12.8 C
Japan
土曜日, 6月 25, 2022

AIR Designのガラパゴス、約11億円の資金調達により デザインDXを推進

ガラパゴスは、シリーズAラウンドで約11億円の資金調達を実施した。既存株主であるArchetype Ventures、みずほキャピタル、Globe Advisors Venturesからの追加出資に加え、新たにSTRIVE、THE FUND、DIMENSION、THE GUILDの計7社を引受先とした第三者割当増資となる。今回の資金調達によりAIR Designのプロダクト開発とマーケティング、および採用強化をさらに加速させる。

資金調達の背景と目的

ガラパゴスの提供するAIR Designは、WEB広告に必要なバナー・LP・動画の制作および改善を、AIとデータを活用した科学的なプロセスで実現するサービスである。
「プロセスとテクノロジーで人をよりヒトらしく」をフィロソフィーに、属人性が強く再現性に乏しいデザイン領域のDXを推進し、コストパフォーマンスに優れたクリエイティブを広告主に提供すると共に、デザイナーがルーチンワークから解放され、スキルアップと付加価値向上に専念できる環境づくりを目指している。
2019年秋にサービスを開始したAIR Designは、2年弱で300社以上の広告制作に導入されている。ガラパゴスは、この成長を加速させるべく、今後は大きく3つの方向へ注力する。

①デマンド・サイド(顧客開拓):
AIR Designの導入パートナーとしての代理店ネットワーク構築

②サプライ・サイド(制作キャパシティ):
社員や外注パートナーとしてのデザイナーネットワーク構築

③プロダクト・サイド(システム開発)
AIとデータを活用したSaaSプロダクトの開発

今回調達した資金は、上記に必要な人材の採用、カスタマーサクセスとクリエイティブチームの強化、およびマーケティング施策に投資する予定である。
また本ラウンドを経て、SaaSプロダクトのグロース支援、事業連携や戦略立案に豊富な知見を有するベンチャーキャピタル陣営と、デザイン領域に多様な専門性を有するクリエイティブファームが株主としてガラパゴスの経営に加わる。ステークホルダーが一丸となり、AIR Design事業の拡大によるデザイン業界の変革を進めていく。

採用の強化

ガラパゴスでは上述の通り、AIR Designのプロダクト開発および事業拡大に向け、幅広いポジションで多様なメンバーを募集している。
フルリモートでのフレックスな働き方が定着しており、2020年4月以降のテレワーク率は平均98.3%。事業の成長と自由な働き方を両立させている。
メンバーの半数近くが東京以外に住んでおり、北海道から九州まで津々浦々。UターンIターン、子育て世代、時短ワーカーも在籍している。

<採用中の職種一覧>
https://www.wantedly.com/companies/glpgs/projects
・ビジネス:セールス・マーケター・プランナー・カスタマーサクセス・事業企画
・クリエイティブ:WEBデザイナー・ライター・ディレクター
・エンジニア:リードエンジニア・バックエンド・フロントエンド・機械学習・アプリ
・コーポレート:人事・経理財務

資金調達の概要

<調達金額>
10.8億円(累計:13億円)

<新規投資家>
STRIVE株式会社
THE FUND
DIMENSION株式会社
株式会社THE GUILD

<既存投資家>
Archetype Ventures株式会社
みずほキャピタル株式会社
グローブアドバイザーズベンチャーズLLP

投資家からのコメント

STRIVE 代表パートナー 堤 達生

この度、中平さん率いるガラパゴス社に、リード投資家として参画させて頂けたこと誠に誇りに思います。
デザインの重要性が叫ばれてから久しいものの、実際のデザインの現場は、非効率で生産性が低いのが実情です。そのデザイン業界において、ガラパゴス社は、「プロセスとテクノロジーで人をよりヒトらしく」というフィロソフィーに基づいて、あらゆる業界のデザインプロセスを刷新していくキープレイヤーになると確信しております。
中平さん及びガラパゴス社チームと一緒に偉大な会社を創っていきたいと思います。 


STRIVE インベストメントマネージャー 古城 巧

ガラパゴスが目指す「プロセスとテクノロジーで人をよりヒトらしく」という世界観に共感し、投資させていただきました。
中平さん及びチームは、みんながプロセスへの意識・解像度が高く、理想的なデザインプロセスを創り上げられるメンバーだと強く感じました。
ガラパゴスはデザイン産業の生産性を向上させ、豊かな社会づくりを推進できると信じております。弊社はガラパゴスのチャレンジを全力でサポートしてまいります。 

Archetype Ventures シニアアソシエイト 野村 美紀

前回のPre Series Aでご出資させていただいてから1年数ヶ月。顧客の皆様と向き合い、この短期間で圧倒的な事業成長を成し遂げました。
その背後にあるのは、ガラパゴスのフィロソフィーやミッション、そこに共感し集まる仲間たち。会う度に進化・加速していく彼らの姿には日々圧倒されるほどで、デザイン業界の新たな未来を築く稀有なスタートアップとして日本を代表する存在になっていく事を確信し、追加でご出資を決めさせていただきました。
益々の成長に我々も寄与できるよう、邁進してまいります! 

みずほキャピタル 代表取締役社長 大町 祐輔

みずほキャピタルは2020年4月に続き、ガラパゴス様への二回目の投資を実行させていただくことになりました。
中平社長の卓越したリーダーシップに加えて、ガラパゴス様の経営陣・社員の皆様の真摯なご努力により、『AIR Design』を導入される企業は急速に増えており、今回の資金調達を通じて、更に多くの企業に『AIR Design』をご利用頂けることになると大いに期待しております。
『デザインの産業革命』を目指すガラパゴス様のチャレンジに、みずほキャピタルをはじめ、みずほグループ総力をあげて、更なる貢献をしてまいります。 

Globe Advisors Ventures パートナー 秋山 友紀

前回のラウンドに続き、追加出資させていただきました。
新しいサービスの創造には予期せぬ課題がつきものですが、ガラパゴスさんは、詳細な要因分析をし、再現可能な解決策を見出します。そして、それを実行することができるチームです。
この1年半で、社長の中平さんを支えるチームも充実しました。アナログなデザイン業界をデジタル化するというデザイン産業革命に向けて、更なる成長を遂げてくれると期待しています。 


DIMENSION ビジネスプロデューサー 中山 航介

昨今、オンライン広告市場の成長/出稿量増加に伴い、従来の労働集約型クリエイティブ制作だけでは需要増加への対応が難しくなっています。
ガラパゴスは、自社独自で培った制作プロセスの仕組み化/標準化を通じて本課題に取り組み、広告主の選択肢やクリエイターの働き方を変える存在です。
本ラウンドでご一緒し、課題解決に関われることを大変楽しみにしております。 

THE GUILD

デザインの抱える課題は、その品質や価値が定性評価として聖域化されていることでした。
AIやデータ分析といったテクノロジが、デザインと合流することで、より新しい視点のクリエイティヴが生まれていくでしょう。
ガラパゴスさんにはそのような時代を作る先駆けとして期待しています。 



ガラパゴス代表 中平コメント

AIR Designのサービス開始から2年の間、我々はデザインの業界をより良くしようと尽力してまいりました。
このたび、私達のフィロソフィーである「プロセスとテクノロジーで人をよりヒトらしく」にこれだけ多くの投資家の皆様が共感してくださり、本ラウンドへご参画いただけたことを大変嬉しく思います。
これまで以上に皆様のお力をお借りしながら、AIR Designでデザイン産業革命を起こして、関わる全ての人を幸せにしていきたいと思います。



株式会社ガラパゴスについて

AIを活用したマーケティング向けクリエイティブデザイン提供サービス「AIR Design for Marketing」およびスマートフォンアプリ企画開発サービス「AIR Design for Apps」を展開。
「プロセスとテクノロジーで人をよりヒトらしく」を企業理念に、デザイン業界のDXを推進している。

社名株式会社ガラパゴス
設立2009年3月
所在地東京都千代田区神田神保町2-14 SP神保町ビル8F
代表者代表取締役社長 中平健太
URL●AIR Designサービスサイト
https://airdesign.ai/
●コーポレートサイト
https://www.glpgs.com/
●採用サイト
https://www.wantedly.com/companies/glpgs
●サービス参考動画:ICCサミット スタートアップ・カタパルト
・2019年9月
https://youtu.be/asF6Ouod6fE
・2020年9月
https://youtu.be/0lMroF3AkMk
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント