12.8 C
Japan
土曜日, 10月 23, 2021

経産省が推進する「IT導入補助金2021」の支援事業者に、アディッシュのチャットボット「hitobo」が認定!

テクノロジーやサービスの新領域で、カスタマーリレーション事業を展開するアディッシュ株式会社が提供する、カスタマーサポートや社内の問い合わせ対応を自動化し業務効率化を図るチャットボット「hitobo」が、経済産業省が推進する「令和元年度補正予算・令和2年度第三次補正予算サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金」( IT導入補助金2021)の支援事業者に認定されました。

「IT導入補助金2021」の概要

IT導入補助金は、経済産業省が中小企業の生産性向上を目的とし、自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費を補助することで、業務効率化・売上アップの向上・強化を図っていくことを目的としています。

今後アディッシュは、この支援事業者となり「hitobo」で問い合わせの自動化を行い、サポートしていきます。

■「IT導入補助金」について
https://www.it-hojo.jp/overview/

支援事業者に認定された背景

新型コロナウイルス感染症の流⾏が継続している中で、企業は感染リスクにつながる業務上での対人接触機会の低減対策を求められています。

Q&Aから即構築、最小の労力で自己解決を最大化するチャットボット「hitobo」は、「対人接触機会の低減」を支援し、リモートワークの定着と促進を図ります。

チャットボット「hitobo」支援内容

【サービス利用者の問い合わせ】
サービス利用者からの問い合わせに関して、従来は電話や対面で対応することが多かった場合でも、 チャットボット「hitobo」を導入することにより、WebサイトやLINEなどから対面せずにお客様からの問い合わせ対応が可能になります。

【社内の質問への対応】
社内からの質問に関して、従来は内線電話や対面での説明が多かった場合でも、チャットボット「hitobo」を導入することにより、社内の情報共有のためのWebページやSharePoint、Googleサイト等に設置したチャットボットから質問への回答が可能になり、同じような質問に対して何度も回答する必要がなくなり業務削減につながります。

チャットボット「hitobo」の特徴

多くの企業で「問い合わせ対応」が業務上の課題となっています。
問い合わせ対応では、同じような質問内容に同じような回答をすることに時間がとられていることが多く、担当者が本来の業務に集中できないといった問題が生じています。また、利用者の問題を素早く解決する手段が提供されていないことで、それらの企業の製品・サービスの利用から顧客が離脱するきっかけにもつながります。

チャットボット「hitobo」では、問い合わせ対応を自動化し、利用者が少ない労力で自己解決ができるように導くことで、利用者と担当者の双方の負担軽減を同時に実現します。また、一般的にはチャットボットの構築は約1か月~3か月程度要し、メンテナンスにも時間が取られますが、チャットボット「hitobo」は、構築・メンテナンスの時間をその6分の1程度に大幅に短縮できます。

【特徴1】最小の労力で自己解決を最大化
「ボタン誘導」「自由入力(AI応答)」「FAQ検索ページの自動生成」をすべて利用できることで、3つの機能の長所を活かし、短所を相互補完することにより、ユーザー自身による問題解決をすることが可能です。

【特徴2】短時間で構築とメンテナンスが可能
Q&Aを追加するだけで、チャットボット構築が可能です。通常1~3か月ほど要するところを、約3日~2週間で構築が可能です。
また、AI機能により質問の量が多くかつ、チャットボットが回答できなかった可能性の高い質問が自動でピックアップされます。それら質問の回答となるQ&Aを追加するだけでメンテナンスが可能です。

【特徴3】導入サポートも充実
サービス選定時(無料トライアル)の段階から、導入時・導入後まで、カスタマーサクセス担当がきめ細かく支援します。※導入サポートは、サービス費用に含まれています。

≪無料トライアル時≫
・課題整理の段階からサポート。豊富な経験により、チャットボット以外の方法も含め解決方法をアドバイス
・関係者へのサービス説明や、オンラインで画面を共有しながらの利用方法のデモ

≪導入時≫
・利用者がほしい回答にたどり着きやすくするためのQ&Aの作成に関して具体的なアドバイスを行い、実際のQ&A作成までを伴走
・オンラインで関係者への操作説明会

≪導入後≫
・チャット履歴を元に分析を行い、自己解決を最大化するためのチャットボットの改善を伴走

チャットボット「hitobo」導入事例

【愛知県小牧市の導入事例】
小牧市民から市役所への問い合わせ手段として、「市民が市役所に来庁しなくても簡単に問い合わせできる方法」ということでチャットボット「hitobo」が導入されています。

導入効果:チャットボットで問い合わせ対応ができることにより、市民の利便性の向上と「対人接触機会の低減」が期待されます。

【株式会社アーバンリサーチ社の導入事例】
全国に約220のアパレル店舗を展開しており「以前は、各店舗のスタッフからの問い合わせを主に電話及びメールによるヘルプデスクで受け付けており、業務効率化に関して課題を感じていた」という背景から導入されています。

導入効果:社内の問い合わせをチャットボットで対応することにより、質問者と回答者の業務の効率化を実現しています。

【会社概要】

設立   :2014年10月1日
代表者  :代表取締役 江戸 浩樹
本社所在地:東京都品川区西五反田1-21-8 ヒューリック五反田山手通ビル6階
事業内容 :ミッション「つながりを常によろこびに」のもと、インターネットやソーシャルメディアなどのイノベーション領域で発生する課題解決に向け、配慮されたコミュニケーション社会の実現を目指します。投稿モニタリング、ネットいじめ対策、ソーシャルアプリのカスタマーサポート、チャットボットの開発・運営を提供。
URL   :https://www.adish.co.jp

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

「カナエ」が見据える未来|パッケージ業界にイノベーションを起こしたい

【オープンイノベーションインタビュー】昭和31年創業。軟包装材料の加工・販売事業からスタートし、現在は「パッケージ」を核に、医薬品・化粧品・食品・トイレタリー&ケミカル・メディカルの5分野を主体として事業展開を進める株式会社カナエが、既存事業に対する新しい発想を求めて、オープンイノベーションを決意。スタートアップとの共創にかける思いを、代表取締役社長 中澤 孝氏に伺いました。 #アクセラレータープログラム #オープンイノベーション #スタートアップ #カナエ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

世界初! 辛さの単位を作った「辛メーター」。伊藤忠商事のアクセラレータープログラムでアイデアが形に

【スタートアップの流儀/インタビュー】定期的に食べたくなる辛い料理。しかし、辛さの基準は店によって違うため、残念な気持ちを味わった人は少なくないだろう。この体験に終止符を打つべく、辛さの単位を作ったのが辛メーター株式会社だ。映画監督・江口カン氏の「辛さの単位を作りたい」というアイデアに賛同した作家の元木哲三氏、そして周りに集まったプロフェッショナル達の高い熱量を、伊藤忠商事のアクセラレータープログラムが強力に後押し。どんな経緯で辛メーターは作られ、これからどのような展開を目論んでいるのか。元木氏に話を聞いた。 #伊藤忠商事 #辛メーター #アクセラレータープログラム #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【事業創出パートナー募集】社長と二人三脚で「明日の街を楽しく」する事業を生み出しませんか|店舗流通ネット オープンイノベーション

【オープンイノベーションインタビュー】 「飲食店の業務委託型ビジネス」を創ったパイオニア、店舗流通ネット株式会社。初期投資を抑えた出店サービスという唯一無二のビジネスモデルを確立させ、そこで培ったノウハウやネットワークをもとに、「店舗」を軸とした不動産・人材・プロモーション・工事など多角的なビジネス展開を続けている。新たに100の事業創出を目指して、2021年度よりアクセラレータープログラムを導入。すでに2回を開催し、実績が出始めている。そして今回、9月からスタートする3回目の開催に向けて、代表取締役社長の戸所岳大氏に話を伺った。 #募集 #店舗流通ネット #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

日本のライフラインを支える渡辺パイプと、持続可能な地域社会に貢献し、ボトムアップで日本を元気にしませんか

【オープンイノベーションインタビュー】 水・住まい・農業。水道などの管材や電設資材、住宅設備機器、建材を取り扱う商社であり、農業の温室などを提供する農業メーカーでもある渡辺パイプ。日本全国の生活インフラを支えるリーディングカンパニーだ。これまでに培った潤沢なリソースを活用して、日本の国力をボトムアップで高めるべく、アクセラレータープログラムを実施する。スタートアップとの協業によって、小規模事業者の経営課題も解決できるようなサービス創出や、地域貢献を目指すという。プロジェクトを統括する副社長の渡辺圭祐氏に、具体的に活用できるリソースや描く未来について話を伺った。 #募集 #渡辺パイプ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント