12.8 C
Japan
日曜日, 7月 3, 2022

大阪メトロ アドエラがスタートアップ協業で目指す「ローカル経済を結びつけた大阪の活性化!」

2021年の4月に大阪メトロサービスから独立し、Osaka Metro Groupの広告事業を担う会社として出発した「株式会社 大阪メトロ アドエラ」が本社初となるスタートアップとのオープンイノベーションに乗り出した。人口減少による交通利用の影響に立ち向かうべく、2025年に向け新しい事業の柱を創っていくというOsaka Metro Group全体のミッションがある中、各グループで新規事業創出に向けた準備が着々と進められていたが、新型コロナウィルスの影響がよりこの流れを加速させたと言う。

そんな中、大阪メトロ アドエラではスタートアップの斬新なアイデアや先進的な技術を取り入れ、協業による新規事業を生み出すべくアクセラレータープログラムを開催する。大阪メトロ アドエラの新規事業創出を担う事業創造本部の奈良大和氏に、オープンイノベーションに取り組む背景やスタートアップとの共創に向けた狙いや想いを伺った。

未来への可能性を拓く大阪メトロ アドエラの挑戦

ー 初となるアクセラレータープログラムを開催する大阪メトロ アドエラですが、新規事業開発を推進している背景はどこにあるのでしょうか?

奈良:人口減少などの社会課題は鉄道事業の収益にも大きく影響してきています。そこで、従来の鉄道事業にかわる新しい収益の柱をつくることが会社全体の最重要課題となっています。それに向けて、広くスタートアップの方とのコラボレーションを通じて、未来への可能性を拓く挑戦をおこなっていきたいという想いがあります。 

Osaka Metro Group全体として鉄道事業の収入が人口減に影響されてきたことを背景に、2年ほど前より2025年に向けて新しい収益の柱を作っていこう!という動きがあったのですが、コロナ禍でさらに拍車がかかりました。 

火付け役として期待するスタートアップ共創

ー 新規事業開発を推進する手法はいくつもあると思うのですが、スタートアップとのオープンイノベーションを選択理由されたのはなぜなのでしょうか?

奈良:未来が見えない中で、従来の鉄道事業の枠組みを超えて新たな価値を創造していくためには、さまざまなパートナーとの協創が不可欠です。確実性を重視する傾向が強く、どうしてもスピード感といった面では弱かったのです。

いざ自社で新しいアイデアを出して新規事業をつくろうとしても、スピード感を持って進めていくカルチャーがないので、限界を感じていました。そういった点の火付け役としてスピード感を持ったスタートアップの方々との協業に可能性を感じたため、アクセラレータープログラムの開催を決めたんです。 

ー 今回アクセラレータープログラムの開催にあたって、どのような社会課題の解決を目指しているのでしょうか?どのようなテーマを設定されましたか?

奈良:今回は、Osaka Metro利用ユーザーとの新しい関係性、体験の進化つながるようなサービスを生み出していくための布石だと考えています。

交通広告の新しい価値の創出/新規メディアの創出/集客・回遊を促進する新たなコンテンツ開発の3つのテーマを設定しました。「移動すること」を支援する事業なので、「移動」をより快適に、体験の質をあげることに寄与して、大阪のローカル経済を結びつけ大阪の街を活性化させていきたいです。

ー このプログラムで実現したいことを教えてください。

奈良:3つの領域で新規事業の創出を目指しています。下記3テーマの中で、実現可能な事業アイデアを一緒に練り上げていただける協力関係を築きたいと考えています。

<募集概要>
①募集期間: 2021年7月1日(木)~2021年7月16日(金)
②対象企業: 分野、業種を問わず、すべてのスタートアップ法人がエントリーできます。
③募集テーマ
●交通広告の新しい価値を生み出す
●OMGの駅・電車・施設を利用するお客様への新たなメディア開発
●集客・回遊を促進する新たなコンテンツ開発
<募集キーワード>
#AI #位置情報 #DX #VR #映像解析#IoT #マイクロモビリティ #Maas #Saas #クラウドサービス #地域通貨 #ビッグデータ #センサー #プラットフォームビジネス #音声データ #ローカルビジネス #デリバリー #シェアリングエコノミー

笑顔があふれる元気な大阪を取り戻し、大阪から元気を広めていく

ー あらためて大阪メトロ アドエラの特徴、ビジョン、ミッションについて教えていただけますか?

奈良:株式会社大阪メトロ アドエラは、大阪の中心部を網羅する「Osaka Metro Group」の駅や車内、施設にアクセスする人々に、リアルな生活動線上で的確に情報を届ける広告会社です。モビリティメディアを科学とテクノロジーで進化させ、ターゲットを絞り込んで情報を届ける「今だけ、ここだけ、こんな方だけ」のマーケティングを実現して、笑顔があふれる元気な大阪を取り戻し、大阪から元気を広めていくことを目指しています

具体的には、蓄積したお客さまのデータから得られるインサイトを武器に、既存事業の進化、新規事業開発を推進しており、OOH+αの新たな価値を創り出すことをしております。 

※OOHとは:サイネージなど、自宅以外の場所に設置された屋外広告

大阪エリアの活性化につながるエネルギーを作り出したい

ー アクセラレータプログラムを実施するにあたっての社内の反応はどのようなものがありますか?

奈良:初の試みであり、スタートアップから幅広いアイデアが集まることに社長はじめ周囲の期待感はとても大きいです。新しい事業の道筋をスタートアップと共に作っていきたいと思っています。

ーオープンイノベーションを推進する上で大切にしたいことを教えてください。

奈良:ユーザーに価値在る新しいものを提供できるかがどうかを重視しています。それをすることで関わる方々が、どういうふうにメリットを享受できるのか、イメージをなるべく解像度あげてもてるようにすることが大事だと思っています。最終的には、「人」ですね。担当メンバーの想いと情熱が大切だと信じています。

ー最後にエントリーを検討されるスタートアップにメッセージをお願いします。

奈良:客観的な批判精神も大事ですが、お互いの良いところ、可能性に目を向けて信頼できるパートナーシップを築いて、大阪エリアの活性化につながるエネルギーを作り出しましょう!

社名株式会社 大阪メトロ アドエラ
設立2021年4月1日 (大阪メトロより独立)
株主大阪市高速電気軌道株式会社(100%)
代表者大矢 雅士
事業概要交通メディアの展開、企画制作
URLhttps://www.osakametro-adera.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント