12.8 C
Japan
水曜日, 11月 30, 2022

女性エンジニアがたった1人で開発!議論を愉しむアプリ「GIRON」Android製品版正式リリース

株式会社GIRONは、ユーザー間で議論を愉しむアプリ「GIRON」のAndroid 製品版を12月2日(木)にリリースしました。GIRONアプリは、代表取締役CTOである近藤 優実氏がたった1人で、iOS・Androidの両OSの開発を行っています。

GIRONとは

GIRONは、仕事や趣味、教育、哲学などユーザーが自由にテーマを設定して、無料で議論できるアプリです。純粋に議論を楽しむことができるほか、コメントの貢献に応じてアプリ内のアイテムをリワード(投げ銭)することができ、ユーザーが稼げる仕組みがあることも特徴です。

これまでGIRONは製品版として、iOSのみを提供していましたが、Androidにおいてβ版での実証実験を経て、マイページの機能充実やブロック機能の追加など改善し、製品版をリリースすることになりました。

<Android>
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.giron.android
価格: ダウンロード無料・利用無料
互換性:Android 6.0以降

<iOS版>
App Store:https://apps.apple.com/jp/app/giron/id1404921206
価格: ダウンロード無料・利用無料
互換性: iOS 13.0以降

GIRONアプリの特徴

①相談したい方・議論を楽しみたい方にぴったりのアプリ
就職活動や副業など本気の相談から、時事ニュースなど興味関心のある話題まで、自由にテーマを投稿することができます。あなたが設定したテーマに他ユーザーがコメントを寄せることで、「議論」がスタートします。

②コメントで稼ぎたい方に向けたアプリ
アプリ内では、コメントに対して賞賛・返礼の意味を込めてユーザー間で”Gコイン”が投げ銭されています。GコインはAmazonギフト券、QUOカードPayへの交換が可能で、知識をアウトプットしたい方におすすめです。

③好みのテーマを検索して、読みものとしても使えるアプリ
GIRONユーザーが投稿したテーマ、コメントのやり取りは、ユーザーの知識の集積であり、読みものとして成り立つ議論スレッドが多く存在します。気になるワードを検索することで関連した知識を得ることができます。

④全て無料で楽しめて、コインがたまるアプリ
コメントの閲覧、投稿を無料で行うことができるだけでなく、毎日のログインでGコインがたまっていく、お得なアプリです。ログインでたまったGコインも、Amazonギフト券、QUOカードPayへの交換が可能です。

⑤コメントが荒れないアプリ
GIRONユーザーは知的好奇心が高い特性があり、闊達な議論を阻害するコメントが極めて少ないのが特徴です。ユーザーが不快に感じる投稿に対する取り締まり機能として、不快に感じる言葉を打ち込めない「NGワード設定」や、「通報ボタン」を設けています。

たった1人で開発したGIRONアプリ

一連の開発において、同社の代表取締役CTOである近藤 優実氏が経営に携わりながら、インフラを始めとする開発環境の設計、UI・UXデザイン、プログラミング、保守運用も含めた全ての工程をたった一人で行い、両OSの開発を実現いたしました。

エンジニアの女性比率は約15%程度と極めて低いなかで、近藤優実はフリーランスとして奮闘しながら、豊かな開発経験を積みつつ、経営学修士のMBA取得を経てビジネスの資質を磨き、株式会社GIRONを共同で立ち上げました。

株式会社GIRONは、経営陣を含む全てのメンバーが副業で参画しており、フルリモートでの業務を推奨しています。近藤 優実氏は、コーディングの全てまでを担うタフな開発を新しい働き方で実現しています。

代表取締役CTO 近藤 優実 氏 プロフィール

大学時代からプログラミングに関心を持ち、個人製作でゲームを4作品公開。開発したゲームのDLは20万を超える。大学卒業後は、ソフトウェア開発会社に2社入社。業務システムからWeb、ソーシャルゲーム開発に至るまで、様々な媒体や言語での経験を積む。

2017年からはフリーランスとして独立。中央大学大学院戦略経営研究科にてMBAを取得する傍ら、様々なスタートアップの立ち上げに関わる。2019年から大学院同期生と「GIRON」を立ち上げ、CTOとしてプロダクトの全てを管掌する。

<近藤 優実 氏のコメント>

GIRONアプリの価値は、わかりやすく言うと「誰が言うか」ではなく、「何を言うか」を大切にしたコミュニティの性格にあると思っています。ユーザーがヒエラルキーのない空間で自由闊達に自身の考えを披露し、議論できる空間をつくりたい。互いの尊重のもと交わされる言葉によって人の成長を無限に促進していく、そんな空間づくりを目指して開発を続けています。

実は、今回リリースしたAndroidの開発は未経験でしたが、新しいサービスを作るためにはチャレンジあるのみ!iOSとの違いに苦戦しつつも新しい学びを楽みながら作りました。今後は私1人ではなく、新たな仲間もジョインしてくれているので、開発を仕組み化していきます。GIRONはまだまだこれからのサービスです。

会社概要

社名 :株式会社GIRON
本社 :東京都渋谷区道玄坂2-18-11 サンモール道玄坂421
代表者:代表取締役CEO 粟津 裕行
    代表取締役CTO 近藤 優実
設立 : 2019年1月18日(サービス開始日:2019年4月12日)
URL : https://landing.giron.biz/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント