12.8 C
Japan
金曜日, 6月 25, 2021
Tags デジタルトランスフォーメーション

Tag: デジタルトランスフォーメーション

デジタル社会における企業の新規事業創出と既存事業進化の手法

【DXコラム】 今後の日本企業にはこれまで以上に「デジタル社会」に向けた革新が求められます。クラウド化やAI、IoTなどの最新テクノロジーを駆使し、新たなビジネスモデルを構築したり、価値提供をしたりしなければいずれ淘汰されてしまうでしょう。 ただし、最新システムを導入しただけで「デジタル化」したとはいえません。そこで、企業がデジタル社会に向けてどう新規事業を創出していくべきか、または既存事業を進化させるためにとるべき手法などを解説します。 #DX #DX推進 #デジタルトランスフォーメーション #コラム #ノウハウ #大挑戦時代をつくる #Creww

オープンイノベーションを活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)の進め方

社会のあらゆる分野でデジタル化が進んだ現在、企業が競争力を維持するためにはデジタルトランスフォーメーション(DX)によってデジタル化を推進し、事業領域を広げ、新たな分野に進出することが重要です。 デジタルトランスフォーメーションを推進するためには自社の強みと課題を把握し、適切なアクションを取る必要がありますが、自社だけでデジタルトランスフォーメーションを進めていくのは容易ではありません。 そこで今回は、デジタルトランスフォーメーションの進め方や、デジタルトランスフォーメーションを進める上で有効なオープンイノベーションの活用方法について解説します。 #DX #DX推進 #オープンイノベーション #ノウハウ #コラム

スタートアップ活用によるデジタルトランスフォーメーション(DX)推進の成功事例とは

今日、多くの日本企業が古いシステムから脱却できず、デジタル化の対応に悩んでいます。DX推進のために多くの企業が模索しているなか、このような企業のDXを手助けする事業を展開しているスタートアップは少なくありません。 その活用でDXに成功した事例もあります。外部から新しい価値を取り込み、既存システムを変えることがDX成功の近道ともいえるでしょう。 記事では、日本におけるDXの現状を考察しながら、スタートアップ活用によるDX推進の成功事例を紹介します。 #スタートアップ #DX #DX推進 #ノウハウ #コラム

製造業のデジタルトランスフォーメーション実現のためにスタートアップが果たす役割とは

日本でのデジタルトランスフォーメーションは遅れをとっており、その推進が急がれています。 とりわけテクノロジーの進化で新しい製品やサービスが誕生している製造業の分野では、デジタル技術を取り入れていくことが急務。製造業のデジタルトランスフォーメーションを実現するためには、新しい価値を生み出せるスタートアップとの連携も視野に入れてみるのもひとつの方法です。 この記事では、製造業のデジタルトランスフォーメーション実現のためにスタートアップはどのような役割を果たすのかについて考察します。スタートアップとの連携事例も紹介します。 #スタートアップ #DX #DX推進 #製造業 #コラム

DX推進を加速させるオープンイノベーションのメリットとは?

現在の日本経済を活性化する要素として注目されているのがオープンイノベーションとDX推進です。この2つを組み合わせることによって、相乗効果が期待できます。まずオープンイノベーションとDX推進の現状を分析。さらにDX推進を加速させるオープンイノベーションのメリットについて解説します。 #DX #DX推進 #オープンイノベーション #ノウハウ #コラム

DXを導入するためのポイントとスタートアップと共創するメリット

DXは、企業の製品やサービス、ビジネスモデルを変革し、デジタルに置き換えることでビジネス上の優位を獲得することを目的とした概念です。 DXの導入は企業の大きな課題のひとつですが、どのように導入すれば良いでしょうか。また、DXを導入するうえではスタートアップとの連携によって効率的にDXを推進できる可能性があります。 そこで今回は、DX導入のポイントやスタートアップとの連携によってDXを導入するメリットについて解説します。 #DX #DX導入 #スタートアップ #オープンイノベーション #ノウハウ #コラム

DX(デジタルトランスフォーメーション)向けの補助金や助成金はある?種類と取得の流れを解説

DX(デジタルトランスフォーメーション)とはデジタル技術の導入を通して働き方を改革し、企業の生産性や競合優位性を向上させる技術革新のことです。しかし、新たな技術を導入するためにはコストが発生するため、なかなかDXを導入するのは難しいと考える人もいるでしょう。 企業が導入コストを抑えつつDX導入を進めていく方法として、補助金や助成金の活用が挙げられます。補助金や助成金であれば自己負担を抑えつつ、DXの導入を早期に進めることが可能です。 そこで、今回はDX向けの補助金や助成金について紹介していきます。DX導入をコストを抑えて導入したいとお考えの場合はぜひご覧ください。

DXとは?デジタルトランスフォーメーションの導入プロセスやメリットも紹介

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、企業の働き方をデジタル化することで生産性や競合優位性を向上させることです。日本では生産人口の減少が見込まれていることから、市場環境を維持するためには一人ひとりの生産性向上が欠かせません。そのために用いられるのがDXですが、そもそもDXとはどんな概念でどんなメリットがあるのか、あまりよく分からない場合もあるでしょう。 そこで、今回はDXの概要やメリットについて紹介していきますので、DX導入を検討する上での参考にしてください。 #デジタルトランスフォーメーション #オープンイノベーション

日立製作所が社会課題の解決やデジタルトランスフォーメーション加速のため、業界を越えたパートナー連携制度「Lumadaアライアンスプログラム」を開始

日立製作所は、このたび、社会課題の解決や、デジタルトランスフォーメーションの取り組みをさらに加速させるため、業界を越えた多様なパートナーと相互に連携する制度「Lumadaアライアンスプログラム」を開始し、Lumada*1事業のグローバル展開の中核を担うHitachi Vantara LLCと連携しグローバルな展開を行うとした。

愛知県のものづくり企業が挑む、デジタルシフトによる社会の課題解決とは

愛知県では、愛知県内の優れたモノづくり技術を持つ企業と全国のスタートアップとのオープンイノベーションを推進している。その一環として、愛知県企業とエントリーしたスタートアップが直接ディスカッションや商談ができるビジネスマッチングプログラム「Aichi Matching 2019」が、2020年2月14日に東京で開催された。イベントに参加した愛知県の企業の1社が、1969年に創業したものづくり企業、ユーアイ精機だ。同社は現在2社との協業をスタートさせており、新しい事業への展開を目指している。どのような企業とどのようなコラボレーションをしているのか...

PICKUP

【CANNATUREL×ネクストミーツ】包括的な業務提携を締結

【オープンイノベーションニュース】 日本各地の生産者や中小食品メーカーとデリシャス缶詰などの自然派加工食品を共同開発することを通じて、新たなグロサリー市場創造と、第1次産業及び第2次産業の持続的発展及び、地域創生を目指すサスティナブル・ブランド「カンナチュール」は、代替肉開発スタートアップ「ネクストミーツ」との包括的な業務提携を通じて、食品ロスを防ぐ「サスティナブルなものづくり」に加え、代替肉を活用したデリシャス缶詰を市場流通させることにより、代替肉の認知及び消費者接点を増やすことを目指します。 #カンナチュール #ネクストミーツ #代替肉 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント