12.8 c
Japan
Monday, December 11, 2023

Who told you that? 'Startups getting the wrong kind of funding'

SQUARE and smartround will hold a startup seminar for all entrepreneurs, whether you are starting a business or focusing on your current business. The seminar will focus on "fundraising" and provide useful information for startups using past case studies from both companies!

第一部 | 起業家の「幸せ」から考える資金調達の「過去」と「現在」と「未来」

1.IPO?M&A?起業家にとって本当の「幸せ」とは
起業家には、多種多様なスタイルがあります。
従来のようにIPOだけでなくM&Aによるイグジットも選択肢に加えることで、起業家の得意分野を最大限に引き出し、成功率の高い事業創出を可能にすることができます。

事業バイアウトを経て連続起業家としてユニコーン企業を誕生させたり、
自ら創業した事業をバイアウトした後にバイアウト先の代表になるケースも出てきました。
最近のIPOとM&Aのトレンドを知り、より成功率が高く、
起業家のタイプに最適なイグジットを選択することが重要です。

2. 売却前提起業を叶える「未来デューデリジェンス」と「資本政策」
起業家が3年後の事業売却金額を設定し、売却先候補3社をスタートアップスクエアが想定。売却先候補やM&Aサービス会社にヒアリングまたは起業家と面談を設定して「3年後の経営の答え」を教えてもらいます。

その後、売却候補先からもらった答えをベースに「アクションプラン作成」サービスを提供。管理部門もIPOと違いスリムになり、どう動けばよいのかが明確になり迷いや無駄がなくなります。

また、スタートアップというとエクイティでの資金調達ばかりがニュースにあがりますが、デットファイナンスも視野に入れた資本政策の「今」を実体験をもとにご紹介いたします。

第二部 | 本当に理解している?スタートアップに最適な資金調達とは

speaker
桐谷 晃司 氏 スタートアップスクエア株式会社 代表取締役
1964年大阪府生まれ。1991年人材コンサルティング会社ワイキューブの創業に始まり、3度の起業、1度の倒産、2度の事業売却を経験。
2001年にインターネット関連会社・デジパ株式会社を創業し、社員10名以上が起業するプロ集団に。2018年スタートアップ支援を目的にスタートアップスクエア(株)設立。2019年SUS第1号投資組合設立。著書に「検索せよ、そして動き出せ」(ビジネス社)「いちばんやさしいWebマネジメント教本」(インプレス社)

1.改めてスタートアップ・ファイナンスの基本を学ぶ
スタートアップ=急成長を目指す会社。
一般的にこれらのスタートアップは、その目指す急成長を実現するだけの資産も資金も持ち合わせていません。

そのためスタートアップの多くは外部資金を活用せざるを得ないのです。
でも知識も計画もないまま資金調達をするのはとても危険。
そもそも成功確率が極めて低くなりますし、上手くいったと思っても、契約内容が想定外の結果を産んだ、という失敗談はあまり語られないですが枚挙にいとまがありません。

2. 計画的な資金調達を支援する「smartround」とは?
投資家が求めている自社の情報を予め整理し、事業計画に沿った資金調達の計画を立て、自社にあった信頼できる投資家と繋がる。共有した情報をもとに契約交渉を行い、電子契約で投資契約書を締結、調達後は自動的に株主報告をする。

こうした一連の作業を雛形やガイドにそってひとつのプラットフォームでできたら素晴らしいと思いませんか?
できるんです!スタートアップの実務から生まれたsmartroundは、起業家を資金調達の悩みから解放し、より多くの時間を事業に投下できるようにするための究極のツールです。

当日は、「smartround」のご紹介、そしてスタートアップに必要な資金調達の基本についてお話します。

speaker
砂川 大 氏 株式会社スマートラウンド 代表取締役
1995年に慶應大学法学部卒業、三菱商事入社。海外向け鉄道案件を手掛ける。2001年にHarvard Business Schoolに留学。卒業後、米国独立系VCであるGlobespan Capital Partnersに入社し、ディレクターとして投資業務に携わる。同社日本代表を経て、2005年に起業。株式会社ロケーションバリューの代表取締役社長として、複数の位置情報サービスを開発、展開。
2012年にNTTドコモに同社を売却し2年半のロックアップを経て、2015年にGoogleに入社。Googleマップの製品開発部長、Androidの事業統括部長を歴任。2018年にGoogleを離れ、株式会社スマートラウンドを起業、現在に至る。
また個人としては、エンジェルとして国内外のスタートアップに積極的に投資している。

timeline

15:30~16:00 開場(当日は受付でお名刺を頂戴させていただきます)
16:00~16:05 会場(docks)説明
16:05~17:00 第一部 講演
17:00~17:55 第二部 講演
17:55~18:00 閉会

※閉会後に質疑応答の時間を設けております。
※当日の状況により、若干前後する可能性がございます。ご了承ください。

開催日時:2019/10/08 (火) 16:00 – 18:00 
会場:docks (東京都港区虎ノ門4丁目3−1 城山トラストタワー4階)

Facebook Comments
PORT Editorial Officehttps://port.creww.me/
PORT by Creww is an open innovation media for startups, entrepreneurs, entrepreneurs in recovery, and companies seeking to create new businesses on the theme of social issues, operated by Creww Co.

Featured

Ando Hazama x Cube Earth] Innovating the world's urban OS with patented technology from Japan and the U.S.

Creww Growth Case Study Interview】Ando Hazama has selected Cube Earth, a startup company offering a "smart disaster prevention system" to local governments through the "Ando Hazama New Business Co-Creation Program 2022," an accelerator program for fiscal year 2022, utilizing Cube Earth, a geographic information system platform patented in the United States and Japan. Cube Earth, a startup company that provides municipalities with a "smart disaster prevention system" using the geographic information system platform "Cube Earth" patented in the U.S. and Japan, was selected for the Ando Hazama New Business Co-Creation Program 2022. The startup is developing next-generation social infrastructure infrastructure such as disaster prevention systems, smart cities, drones, and digital twin systems as part of the DX approach to municipal crisis management. What specific initiatives are they pursuing? We interviewed Hiroyuki Horii, Deputy General Manager of the Innovation Department, Corporate Strategy Division, Ando Hazama, Shigehiko Amo, Chairman of Cube Earth, and Zenshi Takeda, President and Representative Director.

Sanki Kogyo × Startups] Become a company that continues to be chosen|New Steps in Co-Creation with Startups

Sanki Kogyo Corporation, which will celebrate its 100th anniversary in 2025, has set its sights on becoming a company that will "continue to be chosen" in accordance with its vision for 2050, and is working to strengthen its core businesses and enhance the Sanki brand. One of our new initiatives is to strengthen our core business and improve the Sankiki brand. Therefore, as one of the new initiatives, we are challenging the "SANKI Open Innovation Program 2023". We interviewed Mr. Hiroyuki Sasaki, Facility Systems Business Department, Mr. Tadashi Ishiwata, Corporate Planning Department, Corporate Planning Office, and Mr. Naoya Tokuda, Corporate Planning Department, who are challenging the accelerator program for the first time, about their frank thoughts from their respective standpoints.

Ando Hazama × Air Digital × Kuki City] Tackling the challenge of extending healthy life expectancy through digital sports!

Ando Hazama, a general construction company that promotes the creation of new businesses through open innovation, has selected Air Digital Inc. Air Digital, Inc., a company involved in the development of digital sports space and the operation of digital sports fields, was selected for the program. Subsequently, Ando Hazama, Air Digital, and Kuki City, Saitama Prefecture, signed a collaboration agreement and are now working together on "Sports 60 & Smart," one of the largest digital sports clubs in Japan, which is located in the "Ario Washinomiya" shopping mall facility in Kuki City. What specific initiatives are being undertaken? We interviewed Tsubasa Sakakibara, Manager of the Innovation Department of Ando Hazama's Corporate Strategy Division, Sobaku Maeda, Representative Director of Air Digital, and Takeshi Kanazawa, a member of the Sports Promotion Section of the Health and Sports Department of the Kuki City Office.

Startup Recruitment] Caring for Community Health|Future Aisei Pharmacy with Roots in the Community through New Business

Aisei Pharmacy has more than 400 dispensing pharmacies nationwide. As the company will soon celebrate its 40th anniversary, we are challenging the accelerator program in search of the next pillar of our business! Aiming to become a pharmacy that is needed by local residents, the company will explore the possibility of creating new businesses. In this interview, we spoke with Hiroyuki Hori, General Manager of the Business Planning Department of Aisei Pharmacy Inc. about why Aisei Pharmacy is now taking on the challenge of open innovation with startups.
Facebook Comments
en_USEN