12.8 c
Japan
Saturday, December 2, 2023

Airedoor, an Online Rental Platform, Raises 150 Million Yen in Funding|Focusing on Real-Time Property Information

オンライン賃貸プラットフォーム「airdoor」を運営するエアドアが、ディープコアをリード投資家として、DNX Ventures、HAKOBUNEを引受先とするJ-KISS型新株予約権の発行により、総額1.5億円の資金調達を実施しました!
これにより、物件数拡大に向けた管理会社との提携やカスタマーサポートの強化、システム開発を推進します。

Background and Objectives

エアドアは、「不動産業界とユーザーにおける情報の非対称性をなくし、お部屋さがし・契約の新しいスタンダードを作る。」をビジョンに、2022年2月より、管理会社のデータベースの情報を直接掲載しリアルタイムでお部屋探しができる賃貸プラットフォーム「airdoor」を提供しています。

これまでの不動産業界には、オンライン上だと成約済み物件(通称:おとり物件)が多く、ユーザーが物件を探す際に正しい情報が得られにくく、時間を無駄にしてしまうなどの課題がありました。

「airdoor」は、管理会社のデータベースの情報を直接掲載することで、入居者の仲介手数料を抑えて物件を借りられる新しい賃貸サービスを提供しています。物件は最新情報でおとり物件・重複物件なし、店舗に行くことなく契約までオンライン中心のプロセスで手続き可能です。

サービス開始から1年で、提携する管理会社は70社、管理戸数は140万戸を突破しました。物件数獲得とユーザーの成約が進んだことにより、情報の不正確性によるユーザーの部屋探しの課題が改めて深いことがわかりました。

このたび調達した資金は、物件数拡大に向けた管理会社との提携推進やカスタマーサポートの強化、不動産会社とのデータ連携システム強化・開発費に充てる予定です。

今後はさらに掲載情報のリアルタイム性を重視し、おとり物件がなく新規物件をいち早く確認できる、常に最新情報が載っているプラットフォームを運営することで、利便性が高く気軽なお引っ越しを叶えます。

掲載管理会社一覧(一部抜粋)

4割以上がおとり物件に遭ったことがあり、「時間の無駄」「不信感」と回答

2年以内に引っ越しをした東京都在住の20〜50代男女400人に「部屋探しについてのアンケート」を実施し、おとり物件に遭ったことがあるか尋ねたところ、4割以上が「ある」と回答しました。
※部屋探しについてのアンケート:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000093950.html

<検索にヒットした物件を案内してもらえなかったときどう思ったか>
・42歳男性:時間が無駄になり気分が悪かった。
・37歳男性:不動産会社に対する信頼感がなくなった。
・29歳女性:釣るような広告の仕方をしてると信頼にかけるなと感じる。
・45歳女性:かなり時間がないなか探していたので、無下にされて悔しかった。

Comments from Underwriters

DEEPCORE TOKYO 2号投資事業有限責任組合 (運営会社: 株式会社ディープコア)
Senior Investment Director 左 英樹
he

これまで私自身が不動産賃貸物件を利用するユーザーとして、お部屋探しにおける課題を肌で感じていました。今回の資金調達を通じて同社が事業を一層加速させ、不動産賃貸業界の変革という同じゴールを目指す管理会社様や仲介会社様、システム管理会社様等のパートナーと手を取り合い、共に成長しながら、賃貸物件を探すユーザーに対して新たな顧客体験を提供できるようになることを期待しています。同社のサービスが今後、不動産賃貸物件を探すあらゆるユーザーに使われるインフラとなり、業界に新たなイノベーションをもたらしてくれると信じています。今後も同社の成長をサポートしていきます。

DNX Ventures
日本代表 Managing Partner 倉林 陽
he

この度、オンライン賃貸サイトを提供するairdoor(エアドア)に追加出資させていただきました。airdoorは、管理会社から物件が直接掲載され、物件の契約情報がタイムリーに反映される仕組みを作り上げたことで、おとり物件や重複が一切なく、ユーザからの仲介手数料も無料もしくは格安の手数料で提供できるプラットフォームです。来店不要で、物件に現地集合して内見、現地解散というシンプルで新しい「お部屋探し」のユーザ体験を実現しました。産業別労働生産性の国際比較では、特に生産性が低いとされる日本の不動産業界において、airdoorが変革のトップランナーになることをDNXは期待しております。

HAKOBUNE
Founding Partner 栗島 祐介 氏

お部屋探し・契約の新スタンダードを目指し、リアルタイムの物件情報やオンライン契約手続きを提供するairdoorは、賃貸市場の課題に革新的な解決策を提示するリーディングカンパニーになることを確信しています。今回の資金調達によって、管理会社との提携拡大やカスタマーサポートの強化、システム開発を推進し、更なるユーザー体験の向上を実現していくことで、多くの人々に快適な引っ越し体験を提供することを期待しております。

従来の賃貸システムと「airdoor」の仕組みの違い

従来の賃貸の仕組みでは、管理会社の掲載する業者間サイトと仲介会社との間でシステムが分断されており、仲介会社へのシステム登録は手動更新が一般的です。そのためインターネット上におとり物件が多く存在するという問題が発生していました。おとり物件の取締りは厳格になされていますが、賃貸業界の構造上、成約済み物件に関しては1週間から2週間のタイムラグが発生することは、まだまだ一般的です。
また、既存の賃貸ポータルサイトでは、物件が重複して掲載されていることも多くあります。おとり物件や重複掲載があることで、ユーザーは部屋を探す際に正しい情報を得ることが難しい状況でした。

「airdoor」は管理会社のシステムと直接データ連携し、掲載するのは物件管理を行う「賃貸管理会社」だけに限定することで、おとり物件なし・重複なしで鮮度の高い情報を掲載できる仕組みを実現しました。

airdoorの特徴

1.大手デベロッパー管理会社のブランドマンションを中心に、最新情報を掲載
現在、約70社(総管理戸数:140万部屋)の管理会社と提携しています。
「プラウドフラット」「ザ・パークハビオ」「ブリリアイスト」「コンフォリア」など人気のマンションシリーズの物件も、最新の募集情報から探すことができます。

2.オンラインをベースとしたお部屋探しの仕組み
内見はオンラインで予約し、現地集合、現地解散、物件申込まで、オンライン中心のプロセスで手続き可能です。
重要事項説明は、IT重説を利用し、ビデオ通話サービスにて実施します。
契約締結は、電子契約か郵送にて対応するため、不動産会社に足を運ぶ必要がありません。

3.仲介手数料が最大無料
既存の賃貸サービスにおける仲介手数料は1ヶ月分が多く、 ユーザーにとって賃貸契約時の一つのハードルとなっておりました。「airdoor」は店舗を持たずオンライン中心のプロセスで効率化することにより、仲介手数料を抑えています。

代表プロフィール

鬼頭 史到(Fumiyuki Kito)氏
福岡県出身、立教大学卒業。新卒で不動産業界特化型SaaS企業「いい生活」へ入社。営業部及び新規事業部の部門長を経て、OYO Hotels Japanへ転職。初年度年間トップセールス。2020年に株式会社エアドアを設立し、代表取締役に就任。不動産テック業界に在籍して13年。

name of company株式会社エアドア
EstablishmentSeptember 28, 2020
Location東京都港区港南二丁目15番1号 品川インターシティA棟 22階
representative鬼頭 史到
Business Overviewオンライン賃貸プラットフォーム「airdoor(エアドア)」の企画・開発・運営等
uniform resouce locatorhttps://airdoor.jp/
Facebook Comments
PORT Editorial Officehttps://port.creww.me/
PORT by Creww is an open innovation media for startups, entrepreneurs, entrepreneurs in recovery, and companies seeking to create new businesses on the theme of social issues, operated by Creww Co.
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

Ando Hazama x Cube Earth] Innovating the world's urban OS with patented technology from Japan and the U.S.

Creww Growth Case Study Interview】Ando Hazama has selected Cube Earth, a startup company offering a "smart disaster prevention system" to local governments through the "Ando Hazama New Business Co-Creation Program 2022," an accelerator program for fiscal year 2022, utilizing Cube Earth, a geographic information system platform patented in the United States and Japan. Cube Earth, a startup company that provides municipalities with a "smart disaster prevention system" using the geographic information system platform "Cube Earth" patented in the U.S. and Japan, was selected for the Ando Hazama New Business Co-Creation Program 2022. The startup is developing next-generation social infrastructure infrastructure such as disaster prevention systems, smart cities, drones, and digital twin systems as part of the DX approach to municipal crisis management. What specific initiatives are they pursuing? We interviewed Hiroyuki Horii, Deputy General Manager of the Innovation Department, Corporate Strategy Division, Ando Hazama, Shigehiko Amo, Chairman of Cube Earth, and Zenshi Takeda, President and Representative Director.

Sanki Kogyo × Startups] Become a company that continues to be chosen|New Steps in Co-Creation with Startups

Sanki Kogyo Corporation, which will celebrate its 100th anniversary in 2025, has set its sights on becoming a company that will "continue to be chosen" in accordance with its vision for 2050, and is working to strengthen its core businesses and enhance the Sanki brand. One of our new initiatives is to strengthen our core business and improve the Sankiki brand. Therefore, as one of the new initiatives, we are challenging the "SANKI Open Innovation Program 2023". We interviewed Mr. Hiroyuki Sasaki, Facility Systems Business Department, Mr. Tadashi Ishiwata, Corporate Planning Department, Corporate Planning Office, and Mr. Naoya Tokuda, Corporate Planning Department, who are challenging the accelerator program for the first time, about their frank thoughts from their respective standpoints.

Ando Hazama × Air Digital × Kuki City] Tackling the challenge of extending healthy life expectancy through digital sports!

Ando Hazama, a general construction company that promotes the creation of new businesses through open innovation, has selected Air Digital Inc. Air Digital, Inc., a company involved in the development of digital sports space and the operation of digital sports fields, was selected for the program. Subsequently, Ando Hazama, Air Digital, and Kuki City, Saitama Prefecture, signed a collaboration agreement and are now working together on "Sports 60 & Smart," one of the largest digital sports clubs in Japan, which is located in the "Ario Washinomiya" shopping mall facility in Kuki City. What specific initiatives are being undertaken? We interviewed Tsubasa Sakakibara, Manager of the Innovation Department of Ando Hazama's Corporate Strategy Division, Sobaku Maeda, Representative Director of Air Digital, and Takeshi Kanazawa, a member of the Sports Promotion Section of the Health and Sports Department of the Kuki City Office.

Startup Recruitment] Caring for Community Health|Future Aisei Pharmacy with Roots in the Community through New Business

Aisei Pharmacy has more than 400 dispensing pharmacies nationwide. As the company will soon celebrate its 40th anniversary, we are challenging the accelerator program in search of the next pillar of our business! Aiming to become a pharmacy that is needed by local residents, the company will explore the possibility of creating new businesses. In this interview, we spoke with Hiroyuki Hori, General Manager of the Business Planning Department of Aisei Pharmacy Inc. about why Aisei Pharmacy is now taking on the challenge of open innovation with startups.
Facebook Comments
en_USEN