12.8 C
Japan
火曜日, 5月 26, 2020

働くアナタをコロナから守る、「#staysafe」プロジェクト始動!街中にある一部のアイカサスポットでアルコール手指消毒による感染予防が可能

「自宅待機したいけど、仕事が…」そんな、余儀なく外出される方をウイルス感染から守りたい!コロナ感染力が失われる75%アルコール手指消毒液を、駅を中心とした一部のアイカサスポットに設置。

傘のシェアリングサービス「アイカサ」を運営する株式会社Nature Innovation Group(本社:東京都渋谷区、代表取締役:丸川照司)は、止むを得ず外出される方の新型コロナウイルス感染症に対する不安を少しでも解消できるよう「#staysafe」プロジェクトを開始することを発表した。今後も他協力シェアエコ事業者を募集しながら順次拡大予定とのことだ。

本活動に至った背景

「新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、多くの人が電車や駅など、人通りが多いところへ行った際に『手を洗いたい』『アルコール消毒をしたい』と感じています。アイカサはこの活動を通して、傘を安全に使って頂くのは勿論のこと、コロナウイルスの感染経路の主な原因となっている、ウイルスが付着したドアノブ、電車などのつり革に触った後に目や鼻・口などの粘膜を触ることで感染する接触感染のリスクを下げたいと考えています。」

参照元:新型コロナウイルス感染症の正しい理解のために – 日本医師会
http://www.toyama.med.or.jp/gunsi/tona/member/new_corona/2020.02.18_poster.pdf

*上記は「電車や駅など、人通りが多いところへ行った際に『手を洗いたい』
『アルコール消毒をしたい』と感じますか?」という質問に対しての回答。

「#staysafe」プロジェクトとは

止むを得ず外出される方、電車や駅などをご利用になる全ての方のための取組だ。「アイカサも傘をシェアして使って貰うだけではなく、新型コロナウイルス感染に不安を抱える方のために何か出来ないか?」という想いのもとに発足した本プロジェクトでは、アイカサスポットで手指消毒が行えるよう、感染予防に有効とされる75%手指消毒用エタノールを順次アイカサスポットに設置していくという。

アルコール設置箇所スケジュール

4月18日 JR東京駅、JR大宮駅、京成上野駅など首都圏内の駅に計25箇所

アルコール設置箇所の詳細はアイカサマップに表示され、順次更新される。

本プロジェクトで『支援の輪』を一緒に広げる協力事業者を募集!

「アイカサと同じようなシェアリングエコノミー事業者様をはじめ、『普段自社サービスを利用してくれている利用者様のために何かしたい!…けど、まだ実行出来ていない。』そんな想いをお持ちの事業者様とも共に、コロナ感染予防のための支援の輪を広げていければ幸いです。具体的なアイデアはご連絡を頂けた後にご相談をさせてください!」

「緊急事態宣言が発令されてからも、まだ現状では政府の掲げる接触減少目標、人と人の接触を7割から8割程度減らすという目標に対して50%程度の達成率*となっています。この現状の中で、一人でも多くコロナ感染の不安を軽減するべく、ぜひ皆さまのお力を貸してください。」

#staysafe|協力事業者様お問い合わせメール
▶info@i-kasa.com

傘シェアリングサービス「アイカサ」とは

「アイカサ」は、2018年12月にサービスを開始した、日本初の傘のシェアリングサービスだ。突発的な雨にもビニール傘をわざわざ購入せずに、アイカサを借りて利用し、雨が止んだ際には最寄りの傘スポットに傘を返却することができるのが特徴。現在は、渋谷や上野をはじめとした都内全域と、福岡市などの展開を合わせて、スポット数約850箇所。登録ユーザー数は9万人超えを達成。傘がないことによって移動ができないことや濡れて不快になることを無くし、「雨の日のプラットフォーム」としてのインフラを構築、完全に傘をシェアする社会の実現をミッションにしている。

「アイカサ」公式サイトURL:https://i-kasa.com/

「アイカサ」LINEアプリURL:https://liff.i-kasa.com/login?prevurl=https://lin.ee/q43e0fr&no=31

社名株式会社Nature Innovation Group
所在地東京渋谷区渋谷 3−26−16 第五叶ビル5F
代表者丸川照司
事業概要遊休スペースを活用した傘のシェアリングサービス「アイカサ」を運営
URLhttps://i-kasa.com/
プレスリリース発表元企業:株式会社Nature Innovation Group
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。

コラボに挑むスタートアップに期待する「媚びない」姿勢

※この記事は、2016年2月8日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

タテからヨコへ変わりゆく世界

以前、「会社はコミュニティ化し、仕事はプロジェクト化する」という記事をエントリーしました。あれから1年。2020年という、世界と日本にとって節目となるであろうこのタイミングで、急激に変わりゆく世界を私なりに考察し、「タテからヨコへ変わりゆく世界」という概念でまとめてみました。昭和〜平成を「タテの世界」。令和を起点とする未来を「ヨコの世界」と定義しています。 タテの世界 タテの世界とは、際限なくタテに伸びていく階層構造(ヒエラルキー)です。上と下の概念は、主従関係や強制力と相性が良く、約70年前の世界大戦時においては「国家(軍隊)」、60年前の高度経済成長期は「会社」が代表的な組織構造でした。 上から下へ働く重力は中央集権と金融資本主義を加速させ、誰かや何かとの比較を肥大化させるエンジンとなります。仕事はニュートンのリンゴのように上から落ちてきます。集団の中で、リンゴをキャッチする最も”課題解決”が上手な人間が上へ上へと駆け登り、管理がしにくい個性と美意識は同調同質の圧力に潰されていきます。 タテ型経営の行き過ぎによってビジネスパーソンは会社の歯車と化し、コンプライアンスの徹底によって決められたことしかできない、やらない思考停止状態に陥ります。地球においては資源の奪い合いと温暖化が加速化し、富と機会の二極化は国家の右傾化を招きます。これらは全て、際限なくタテに「伸び切ってしまった」社会のひずみだと感じるのです。タテを否定しているわけではありません。ただし、上と下の距離感はもはや限界に近づいているのではないでしょうか。