12.8 C
Japan
水曜日, 9月 23, 2020

起業家と投資家のマッチングプラットフォームStartupListが株式型クラウドファンディング・私募債・ファクタリング・融資をサポート

プロトスターが展開する、「Startup List」はクラウドファンディングで株式を売買し資金調達をおこなう「株式型クラウドファンディング」、社債を発行して資金調達をおこなう「私募債」、売掛金で資金調達をおこなう「ファクタリング」、借り入れで資金調達をおこなう「融資」、のサポートを開始する。各資金調達についてはそれぞれパートナー企業と連携しての支援を行う。

Startup Listとは

Startup Listは、「投資を受けて事業を成長させたい起業家」と「相乗効果のある有望な事業を支援したい投資家」を繋げ、双方に最適な一期一会を提供するプラットフォームである。
これまで、新株を発行して資金調達をおこなう「エクイティファイナンス」の支援として、起業家と投資家のマッチングを展開してきた。今回新たに、株式型クラウドファンディング、私募債、ファクタリング、融資についても、サイト上で問い合わせがおこなえるようにアップデートされ、実際の資金調達を以下のパートナー企業とサポートしていく。

Startup Listがサポートする各社について

▶︎株式型クラウドファンディング:FUNDINNO(株式会社日本クラウドキャピタル)

株式型クラウドファンディング:FUNDINNO(株式会社日本クラウドキャピタル)第一種少額電子募集取扱業者 関東財務局長(金商)第2957号
株式投資型クラウドファンディングとは、スタートアップ企業がWEBサイト上で株式及び新株予約権の募集を行い、審査を通過した投資家から少額ずつ資金を集める仕組みである。

▶︎私募債:Siiibo(株式会社Siiibo)
社債発行をもっと簡単にと、連帯保証・担保が不要で、信用力も向上する柔軟で機動的な資金調達を提供する。



▶︎ファクタリング:MF KESSAI アーリーペイメント(MF KESSAI株式会社)

MF KESSAI アーリーペイメントは、売掛金を早期資金化できるファクタリングサービスである。1%~という業界最安水準の手数料率と東証マザーズ上場マネーフォワードグループの信頼性で、安心・安全に利用できる。原則、非対面の手続きで完結するため、コロナ禍においても素早い資金調達が可能である。
※StartupList上での連携は、システムの実装次第スタートとなる。

▶︎ファクタリング:OLTA クラウドファクタリング(OLTA株式会社)

OLTA(オルタ)は、オンライン完結型のファクタリングサービスを通じて「オフィスにいながら資金調達」を実現する企業である。MUFG Digital アクセラレータ第2期に採択され、サービス提供開始後、約2年で申込総額は200億円を突破。全国どこでも請求書を最短即日で資金化できる。

▶︎融資:株式会社INQ

INQは、スタートアップの融資支援に特化した専門チームである。 スタートアップの諸事情やビジネスモデル、エクイティとの兼ね合い等も考慮し、これまで累計600社以上(年間約130社・10億円超)のスタートアップの創業融資を成功させている。シード〜シリーズAの様々な状況に柔軟に対応し、融資成功への最適なルートを提案する。

今後もStartup Listは、起業家と投資家に一期一会を提供することで、挑戦者とともにより良い世界の創出に寄与すべく活動する。

Startup Listのサービス特徴とは

Startup List(https://www.startuplist.jp)では、起業家の「企業のステージに合った投資家になかなか出会えない」「事業ドメインに適した投資家はどう探せばいいのかわからない」や、投資家の「起業家に認知されていない」「投資先を探すコストが高い」などの課題を解決する、双方からそれぞれの詳細情報を見られるだけでなく、情報の「安全性」「網羅性」「信頼性」を担保している。

①安心安全:
情報開示は承認が必要なので安心して利用ができる。起業家情報は事業概要のみが開示され、投資家が詳細情報を閲覧するには起業家からの「承認」が必要になる。

②網羅性:
投資家情報を網羅的に検索・比較できるためスピーディにマッチングができる。投資家の投資レンジや評価基準、過去の経歴等の情報から、起業家にとって最適な人に迅速にコンタクトをすることが可能である。また、探している投資家が掲載されていない場合、掲載リクエストを送ることもできる。

③実名評価:
お墨付き機能があるため、投資家を始めとする支援者からの評価が掲載される。起業家は支援者からお墨付きを貰うことが可能であり、お墨付きのある起業家は投資家から評価される機会が増える。起業家自らが支援者に対してお墨付きを依頼することも出来る。

社名プロトスター株式会社
設立2016年11月30日
所在地103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-3 Clipニホンバシビル1階
代表者代表取締役 CEO 前川 英麿
事業概要挑戦者支援インフラの創出
URLhttps://www.theprotostar.co/
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。