12.8 C
Japan
土曜日, 2月 4, 2023

SQUEEZE×不動産会社大手の昭和住宅社、遠隔接客サービスを活用した協業へ

ホテル業界のDXを推進するスタートアップのSQUEEZは、昭和住宅と協業し、スマートホテル「Minn新大阪」を2022年4月21日に開業しました。昭和住宅社の不動産開発・企画ノウハウとSQUEEZのDXソリューションを掛け合わせ、安心安全かつ新しい生活様式に則した無人型ライフスタイルホテルを展開します。

SQUEEZEと昭和住宅社の協業について

SQUEEZと昭和住宅社は2018年より協業し、同年8月に東京都大田区にて第1棟目となる「シアテル羽田」をオープン。「Theater(シアター)x  Hotel(ホテル)」のコンセプトをもとに、狭小地に16室のコンパクトホテルの無人運営を実現しました。プライベートシアターのように映画が楽しめる宿泊スタイルが好評であり、第2棟目として2021年5月には「シアテル羽田Ⅱ」を開業。現在も多くの宿泊客に利用されています。今後も昭和住宅社の所有する不動産の利活用にあたり、同社の企画・販売力とSQUEEZEのテクノロジー・運営ソリューションを掛け合わせ、顧客に新たな宿泊体験を提供する方針です。

SQUEEZEが提供する遠隔接客サービス「クラウド運営チーム」

​遠隔接客サービス「クラウド運営チーム」とは、複数のホテルを一元管理しフロント業務やマーケティング業務を遠隔(リモート)にて提供できるクラウドサービスです。当社は2019年に子会社であるSQUEEZE Asiaをカンボジア・プノンペンに設立し、リモートコンシェルジュ事業をスタート。カンボジアのセンターからのみならず、国内外の在宅ワーカーの方々でもホテル業務を遠隔サポートできる仕組みを構築しました。24時間365日オンライン上で顧客のチェックイン・アウトや予約受付、電話・メッセージ対応、部屋の在庫管理、清掃業務管理等の幅広い業務を行っています。昨今は、新型コロナウイルス感染症により、生活のあらゆるシーンで非対面・非接触が推奨されており、ホテル業界においても遠隔接客サービスのニーズは急増しています。

遠隔接客サービス「クラウド運営チーム

また、SQUEEZEが自社開発するクラウド宿泊管理システム「suitebook(スイートブック)」は複数施設管理に適した機能を搭載し、フロント業務の自動化や情報を一元管理することで遠隔地からでも漏れのない効率的なゲスト対応や清掃管理が可能です。「suitebook(スイートブック)」は宿泊業務の生産性を高めるSaaS(Software As a Service)として、チェックインシステムやスマートロック等の様々なIoTとも柔軟にAPI連携が可能であり、常に最新のオペレーションへと改善ができる運営体制を支援しています。

「suitebook(スイートブック)」
https://squeeze-inc.co.jp/services/#ser01

ライフスタイルホテル「Minn – your second home」について

グループや家族の「みんな」で泊まれることに、宿泊施設を意味する「inn」を掛け合わせたSQUEEZEの独自ブランドである「Minn (ミン)」は、 2017年、その第1号店となるMinn十三を大阪・十三にオープン。その後東京や長野にも施設を増やし、4名以上のグループやファミリー層でも1部屋に宿泊できる部屋を提供しており、多くの宿泊客が利用しています。

Minn新大阪

施設内観今回オープンする「Minn新大阪」は、新大阪駅から徒歩5分のロケーション。Minnブランドのスタンダードであるオンラインチェックイン、エクスプレスチェックアウトを導入しており、予約からチェックアウトまでのお続きがスマートフォン上でシームレスに完結。滞在中はオンラインコンシェルジュが24時間サポートしてくれます。各客室にはキッチン、家電を完備しており長期滞在にも最適です。また、Minn新大阪では新たに103インチの大画面プロジェクターを導入、お手持ちのデバイスから映画を投影しプライベートシアターとして楽しむことができます。

■ Minn新大阪の概要
名称 : 「Minn新大阪」
事業形態 : 旅館・ホテル業
所在地 : 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-21-19
居室数 : 全36室
1部屋あたり最大宿泊人数 : 5名
最大収容人数 : 168名
開業予定日 : 2022年4月21日
URL :https://staytuned.asia/brands/minn/hotels/minn-shin-osaka/
アクセス : JR新大阪駅 東口 徒歩4分

社名昭和住宅株式会社
設立1957年11月
所在地兵庫県加古川市平岡町新在家117
代表者湖中正泰
事業概要分譲・注文住宅の設計・施工・販売 / 分譲マンションの企画・販売 /リフォーム / 賃貸マンション・ビルの企画・売買 / 賃貸アパートの設計・施工・販売・管理 / 不動産の売買、仲介業務 / リノベーション / リゾート開発 / 宿泊施設の管理業務 / 教育事業・外食事業
URLhttps://www.showa-jutaku.co.jp/
社名株式会社SQUEEZE
設立2014年9月
所在地東京都港区北青山3-3-7 第一青山ビル3F
代表者舘林 真一
事業概要– スマートホテル事業
クラウド型ホテル運営ソリューションを活用した自社ブランドホテルの運営
– ソリューション事業
クラウド型ホテル運営を可能にするシステムやソリューション提供、コンサルティング等
URLhttps://squeeze-inc.co.jp/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
SourceSQUEEZE
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント