12.8 C
Japan
木曜日, 7月 7, 2022

衛星向け光通信開発のワープスペース、GXOと契約しアメリカへ進出!

小型衛星を活用した宇宙空間での光通信サービスの実現を目指すワープスペースは、VOX Spaceの元社長であるMandy Vaughn氏が創業した、宇宙ベンチャーが市場へ参入するための戦略的サポートを提供するGXO, Inc.と、アメリカへの本格的な進出に向けた戦略コンサルティング契約を締結しました。これによりワープスペースは、宇宙産業の中心地であるアメリカ市場への進出を加速させ、衛星間光通信サービスの世界市場をリードしていきます。

GXOの契約について

ワープスペースは、地上400~600㌔㍍の低軌道を周回する人工衛星向け光通信インフラサービス「WarpHub InterSat」の開発を進めている。光通信が可能な中継衛星3基を中軌道に打ち上げ、低軌道にある衛星から送られてきたデータを地上局に中継する仕組みである。

GXOのサポートを受けてアメリカへと本格的に進出をすることで、ワープスペースは衛星向け光通信における世界的なリーダーシップをとり、アメリカをはじめとした国際的な宇宙産業の発展に貢献していくことを目指している。

各社コメント

・GXO, Inc. CEO Mandy氏のコメント

「私たちはワープスペースと共に仕事をしていくことを嬉しく思います。ワープスペースが開発する次世代の可能性はイノベーションを加速させ、官用と商用との両方の衛星ネットワークによるアプリケーションを強化していくものになるでしょう。ワープスペースの新しい通信アーキテクチャは宇宙の経済開発を加速させるポテンシャルをもっています。このような技術的なポテンシャルに加え、GXOとしては今回の先進的で国際的な協業関係の構築を支援できることも喜ばしく思います。ワープスペースは、アメリカとその友好国が、官用と商用両面においてメリットを与えられる宇宙スタートアップと、どのように協業できるかを示すこととなるでしょう。」

・WARPSPACE 代表取締役CEO 常間地氏のコメント

「アメリカはシリコンバレーに代表されるように、常に国際的な経済のダイナミズムを生み出し、世界をリードする企業の多くを輩出してきた、グローバルビジネスの要地です。宇宙産業も同様で、私たちはそんなアメリカの宇宙産業の中心で長きに渡ってご活躍をされ、深い知見と素晴らしい行動力をお持ちのMandy氏とそのチームと一緒に働けることを大変光栄に思います。GXOと共にワープスペースは宇宙空間での光通信におけるリーダーとなることを目指して参ります。」

株式会社ワープスペースについて

2016年に設立。前身の大学衛星プロジェクトを含め、これまで3機の通信衛星を打ち上げている。宇宙や人工衛星に関する高い専門性に加え、JAXAをはじめとした研究機関とのパートナーシップ、つくば研究学園都市が保有する豊富な実験・試験設備等を強みに、民間として世界初の衛星間光通信ネットワーク「WarpHub InterSat」の実現を目指している。

社名株式会社ワープスペース
設立2016年08月
所在地茨城県つくば市吾妻2-5-1-203
代表者常間地 悟
URLhttps://warpspace.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

EBRU、アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンの製作事業で注目!

【スタートアップスタジオインタビュー】アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンで注目されているのが、佐藤怜さんが2021年4月に創業した株式会社EBRU。様々なウェアラブル製品が生み出されており、日常的に体に装着し続けても負担にならず、なおかつデザイン性や個性を表現できる製品開発が日進月歩で進んでいます。こうした動きに拍車がかかる中、Bluetoothイヤホンに注目した ‶アート×音楽×ファッション” な取り組みが話題に。株式会社EBRUの佐藤怜さんに、事業の特徴や今後の課題などについてお話をお聞きしました。 #EBRU #Bluetooth #イヤホン #スタートアップスタジオ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。
Facebook コメント