12.8 C
Japan
土曜日, 8月 13, 2022
Tags ノウハウ

Tag: ノウハウ

福岡では自治体のオープンイノベーション事例も豊富?取組事例を解説

【オープンイノベーションコラム】福岡は古くからアジアの交流拠点や国際都市として知られていることから、進歩的なイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。そこで、近年増えつつある自治体が関わるオープンイノベーションの事例も福岡で豊富なのか気になるところです。この記事では、福岡で今どのようなオープンイノベーションが進められているかを解説します。 #オープンイノベーション #コラム #ノウハウ #福岡 #大挑戦時代をつくる #Creww

青森の自治体オープンイノベーション事例とは?重要キーワードも解説

自社のみならず、様々な企業や団体の知識や技術を結集することで目的を達成するオープンイノベーションが注目を集めています。今回は青森のオープンイノベーション事例を重要キーワードと共に紹介します。 #オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #青森県 #Creww #大挑戦時代をつくる

【限定公開】2022年に備える!スタートアップ共創における協業案の見極め方

オープンイノベーションプログラム開催支援実績国内No.1のCrewwの取締役 水野 智之と新日本法規出版の河合 嘉之氏、野村不動産の桑原 利充氏をパネリストに、「2022年に備える!スタートアップ共創における協業案の見極め方」というテーマのもと、協業案の見極め方や、協業案の判断軸について語っていただきました。

プログラム開催実績No1のオープンイノベーション支援サービスCrewwGrowthとは?

【オープンイノベーションコラム】スタートアップが事業会社の経営資源を活用して事業加速でき、事業会社がスタートアップの先進的なアイデアやテクノロジーを借りることでイノベーションを生み出す仕組みとして、「オープンイノベーション支援サービス」を提供しているCrewwの執行役員 中島克也氏に、事業責任者から見たサービスの魅力と特徴を伺いました。 #オープンイノベーション #スタートアップ #DX推進 #新規事業創出 #大挑戦時代をつくる #Creww

オープンイノベーションの必要性が高い理由とは?導入の課題も解説

【オープンイノベーションコラム】消費者のニーズが多様化する現代、オープンイノベーションの必要性がクローズアップされています。他社や研究機関と連携して技術やノウハウを取り入れることにより、コストダウンや生産過程の短期化が可能です。 本記事では、オープンイノベーションの必要性を説明するとともに、導入事例も紹介します。 #オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

新規事業創出の手法、オープンイノベーションが向いている会社と向いていない会社の違いとは

【イベントレポート】新規事業を創出する手法の一つである「オープンイノベーション」は、テクノロジーの進化や多様化する消費者のニーズを捉え、急速な変革を求められる現代の企業にとって、注目の手段です。既存のクローズドイノベーションに比べ、互いが既に持ち合わせているリソースを早速に活かし合うオープンイノベーションは、企業の垣根を超えた挑戦であると同時に、今、あるいは将来、社会が求める価値そのものを創出する可能性に満ちています。そのスピード感と創造性は、オープンイノベーションの魅力の一つではないでしょうか。オープンイノベーションへの取り組みが一般的となった今、はたして“オープンイノベーションに向いている会社”とは一。Crewwは、オンラインイベントInnovator`s Academyを開催。ゲストスピーカーに、フォースタートアップス株式会社 アクセラレーション本部 Public affairs戦略室 小田健博氏を迎え、お話を伺いました。 #オープンイノベーション #新規事業 #Creww #大挑戦時代をつくる

オープンイノベーションを自社に導入するメリット・デメリットを解説

【オープンイノベーションコラム】オープンイノベーションは、社外の技術やリソースを活用できることがメリットです。さらに新規事業に参入するなど、多様化する消費者のニーズに対応することもできます。 今回は、オープンイノベーションのメリットについて説明。成功させるポイントや導入事例も紹介します。 #オープンイノベーション #コラム #ノウハウ #大挑戦時代をつくる #Creww

地方のDX推進の課題と解決方法とコロナ禍による今後の影響とは?

【DX推進コラム】2020年7月に内閣府地方創生推進事務局が発表した「まち・ひと・しごと創生基本方針2020」には、地方創生政策方向のひとつとして地方におけるDXを強力に支援することが述べられています。しかし、地方ならではの課題が存在する他、コロナ禍によってDXを取り巻く環境が大きく変化したことで、地方のDX推進は新たな岐路に立たされているといえるでしょう。 この記事では、地方都市に存在するDX課題を整理した上で、いくつかの解決方法を提示します。実際に地方都市や海外でDXを進めた事例やコロナ禍によるDX推進の影響もみていきましょう。 #DX推進 #オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #withコロナ #地域活性化 #大挑戦時代をつくる #Creww

祝デジタルの日!大挑戦時代をつくる。注目のデジタル関連まとめ記事

【オープンイノベーションコラム】2021年9月1日のデジタル庁創設を記念し、官民で連携しデジタル化を促進する「デジタルの日」が創設されました。本年度から始まる「2021年デジタルの日」は、デジタル技術で活用される二進数の数字「1」と「0」で構成された、10月10日(日)、11日(月)の2日間です。「デジタルの日」にちなんで、デジタルトランスフォーメーション(DX)やデジタル社会における事業創出のtips等、デジタル関連のおすすめ記事5つをご紹介します! #デジタル社会 #デジタルの日 #オープンイノベーション #スタートアップ #DX推進 #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

【限定公開】覆面座談会!各社はアクセラレータープログラムの募集テーマでどのような工夫をしているのか

【生のノウハウを共有】「社内環境や自社の事業に対して新しい技術やアイデアを求める企業」と「企業の持つリソースや資金力などに魅力を感じるスタートアップ」が、お互いにWin-Winの関係として、対等な立場で共創するアクセラレータープログラムですが、より良い提案をスタートアップから集めるためには、募集ページのテーマ設計がポイントとなってきます。そこでアクセラレータープログラムを開催している各社をお招きし、アクセラレータープログラムの募集テーマでどのような工夫をしているのかについて、お伺いしました。 #募集テーマ #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #ビジネスアイデア #Creww #大挑戦時代をつくる

PICKUP

2022 Japan-U.S. Innovation...

少し前のニュースですが、2022年7月14日に開催されたJapan - U.S. Innovation Awardsシンポジウムの『イノベーション・ショーケース』受賞企業として、日本の注目スタートアップ企業5社が選出された記事をご紹介します! #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント