12.8 C
Japan
火曜日, 6月 28, 2022

【コミュニケーションを通じた対人援助に特化】業務支援ツール「ソラハルClientFirst」開発のソラハルが資金調達を実施

カウンセリングやコーチング、キャリアコンサルティングなどのコミュニケーションを通じた対人援助(遠隔心理支援)に特化した業務支援ツール「ソラハルClientFirst」を開発するソラハルは、エンジェル・プレシードラウンドにおいてSK Impact Fund Japan、LLC、ならびにSEVENとエンジェル投資家を引受先とする第三者割当増資を実施した。

ソラハルとは

ソラハルは、独立開業する心理カウンセラー、ビジネスメンター、キャリアコンサルタントの方を対象に、クライアントへの継続的なサポートと業務効率改善を実現するSaaS型プラットフォーム「ソラハルClientFirst」(https://soraharu.co.jp/lp/client-first.html)を開発。
2021年8月より順次供用開始となる。

事業ピッチ(約5分)

資金調達額

非公表である。

第三者割当増資の目的

ソラハルClient Firstの開発体制強化(エンジニア採用)を図る共に、事業拡大を見据えた組織基盤を構築していく。

SK Impact Fund Japan, LLCからのコメント

SK Impact Fund Japan,
https://sachiko-kuno.com/
LLCファウンダー・代表 久能祐子氏

他の役職に、株式会社フェニクシーファウンダー・取締役、VLP Therapeutics共同創業者
S&R財団 理事長・CEO、Halcyon創設者・議長
内閣府 総合科学技術・イノベーション会議 アドバイザー
京都大学 非常勤理事・大学院総合生存学館特任教授・経営管理大学院特命教授

ファウンダーの北村氏は、フェニクシ―インキュベーションプログラム(https://www.phoenixi.co.jp/post-ja/3784/) 第3期生として4か月の滞在プログラムを修了されました。期間中も対人援助職のコミュニティ事業を立ち上げるなど精力的に活動をされ、コア事業の準備を着々と進めておられるという報告を受けてきました。
ソラハル社の事業は、社会にプラスのインパクトを与えようする起業家を支援するSK Impact Fundの趣旨に合致することから、出資させていただきたいと思います。どうぞ、頑張ってください。

SEVENからのコメント

Chatwork創業者(現:SEVEN)山本 敏行氏

近年、日本でもメンタルヘルスや若者のキャリア、DVや虐待などの社会的課題に挑む多くのスタートアップがうまれています。私もこれまでいくつもの企業に出資し支援をしてきました。
ソラハル社の面白いところは、「相談・援助」という職種レベルに絞り込んだSaaSというところにあります。一般企業では人事領域になりますが、一歩外に目を向けると学校や行政、福祉施設や医療の領域にも「相談・援助」の窓口は存在しています。
ビジネスモデルを聞けば聞くほど、ソラハル社の野望が実現した際の社会的インパクトは大きく、そして深いものになると思いました。”No one will be left behind”  誰ひとり取り残さないSDGsの理念を達成するための社会インフラになることを確信しています。

hackjpn 戸村 光氏

ヒューマンリソースやメンタルヘルスの課題にテクノロジーをもって取り組む流れは、私の住むシリコンバレーだけでなく、もはや世界的な潮流といっていいと思います。
ソラハル社のユニークなところは、キャリアや若者支援の最前線で仕事をしてきた創業者に、ITスタートアップの経験豊富なメンバーが集っているところではないでしょうか。このメンバーのバランスが、現実的かつ業界のお約束を外さない事業を可能にしてくれることでしょう。ビジネスの枝葉がどんどん広がっていく未来を感じられます。とても楽しみにしています。

引受先からのコメント

株式会社Wisdom Holdings・小柳建設株式会社
https://n-oyanagi.com) 
代表取締役 小柳卓蔵氏

当社は新潟県三条市に本拠をおき、建築・土木を中心に社会インフラ事業を手がけてまいりました。
近年、地方で社会インフラに携わる事業者の間では人材・後継者不足が深刻な課題になっています。当社においても最前線で働く従業員の負担を軽減し、従業員満足を高める方法を真剣に考え続けてきました。マイクロソフト社と協業して取り組む「Holostruction」事業(https://n-oyanagi.com/holostruction/)は建設業界のDXの嚆矢と評価をいただいておりますが、これも建設現場の負担軽減・業務効率化をめざしたものです。
ソラハル社が提供しようとしてるソリューションは、人事や採用に悩む企業にとっても有効です。事業会社は特に企業内の日常的な従業員のケアやサポートではどうしても活き届かない部分があります。そのような課題に、外部専門家と連携して取り組む総合的な人材マネジメントを、地方の中小規模の事業者にも実現していける可能性を秘めています。期待しています。頑張ってください。

ソラハル代表 北村健 挨拶

弊社設立のきっかけは、私が若者・学生支援の現場で感じていた業務の非効率や属人化といった課題でした。
この課題にICT技術を用いて取り組み、対人援助・心理支援に携わるスタッフが、より質の高い援助を提供できるようにすることで、社会全体のウェルビーイング向上に貢献する。これが私たちの野心です。
これまで心理専門職に特化したコミュニティ事業や研修事業を手がけつつ、「ソラハルClientFirst」の開発に取り組んで参りました。
このたび幸運にも、SK Impact Fund Japan, LLCファウンダー・代表の久能祐子先生、ならびに山本氏・戸村氏が主宰されるエンジェル投資家コミュニティ・SEVENを通じ、「Holostruction」の開発で建築techをリードする小柳卓蔵氏より出資をいただくことができました。
久能祐子先生からはフェニクシ―インキュベーションプログラム参加時より社会的事業にまい進していくためのマインド・心構えを教授いただいております。
小柳卓蔵氏からは、業界こそ異なりますが、アナログな「現場」にみられる非効率や生産性の停滞を、ICT技術によって次のステージに進めようとするDX(デジタルトランスフォーメーション)の先達として、事業開発・組織運営について大いに学ばせていただきたいと考えております。
世界中の「相談と援助」の窓口が、すべて「ソラハル」に代わる日をめざして、開発の加速とマーケットローンチにむけて走り続けます。

ソラハルClientFirstの申込みについて

ソラハルでは、「ソラハルClientFirst」(https://soraharu.co.jp/lp/client-first.html)の事前申し込みを受け付けている。
予想を超える申し込みがあった為、次月より順次案内する「WaitngList」への登録となっている。

ソラハルについて

社名株式会社ソラハル
設立2020年5月
所在地京都市下京区中堂寺南町134番地 ASTEMビル8階
代表者北村 健
事業概要SaaS型プラットフォーム「ソラハル」を開発
採択実績:
・フェニクシーインキュベーションプログラム (https://www.phoenixi.co.jp/post-ja/3784/
・独立行政法人中小基盤整備機構 アクセラレーションプログラム「FASTAR」 (https://fastar.smrj.go.jp/)
URLhttps://soraharu.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント