12.8 C
Japan
火曜日, 2月 7, 2023

スタートアップイベントが人生の転機に。

近年外国人起業家は増加傾向にあり、ここ5年で約2倍という数字が公表されている。彼らが日本を挑戦の場に選んだ理由やきっかけは一体何であろうか。2018年8月に起業したLike Payの創業者イーゴリ・ヴォロシオフ氏に体験談を聞いた。
※この記事は、2019年7月11日、STARTUPismにて公開された記事を転載しています。

外国人起業家が日本を挑戦の場に選んだ理由

日本で起業をする場合、起業準備としての事業計画の作成、会社設立、事業の許認可取得、経営管理ビザの取得、資金調達、経営管理ビザの更新――など、約6つのステップを踏むことが一般的であり、手続きは極めて煩雑である。
また、欧米諸国とは異なる商習慣・労働法の基準、特に言葉に関しては大きく壁が立ちはだかるが、それでも近年外国人起業家は増加傾向にあり、ここ5年で約2倍という数字が公表されている(法務省HPより)。彼らが日本を挑戦の場に選んだ理由、きっかけは一体何だろうか。

Like Payの創業者イーゴリ・ヴォロシオフが日本でスタートアップ企業を立ち上げたのはなぜか?

現在、東京大学大学院において勉学に励む傍ら、2018年8月に起業したLike Payの創業者として精力的に活動するイーゴリ・ヴォロシオフ氏は、モスクワ大学在学中に日露学生フォーラムに参加したことをきっかけに実際に日本を訪れたことで日本という国に強く興味を抱いた。
在学中には半年間の交換留学を果たし、卒業後はモスクワにある日本の大手商社に就職しようと門戸をたたいた。しかし、最終面接まで順調に進んでいたものの、もっと日本に触れたという想いが捨てきれずに最終面接を辞退し、東京大学大学院に進学を決めたという。

起業を決めたのは「ただ日本が好きだから」ではない。東京の大学院に進学したことで日本の地で就職することを大前提に考えていた故、さまざまな就職フォーラムへ積極的に参加し、実際に数社からオファーも受けた。
しかし、話を聞くたびにとてつもなく暗い気持ちになり、会社に勤務する未来を描くことができなかった。昨今、「グローバル」という言葉をよく耳にするが、外国人の彼にとっては、異なる言葉を話す“日本人”として扱われることだと違和感を覚えたわけである。

先輩外国人起業家にもらった勇気

そのような中、大学院の友人に誘われ、とあるスタートアップイベントに参加したことがきっかけとなり彼の人生は大きく変わった。
初めて参加したイベントでは、在日外国人が起業家として悠然と斬新なアイデアやビジネスモデル、そして実際に日本で成功した話をしており、とても輝いて見えた。前述の通り企業への就職が全くといっていいほど考えられなかった彼は、未知との遭遇を果たしたかのように、これこそ自分の突き進む道だと決意し、スタートアップとして挑戦する道を選んだ。先輩外国人起業家に勇気をもらったのだ。

これと決めたら突き進む性格だと豪語する彼は、勉学に励む傍ら着実に起業を果たしたわけであるが、日本での起業はそうたやすくはなかったと振り返る。元々日本語を専攻していたため言葉の障壁はさほどなかったものの、日本特有の「本音と建て前」の文化や、法務的な障壁にぶつかった。まず始めに苦労したのは「印鑑証明書」だった。

ロシアには印鑑証明書というものがなく、その意味の理解と作成にも時間を要した。次にぶつかったのは、投資家から出資を受けられる状態だったにもかかわらず、銀行口座の開設に10行程度に断られ、口座の開設がなかなかできなかったことだった。後で分かったことだが、登記簿上に記載した情報で銀行の審査を通過することができなかったのだ。本社所在地はコワーキングスペース、資本金は1万円、代表はイーゴリ氏ではなく当時ロシア在住の兄を据えていたというのが理由だったようだ。

外国人企業家が日本でスタートアップ企業を立ち上げるメリットとは?

では、起業を目指す外国人にとっての環境として日本は最悪なのかというとそういうわけでもない。このような煩雑な事務手続きは、起業するにあたって必ず乗り越えなければいけないハードルであるが、発達したテクノロジーや整備されたインフラをはじめ、優れた人材を確保できる可能性が高く、少ない資金で事業を運営することも可能だ。
また、優れたビジネスモデルに複数社が一斉に名乗りを上げるシリコンバレーをはじめとする欧米諸国に比べると、競争環境はそこまで厳しくない。

2019年6月11日、政府は国家戦略特区諮問会議において外国人留学生による起業を促進するため、原則不可となっている大学に在学しながらの在留資格切り替えを認めるよう見直す方針を固めた。
今月下旬に閣議決定する成長戦略に盛り込む予定だという。現行制度では、「留学」の在留資格で来日した外国人留学生が起業する場合には、原則卒業後か退学後に一度帰国し、必要な資格を取り直す必要があったわけであるが、地域での起業を活性化する観点から、在学中の資格切り替えが可能になるよう制度改正を検討するようだ。規制緩和に伴いイーゴリ氏のような外国人起業家が増えていけば、スタートアップ業界に新たな化学反応が起こるに違いない。

社名株式会社Like Pay
設立2018年8月16日
資本金〒105-0001 東京都港区虎ノ門四丁目3番1号城山トラストタワー4階
代表者代表取締役 ヴォロシオフ・イーゴリ
取締役 ヴォロシオフ・セルゲイ
URLhttps://www.likepay.co/


Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント