12.8 c
Japan
Monday, December 11, 2023

日本初!大型バスによる遠隔監視・操作での自動運転を営業運行で実施|I▫TOP横浜

IoT等による新ビジネス創出を促進する「I▫TOP横浜」の取組である「路線バス自動運転プロジェクト」がプロジェクトの一環として、日本で初めてとなる大型バスの運転席無人、遠隔監視・操作による自動運転の実証実験を営業運行することを発表した。

オープンイノベーションで中小企業やベンチャー企業等の参画を促す、「イノベーション都市・横浜」

横浜市と相鉄バス㈱、群馬大学、日本モビリティ㈱は、IoT等による新ビジネス創出を促進する「I▫TOP横浜」の取組として、自動運転技術による持続可能なモビリティサービスの実現を目指し、「路線バス自動運転プロジェクト」を推進している。

本プロジェクトの一環として、「秋の里山ガーデンフェスタ」の開催期間中、日本で初めてとなる大型バスの運転席無人、遠隔監視・操作による自動運転の実証実験を営業運行で行う。これは、令和2年7月27日、29日に行った、同様の実証実験の成功を受けて行うものだ。また、昨年の秋に続いて2回目となる運転席に運転士を配置した自動運転バスの営業運行も行う。

今後もさまざまな実証実験やそれによる社会受容性の向上、公共交通機関網強化の可能性を検証し、自動運転「レベル4」による営業運転を目指す。
横浜市では、本プロジェクトの取組を通じて、オープンイノベーションにより中小企業やベンチャー企業等の参画を促し、「イノベーション都市・横浜」を推進していく。

「遠隔監視・操作システム」による自動運転バスの実証実験の概要

① 「遠隔監視・操作システム」による自動運転バスの実証実験(営業運行)について

implementation period:令和2年10月5日(月)、14日(水)
※14時台と15時台それぞれ2往復を予定。
※詳細な運行時間などは相鉄グループウェブサイトをご覧ください。
https://www.sotetsu.co.jp/news/bus/info-bus-467-2020-09-17/

course (route, trail, course of action, course of study, plan):よこはま動物園正門と里山ガーデン正面入口間(約900mを走行)
運賃:無料(ガーデンネックレス横浜実行委員会より受託し貸切営業として運行)
capacity (of boat, hall, aeroplane, airplane, etc.):各便25名を予定(先着順となります)
ポイント:
・【日本初】大型バスの運転席無人と「遠隔監視・操作システム」による営業運行での自動運転
・旭営業所内に「遠隔監視・操作システム」を設置し、そのシステムによる走行と停止
・保安者が車両に乗車し、異常があれば、緊急停止スイッチを操作することで安全性を向上
・自動運転の社会実装に向け、より多くの方に自動運転バスの体験機会を提供

②運転席に運転士を配置した自動運転バスの営業運行について

implementation period:令和2年10月6日(火)・7日(水)、12日(月)~14日(水)の5日間 
※10時台~15時台 1日10往復を予定。
※12日(月)は、14時台~15時台の運行となります。14日(水)は、10時台~12時台の運行となります。
※詳細な運行時間などは相鉄グループウェブサイトをご覧ください。
https://www.sotetsu.co.jp/news/bus/info-bus-467-2020-09-17/

course (route, trail, course of action, course of study, plan):よこはま動物園正門と里山ガーデン正面入口間(約900mを走行)
運賃:無料(ガーデンネックレス横浜実行委員会より受託し貸切営業として運行)
capacity (of boat, hall, aeroplane, airplane, etc.):各便25名を予定(先着順)

※相鉄バスの新型コロナウイルス感染予防の主な取り組み

・バス車内の換気扇・デフロスター(外気導入)を使用、窓を開けての運行
・バス車内の手すり、吊り革などの定期的な消毒
・乗務員の出勤前の検温、手洗いおよびうがいの励行、マスクの着用
詳細は相鉄グループウェブサイトをご覧ください
URL:.https://www.sotetsu.co.jp/news/bus/info-bus-436-2020-02-26/

路線バス自動運転プロジェクトとは

令和元年9月、横浜市と相鉄バス㈱、群馬大学は、IoT等による新ビジネス創出を促進する「I▫TOP横浜」の取組として、自動運転技術による持続可能なモビリティサービスの実現を目指し、「路線バス自動運転プロジェクト」を立ち上げた。前回は、令和元年9月14日~10月14日まで、大型バスを使用した営業運行で自動運転の実証実験を実施し、16日間で4,907人が乗車した。

令和2年7月には、群馬大学発ベンチャーである日本モビリティ㈱も加わり、引き続き郊外部における交通ネットワークの維持や、人口減少に伴う労働力不足への対応を目的に、自動運転バスによる地域交通課題の解決を目指す。

Facebook Comments
PORT Editorial Officehttps://port.creww.me/
PORT by Creww is an open innovation media for startups, entrepreneurs, entrepreneurs in recovery, and companies seeking to create new businesses on the theme of social issues, operated by Creww Co.

Featured

Ando Hazama x Cube Earth] Innovating the world's urban OS with patented technology from Japan and the U.S.

Creww Growth Case Study Interview】Ando Hazama has selected Cube Earth, a startup company offering a "smart disaster prevention system" to local governments through the "Ando Hazama New Business Co-Creation Program 2022," an accelerator program for fiscal year 2022, utilizing Cube Earth, a geographic information system platform patented in the United States and Japan. Cube Earth, a startup company that provides municipalities with a "smart disaster prevention system" using the geographic information system platform "Cube Earth" patented in the U.S. and Japan, was selected for the Ando Hazama New Business Co-Creation Program 2022. The startup is developing next-generation social infrastructure infrastructure such as disaster prevention systems, smart cities, drones, and digital twin systems as part of the DX approach to municipal crisis management. What specific initiatives are they pursuing? We interviewed Hiroyuki Horii, Deputy General Manager of the Innovation Department, Corporate Strategy Division, Ando Hazama, Shigehiko Amo, Chairman of Cube Earth, and Zenshi Takeda, President and Representative Director.

Sanki Kogyo × Startups] Become a company that continues to be chosen|New Steps in Co-Creation with Startups

Sanki Kogyo Corporation, which will celebrate its 100th anniversary in 2025, has set its sights on becoming a company that will "continue to be chosen" in accordance with its vision for 2050, and is working to strengthen its core businesses and enhance the Sanki brand. One of our new initiatives is to strengthen our core business and improve the Sankiki brand. Therefore, as one of the new initiatives, we are challenging the "SANKI Open Innovation Program 2023". We interviewed Mr. Hiroyuki Sasaki, Facility Systems Business Department, Mr. Tadashi Ishiwata, Corporate Planning Department, Corporate Planning Office, and Mr. Naoya Tokuda, Corporate Planning Department, who are challenging the accelerator program for the first time, about their frank thoughts from their respective standpoints.

Ando Hazama × Air Digital × Kuki City] Tackling the challenge of extending healthy life expectancy through digital sports!

Ando Hazama, a general construction company that promotes the creation of new businesses through open innovation, has selected Air Digital Inc. Air Digital, Inc., a company involved in the development of digital sports space and the operation of digital sports fields, was selected for the program. Subsequently, Ando Hazama, Air Digital, and Kuki City, Saitama Prefecture, signed a collaboration agreement and are now working together on "Sports 60 & Smart," one of the largest digital sports clubs in Japan, which is located in the "Ario Washinomiya" shopping mall facility in Kuki City. What specific initiatives are being undertaken? We interviewed Tsubasa Sakakibara, Manager of the Innovation Department of Ando Hazama's Corporate Strategy Division, Sobaku Maeda, Representative Director of Air Digital, and Takeshi Kanazawa, a member of the Sports Promotion Section of the Health and Sports Department of the Kuki City Office.

Startup Recruitment] Caring for Community Health|Future Aisei Pharmacy with Roots in the Community through New Business

Aisei Pharmacy has more than 400 dispensing pharmacies nationwide. As the company will soon celebrate its 40th anniversary, we are challenging the accelerator program in search of the next pillar of our business! Aiming to become a pharmacy that is needed by local residents, the company will explore the possibility of creating new businesses. In this interview, we spoke with Hiroyuki Hori, General Manager of the Business Planning Department of Aisei Pharmacy Inc. about why Aisei Pharmacy is now taking on the challenge of open innovation with startups.
Facebook Comments
en_USEN