会社三友環境総合研究所の増田氏・栗原氏、mint株式会社代表の田村氏にお話を伺いました。 #三友プラントサービス #三友環境総合研究所 #mint #カーボンニュートラル #廃棄物処理事業 #アクセラレータープログラム #SaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント