12.8 C
Japan
月曜日, 1月 18, 2021
Tags コラム

Tag: コラム

青森の自治体オープンイノベーション事例とは?重要キーワードも解説

【オープンイノベーションコラム】 自社のみならず、様々な企業や団体の知識や技術を結集することで目的を達成するオープンイノベーションが注目を集めています。最近では自治体がこの取り組みに関わっているケースも増えているため、自分が関係する県の状況が気になる方もいるのではないでしょうか。 そこで、今回は青森のオープンイノベーション事例を重要キーワードと共に紹介します。 #オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #青森県 #イノベーション・ネットワークあおもり #弘前大学 #Creww #大挑戦時代をつくる

オープンイノベーションの成否を握るイノベーション人材の育成と活用

オープンイノベーションを成功に導くための大きな要因となっているのは新たな産業の創出に貢献できるイノベーション人材です。しかし日本の社会において、オープンイノベーションの担い手が恒常的に不足している現状があります。そもそもイノベーション人材とはどんな能力を持った人間のことなのでしょうか。ここではその定義、育成方法、活用方法を解説していきます。 #オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #イノベーション人材

北海道のオープンイノベーションの鍵は地方創生!自治体の事例も紹介

オープンイノベーションには企業が主導するもの、国や地方自治体が主導するものなど、さまざまな形態があります。ここでは、自治体が中心となって推進している北海道のオープンイノベーションの現状や特徴を、具体的な事例の紹介を交えながら解説します。 #オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #北海道 #地方創生 

オープンイノベーションを活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)の進め方

社会のあらゆる分野でデジタル化が進んだ現在、企業が競争力を維持するためにはデジタルトランスフォーメーション(DX)によってデジタル化を推進し、事業領域を広げ、新たな分野に進出することが重要です。 デジタルトランスフォーメーションを推進するためには自社の強みと課題を把握し、適切なアクションを取る必要がありますが、自社だけでデジタルトランスフォーメーションを進めていくのは容易ではありません。 そこで今回は、デジタルトランスフォーメーションの進め方や、デジタルトランスフォーメーションを進める上で有効なオープンイノベーションの活用方法について解説します。 #DX #DX推進 #オープンイノベーション #ノウハウ #コラム

地方でイノベーションが進まないのは何故?原因や対策を紹介

イノベーションの創出が大きなビジネステーマに掲げられている昨今、特に都市部ではオープンイノベーションなど様々な取り組みが実施されています。しかし地方では都市部に比べ、イノベーションが進んでいないのが実情です。 高度に情報化された環境が地方でも整い、都市部と同じような就労環境を作ることはできるようになりましたが、なぜ地方ではイノベーションが進まないのでしょうか。 今回は、地方でイノベーションが進まない原因を分析し、地方でイノベーションを促進するためのポイントについて解説します。 #イノベーション #地方 #地域活性化 #ノウハウ #コラム 

スタートアップ活用によるデジタルトランスフォーメーション(DX)推進の成功事例とは

今日、多くの日本企業が古いシステムから脱却できず、デジタル化の対応に悩んでいます。DX推進のために多くの企業が模索しているなか、このような企業のDXを手助けする事業を展開しているスタートアップは少なくありません。 その活用でDXに成功した事例もあります。外部から新しい価値を取り込み、既存システムを変えることがDX成功の近道ともいえるでしょう。 記事では、日本におけるDXの現状を考察しながら、スタートアップ活用によるDX推進の成功事例を紹介します。 #スタートアップ #DX #DX推進 #ノウハウ #コラム

技術系スタートアップとの共創が会社のイノベーションを推進!注目の事例を紹介

新しい事業を展開しようと考えるとき、メリットが大きいのが技術系スタートアップとの共創です。自社のみで進めればリスクを伴う新規事業の開発も、すでに成果を上げているスタートアップの技術力を活用することで安全に進めることが可能になるでしょう。 この記事では、技術系スタートアップとの業務提携や協業の事例、共創する方法について紹介します。 #スタートアップ #オープンイノベーション #技術系スタートアップ #ノウハウ #コラム #協業 #業務提携

アクセラレータープログラムで選ばれるスタートアップとは?

ここ数年、国内で行われているアクセラレータープログラムは増加傾向にあり、応募するスタートアップの数も増えつつあります。採択されるスタートアップの条件やプログラムのプロセスについて解説します。 #スタートアップ #アクセラレータープログラム #ノウハウ #コラム

タテからヨコへ変わりゆく世界

以前、「会社はコミュニティ化し、仕事はプロジェクト化する」という記事をエントリーしました。あれから1年。2020年という、世界と日本にとって節目となるであろうこのタイミングで、急激に変わりゆく世界を私なりに考察し、「タテからヨコへ変わりゆく世界」という概念でまとめてみました。昭和〜平成を「タテの世界」。令和を起点とする未来を「ヨコの世界」と定義しています。 タテの世界 タテの世界とは、際限なくタテに伸びていく階層構造(ヒエラルキー)です。上と下の概念は、主従関係や強制力と相性が良く、約70年前の世界大戦時においては「国家(軍隊)」、60年前の高度経済成長期は「会社」が代表的な組織構造でした。 上から下へ働く重力は中央集権と金融資本主義を加速させ、誰かや何かとの比較を肥大化させるエンジンとなります。仕事はニュートンのリンゴのように上から落ちてきます。集団の中で、リンゴをキャッチする最も”課題解決”が上手な人間が上へ上へと駆け登り、管理がしにくい個性と美意識は同調同質の圧力に潰されていきます。 タテ型経営の行き過ぎによってビジネスパーソンは会社の歯車と化し、コンプライアンスの徹底によって決められたことしかできない、やらない思考停止状態に陥ります。地球においては資源の奪い合いと温暖化が加速化し、富と機会の二極化は国家の右傾化を招きます。これらは全て、際限なくタテに「伸び切ってしまった」社会のひずみだと感じるのです。タテを否定しているわけではありません。ただし、上と下の距離感はもはや限界に近づいているのではないでしょうか。

PICKUP

学研ホールディングスがEd-Tech/Care-Tech領域で総額30億円規模のCVC投資プロジェクトを開始

【イノベーションニュース】 学研ホールディングスが、Ed-Tech/Care-Tech領域を中心に、国内外の教育・介護市場のイノベーションを目的とした投資活動、「Gakken Innovation-Tech Fund(Gakken Capital)」プロジェクトを開始します。 #学研ホールディングス#EdTech #CareTech #CVC
Facebook コメント