12.8 C
Japan
水曜日, 7月 6, 2022

【産業DX需要に応える】アプトポッド、多様なフィールドで協業を加速!

アプトポッドは自動車分野をはじめ、建設、ロボット・ドローン、スマートメンテナンスなど様々な産業分野において、システムインテグレーション、マネージドサービス、コンサルティングなどを提供するSI事業者を中心にパートナー連携を強化し、様々なフィールドにおける新規事業創出、産業DXの支援を行います。

取り組みの背景と概要

現在、産業界ではSDGsの達成に向け、自動車産業における自動運転・EVなどによる急激なCASE化、建設分野におけるICTの活用によるi-Construction、AGV/UGV (無人搬送車両)/ドローンでの荷役の自動化によるスマート物流やスマート工場など、様々なシーンでDX化が進んでいます。

こうした様々な産業DXを実現するため、昨今では産業機器をデジタルツインやメタバースといったクラウドと接続し、リアルタイムデータを活用したクラウドプラットフォームサービスによる新たな価値の創造や社会課題の解決が進んでいます。

アプトポッドでは、このようなサービスプラットフォーム実現のため、産業向けの高信頼、大量なデータ伝送処理を目的としたIoTミドルウェア「intdash」を活用したデータ伝送インフラ構築により、様々な産業DXの実現を支援してきました。2018年のintdashリリース以来、国内製造業を中心とした50社100プロジェクト以上の先進的な実績を重ねています。

今後さらに広まる多様なフィールドでのDX需要に対応するべく、以下に代表されるインテグレーションパートナー、ソリューションパートナー各社との協業、共創により、産業界の革新に寄与します。

インテグレーションパートナー
産業向けIoTミドルウェア「intdash」を活用したシステムやサービスのシステムインテグレーション、マネージドサービス、コンサルティングを提供

・NTTコミュニケーションズ株式会社
・キヤノンITソリューションズ株式会社

ソリューションパートナー
産業向けIoTミドルウェア「intdash」を活用したクラウドサービス、ASPを提供

・株式会社マクニカ

パートナー各社からのコメント

NTTコミュニケーションズ株式会社
ビジネスソリューション本部 スマートワールドビジネス部
スマートモビリティ推進室 室長 松田 達樹 氏

NTTコミュニケーションズは、NTTドコモグループにおける新法人事業ブランド「ドコモビジネス」のもと、各社のリソースを組み合わせることにより提供が可能となる、移動固定融合サービスのほか、5G・IoTといった先端ソリューションを通じて、お客さまとともに社会や産業の構造を変革するようなイノベーションの創出をめざしています。
アプトポッドとの連携により、アプトポッドの製品および技術と、NTTドコモグループの先端ソリューションを組み合わせることで、技術的難易度が高い要件にお応えし、お客さまのイノベーション創出や社会・産業のデジタルトランスフォーメーションに貢献します。

キヤノンITソリューションズ株式会社
エンベデッドシステム事業部 エンベデッドシステム第一開発本部
本部長 大里 一仁 氏

キヤノンITソリューションズは、この度のアプトポッド様の「様々な分野のパートナーとの協業で産業DX支援を加速」の発表を心より歓迎いたします。
当社は、組込み製品開発で培ったノウハウと「Visual Insight Station」などのAI・画像処理ソリューションで、様々な生産現場の課題解決を支援しています。
アプトポッド様の高度な産業向けデータ伝送技術はリアルタイム性と同期性に優れており、当社の技術と掛け合わせることで、産業DXをより一層加速させる事ができるものと確信しております。
キヤノンITソリューションズは、アプトポッド様と共にソリューションの価値を高め、社会課題解決に貢献いたします。

株式会社マクニカ
イノベーション戦略事業本部
本部長 佐藤 篤志 氏

マクニカはアプトポッド社と昨年4月に資本業務提携を発表させていただいております。弊社が提供する『MMDP』(MACNICA Mobility Data Platform)にアプトポッドの 提供する産業 IoT 基盤intdashを組み合わせ、MMDP が持つデータ基盤、エッジコンピューティングをさらに強化させ、垂直統合型のエッジ・クラウドのハイブリッド AI/IoT 環境を実現いたします。
昨年の提携発表から、両社製品の連携、共同での案件実績を進めて参りました。2022年1月のAutomotive Worldでは両社アセットを連携させた製品デモも展示いたしました。
5G 時代とモビリティ分野におけるパラダイムシフトを迎える中、自動車、建設、農業など様々な分野において自動化を伴う DX 化が急速に進められています。こうした課題に引き続きアプトポッド社とともに取り組んでいきたいと考えております。

(企業名は50音順)

今後の展望

多種多様化する産業DXニーズ、幅広い産業フィールドに対応すべく、引き続き産業DXを共に支援するパートナーを拡充します。
アプトポッドのパートナーには、インテグレーション、リセール、ソリューション、EDGEPLANT代理店、テクノロジーの5つのカテゴリーがあります。詳細は、ウェブサイトをご覧ください。
https://www.aptpod.co.jp/partner/

株式会社アプトポッドについて

アプトポッドは産業向けIoTミドルウェア「intdash」を活用した産業DX実現のために必要なプロダクトやシステム構築支援を提供しています。アプトポッドのプロダクトを利用することで、産業機器をクラウドに接続し、様々なクラウドサービスを実現する信頼性の高いシステムを短期間で構築することが可能となります。

社名株式会社アプトポッド
設立2006年12月
所在地東京都新宿区四谷4-3 四谷トーセイビル3F
代表者坂元淳一 
事業内容M2M/IoT関連ソフトウェア企画開発/販売
M2M/IoTクラウドサービス運営
M2M/IoT関連ハードウェア企画開発/販売
アプリケーション/システム プロトタイピング
URLhttps://www.aptpod.co.jp/


Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Sourceaptpod
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

EBRU、アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンの製作事業で注目!

【スタートアップスタジオインタビュー】アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンで注目されているのが、佐藤怜さんが2021年4月に創業した株式会社EBRU。様々なウェアラブル製品が生み出されており、日常的に体に装着し続けても負担にならず、なおかつデザイン性や個性を表現できる製品開発が日進月歩で進んでいます。こうした動きに拍車がかかる中、Bluetoothイヤホンに注目した ‶アート×音楽×ファッション” な取り組みが話題に。株式会社EBRUの佐藤怜さんに、事業の特徴や今後の課題などについてお話をお聞きしました。 #EBRU #Bluetooth #イヤホン #スタートアップスタジオ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。
Facebook コメント