12.8 C
Japan
日曜日, 11月 29, 2020
Tags 自治体アクセラレーター

Tag: 自治体アクセラレーター

関東経済産業局とCreww|オープンイノベーションプログラム 『REGIONAL GROWTH ACCELERATOR CHALLENGE 2020』 を2020年11月24日より開始

Crewwは関東経済産業局とともに、オープンイノベーションによる新規事業の創出を目的とした『REGIONAL GROWTH ACCELERATOR CHALLENGE 2020』を2020年11月24日より開始します。 地域企業3社と共に革新的ビジネスを共創可能なスタートアップ企業を大募集! ~スタートアップ企業への説明会(オンライン)を開催します~

「愛媛アクセラレーター2020」が成果報告会を11月26日に開催!

愛媛銀行は、Creww株式会社と2020年3月に愛媛県内企業の新規事業の創出を支援するために「愛媛アクセラレーター2020」を開始しました。このたび、参加企業3社すべてに新規事業の具体化に向け進んでいる協業案が生まれているため、成果報告会が開催されることとなりました。

関東経済産業局が「オープンイノベーション・チャレンジピッチ 2020」を開催!

外部連携意欲の高い企業群と地域企業のオープンイノベーション促進者同士がネットワーキングすることを通じて、企業間、産学連携の創出を目指す「オープンイノベーション・チャレンジピッチ2020」(主催:関東経済産業局)が、20年11月27日(金)・21年2月19日(金)の2回に渡り、オンラインで開催されます。 #オープンイノベーション #自治体アクセラレーター

愛知県のものづくり企業が挑む、デジタルシフトによる社会の課題解決とは

愛知県では、愛知県内の優れたモノづくり技術を持つ企業と全国のスタートアップとのオープンイノベーションを推進している。その一環として、愛知県企業とエントリーしたスタートアップが直接ディスカッションや商談ができるビジネスマッチングプログラム「Aichi Matching 2019」が、2020年2月14日に東京で開催された。イベントに参加した愛知県の企業の1社が、1969年に創業したものづくり企業、ユーアイ精機だ。同社は現在2社との協業をスタートさせており、新しい事業への展開を目指している。どのような企業とどのようなコラボレーションをしているのか...

広島発 日本全国、浸水被害ゼロを目指したオープンイノベーション|建材メーカーの「防水ボックス」を広告媒体に。

広島県と広島銀行は、広島県が行っているオープンな実証実験の場「ひろしまサンドボックス」内の取り組みの一つとして、「広島オープンアクセラレーター」を実施。県内に新たな事業の創出を目指し、多様な事業領域の県内企業と、全国のスタートアップを結びつけています。 このプログラムでマッチングした事例の一つが、グレーチングメーカーとして国内トップシェアを誇る株式会社ダイクレと、インターネット広告事業などを展開している東京のスタートアップ・株式会社カンバイ。 ダイクレが開発した「防水ボックス」を広告媒体にすることで、全国の防水被害ゼロを目指しています。 具体的に、どのような取り組みを進めているのか、ダイクレ企業戦略室 室長の山本晃大氏とカンバイ代表取締役の丸山高範氏にお話を伺いました。 #オープンイノベーション事例  #地方オープンイノベーション

関東経済産業局|地域企業・スタートアップ共創アクセラレーターチャレンジに参画する地域企業を採択

関東経済産業局ではCreww株式会社と連携して、「地域企業・スタートアップ共創アクセラレーターチャレンジ」を実施しています。今回、スタートアップとの共創による新たな価値創造に挑戦する地域企業を3社採択したことを発表しました。今後、11月下旬を目処にスタートアップの皆様からの提案を募集予定です。

浜松市が仕掛けるオープンイノベーション|ものづくり×ベンチャーによるイノベーションの創出

Crewwと浜松市が2020の夏より開始した自治体オープンイノベーション「浜松アクセラレーター2020」。浜松市がオープンイノベーションを実施するに至った目的とは。また浜松市がアクセラレータープログラムの開催をきっかけに描く本市の未来像について、浜松市産業部次長の江馬氏と浜松市産業部産業振興課ベンチャー支援グループの杉浦氏にお話を伺いました。

浜松市とCrewwによるオープンイノベーションプログラム 『浜松アクセラレーター2020』が10月26日より開始

Creww株式会社(クルー)は浜松市とともに、オープンイノベーションによる新規事業の創出を目的とした『浜松アクセラレーター2020』を2020年10月26日より開始します。 #アクセラレータープログラム #モノづくり #浜松

地方自治体が主導するオープンイノベーションの最新動向と事例を紹介

日本におけるオープンイノベーションは大企業が中心となってスタートアップに出資するというパターンが多かったのですが、ここ数年、地方自治体が主導してオープンイノベーションを推進するケースが目立ってきました。その最新動向と具体的な事例を紹介していきましょう。

海外とつながる佐賀県の「コスメティック構想」。官民学のオープンイノベーションで九州北部の産業集積地を目指す

佐賀県では、佐賀県を中心とする九州北部に国際コスメティッククラスターを実現させるために、フランスにある世界最大の化粧品産業クラスター「コスメティックバレー」と連携して、2012年よりコスメティック構想を推進している。佐賀県やジャパン・コスメティックセンター、大学、民間企業等が連携して地域内での産業集積を進めながら、国際取引を行ってきた。そして2020年度は、この取り組みをより加速させるためにアクセラレータープログラムを導入。県内企業とスタートアップの協業によって、佐賀から世界を変えるビューティ&ヘルスケア事業の創出を目指している。この取り組みについて、佐賀県ものづくり産業課 コスメティック構想推進室室長の大野純子氏と一般社団法人ジャパン・コスメティックセンター参事 八島大三氏に話を伺った。

PICKUP

DSファーマアニマルヘルスが「動物の健康を支える新規事業」 へのエントリー募集!

DSファーマアニマルヘルス株式会社が10月12日(月)~12月12日(土)の期間、新規事業につながる技術シーズ・ビジネスシーズの探索を目的とする、「動物の健康を支える新規事業探索プログラム2020」へのエントリーを募集しています。 #DSファーマアニマルヘルス #動物の健康を支える新規事業探索プログラム2020 #スタートアップ