12.8 C
Japan
月曜日, 1月 24, 2022

世界初!スリーシェイクが「intigriti」社と提携し、バグバウンティの運用代行サービス「Bugty」をリリース

SREのプロフェッショナル集団である株式会社スリーシェイクは欧州を代表するバグバウンティプラットフォームを提供するintigritiと世界で初めて提携、バグバウンティの運用を代行するサービス「Bugty」をリリースしました。

「Bugty」リリースの背景

システムにとって脆弱性は、様々な場面で問題となります。脆弱性をつかれたり悪用をされると、ネットワークへの侵入、バックドアの設置、個人情報漏洩などが起きてしまう可能性があります。

実際にintigritiのバグバウンティプログラムでは、開始されてから最初の1週間に提出された脆弱性の平均数は53件、その内、受理された脆弱性の平均数は37件にも上ります。

脆弱性対策には、高いスキルを持つセキュリティ専門家が必要とされています。 しかし日本におけるセキュリティ人材不足は、深刻化しています。

そのような中、スリーシェイクは日本のサービスにおけるセキュリティ品質を高めたいという思いで、世界4万人のバグバウンティプラットフォーム「intigriti」と提携し、バグバウンティ運用代行サービスをリリースするに至りました。

intigritiのバグバウンティプラットフォームを利用することで、intigritiに在籍している約4万人のバグハンターにリアルタイムでシステム・プログラムを診断してもらうことが可能になります。

セキュリティ専門家でないと対応の難しいバグバウンティの運用から請求までをスリーシェイクが代行することで、セキュリティ人材、リソースが確保できない企業の利用も実現可能となりました。

サービスURL:https://security.sreake.com/bugty/

バグバウンティ(バグ報奨金制度)とは

企業が自社の製品やサービスに対する調査案件を公開し、製品やサービスの脆弱性(バグ)を発見・報告することで、​バグハンターに対して報奨金を支払う仕組みです。

ペネトレーションテストや脆弱性診断では限られた領域に対して、単発・少人数での診断になりますが、バグバウンティでは複数のバグハンターが多角的・定常的にプログラム・システムの内部を診断し、バグを発見報告します。そのため企業は、継続的にバグを発見・修正することが可能になります。
大手インターネットサービス事業者などは独自でプログラムを公開していることが多いです。

バグバウンティ運用代行サービスとは

利用するプラットフォームは、ヨーロッパを代表するバグバウンティプラットフォーム「intigriti」であり、スリーシェイクは世界で初めてパートナー提携しました。 本サービスは、日本初のバグバウンティ運用代行サービスです。

スリーシェイクが、顧客となる日本企業とintigritiの間に立つことで、契約・レポーティングまで全てのサポートを行います。また、業務上必要なやりとりは全て日本語で行うため、 言語面で不安のある方や、海外取引に不慣れな企業でもスムーズな取引が可能です。
対応すべき脆弱性の選定から対応方法まで、総合的なコンサルティングを行うため、 セキュリティ領域の専門知識の無い方でも安心してバグバウンティサービスを利用することが可能となります。

Intigrityについて

バグバウンティにおいて、ヨーロッパを代表するクラウドソーシングによるサイバーセキュリティ企業です。
約4万人のバグハンターと企業を結び付けて、セキュリティをテストおよび改善、これにより、企業は継続的なセキュリティ評価の快適さを体験できます。
URL :https://www.intigriti.com/

株式会社スリーシェイク

所在地:本社  〒160-0015 東京都新宿区大京町22-1グランファースト新宿御苑3F・4F  
    大阪オフィス  〒530-0002 大阪府大阪市北区曽根崎新地1-13-22 1F  
設 立:2015年1月
代表者:代表取締役社長 吉田 拓真
URL :https://3-shake.com/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Source3-shake
- Advertisment -

Featured

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント