12.8 C
Japan
日曜日, 7月 3, 2022

【ライフスタイル系インフルエンサー支援・育成プロジェクト】C Channel×クリーク・アンド・リバー社、共同で「OC Beauty」を始動

C Channelはクリーク・アンド・リバー社と共同で、美容やファッションなどを中心にライフスタイルに特化したインフルエンサー/クリエイターの支援・育成プロジェクト「OC Beauty」を始動した。「OC Beauty」はC&R社がYouTube上で展開するマルチチャンネルネットワーク「The Online Creators(OC)」におけるYouTubeチャンネル運営のノウハウと、C Channelが得意とするクリエイターを起用した美容商材のプロモーション施策を掛け合わせ、美容やファッションなどを中心にライフスタイルに特化したクリエイターへのサポートを行うプロジェクトである。

「OC Beauty」始動の背景と目的

2021年、インフルエンサーマーケティングの市場規模は400億円を超える見通しと言われ、2025年には700億円に達すると言われている。その中でも、約4割を占めるのがYouTubeを活用したプロモーションとなっている。
C&R社は、2013年に日本初のMCNとして「OC」をスタートし、YouTubeを中心に活動する動画クリエイターのパートナーとして企画・制作・配信・収益化をサポートしてきた。現在、270のYouTubeチャンネルと提携し、 YouTube月間総再生回数は7億回超。クリエイターの収益化においては、広告だけでなく、投げ銭やオリジナルグッズの物販など多岐にわたりサポートしてiる。

C Channelは、消費意欲が高くトレンドに敏感な女性をメインユーザーとし4000万人以上のフォロワー数を有しているメディアを展開している。さらに専属YouTuberやナノインフルエンサーのプラットフォーム「Lemon Square」を活用したインフルエンサーマーケティングやライブコマースも行っている。

2社共同のプロジェクトである「OC Beauty」では、YouTube上で既に活躍しているクリエイターへのサポートはもちろん、インスタグラマーやTikTokerなどこれからYouTubeに参入しようとしているインフルエンサーのYouTubeチャンネル開設支援も積極的に行う。ユーザーに支持されたクリエイターを数多く支援・育成していくことにより、様々な美容ブランドに対し、消費者からのエンゲージメントが高いプロモーションやマーケティング支援を提供する。

「OC Beauty」の内容

▼For Creator

YouTubeスタートアッププログラムの提供

・コンテンツプロダクション
構成~撮影~編集など、動画制作に欠かせない工程について様々なポイントを伝え、制作面をイチから支援。またYouTubeに関連する最新情報も随時提供する。

・マネタイズプランニング
YouTubeの最新プロダクトの活用やオリジナルグッズの販売、コンテンツの二次利用など、MCNサービスの一環としてアドセンスの広告収入だけに頼らない「収益の多角化」を積極的に提案する。

・ライフサポート
コンテンツ制作を行うにあたって発生する生活の問題解決をサポートする。
外部倉庫を活用したお部屋の整理収納や引っ越しサービスなど生活環境が改善できる様々な支援を提供する。

クリエイターの公募はLemon Squareを通じて行い、両社にて育成者を選抜。Lemon Squareは主にコスメ・ファッション・ライフスタイル等のジャンルに特化した女性インスタグラマーを中心に約8000人のインフルエンサーを有している。
Lemon Squareでの育成クリエイター公募は初の試みとなりますが、同サービスの保有する豊富な人材から「OC Beauty」での支援・育成を経て、個人の可能性を更に飛躍させるクリエイターを発掘していく。

C Channelへの事務所所属

クリエイターとC Channel双方の合意により、C Channelとのマネジメント契約を結ぶことができる。C Channelでは現在、YouTube登録者数55万人を超える「鹿の間」やYouTube登録者数40万人の「水越みさと」など、メイク・美容系を中心に情報発信を行い活動の幅を広げるクリエイターが多数所属している。C Channelのマネジメントにより、クリエイティブ技術の向上、広告案件の進行管理、ファンミーティング等イベントの実施などの活動サポートはもちろんのこと、商品プロデュースや、他メディアでの出演など、個人の才能を存分に発揮し更なる活躍ができる機会を提供する。

鹿の間
水越みさと

▼For Business

【プロモーションプランの拡大】

・美容系のクリエイターを活用したプロモーション
YouTube・Instagram・TikTokなど、様々なプラットフォームに対して影響力を持つクリエイターを起用してコンテンツを発信することが可能である。

・コミュニティを活用した企画提案
複数の美容系クリエイターを通じて、美容商材に興味を持っているコミュニティにプロモーションしていく施策を積極的に提案。コミュニティに寄り添った企画発信を行うことで、商材への認知度やエンゲージメントを高めていく。

・アナリティクスタンク
動画パフォーマンスを分析しながらの振り返りと、今後の戦略的なプランを提案する。

C&R社とC Channelが持つYouTubeの知見や広告効果の検証などから、より最適なプロモーション施策が提案される。

C Channel株式会社について

社名C Channel株式会社
設立2015年4月1日
本社東京都目黒区青葉台4-7-7
代表者代表取締役社長 森川亮
事業概要メディア事業、eコマース事業、海外事業
URL https://corp.cchan.tv/

株式会社クリーク・アンド・リバー社について

社名株式会社クリーク・アンド・リバー社
設立1990年3月
本社東京都港区新橋四丁目1番1号 新虎通りCORE
代表者代表取締役社長 井川幸広
事業概要映像、ゲーム、Web、広告・出版、作家、医療、IT、法曹、会計、建築、ファッション、コンピュータサイエンス、食、舞台芸術、ライフサイエンス、CXO、アスリート、アグリの18分野のプロフェッショナル・エージェンシー。ライツマネジメント(知財流通)、プロデュース(請負・アウトソーシング)、エージェンシー(派遣・紹介)の3つの事業を各分野で展開。プロフェッショナルの叡智をベースにAI、VR、データ分析、ドローン、プロフェッショナル教育、米国本社での世界の弁護士を繋ぐSNSにも周辺事業を拡
拡大し、ミッションである「プロフェッショナルの生涯価値の向上」と「クライアントの価値創造への貢献」の実現のために、プロフェッショナルの叡智で革新的な事業を無限に創造している。
URLhttps://www.cri.co.jp
https://www.cri.co.jp/about_us/sns-media.html(公式SNS一覧)
https://onlinecreators.jp/( The Online Creators )

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント