12.8 C
Japan
火曜日, 6月 22, 2021

自動搬送ロボット開発のLexxPluss、世界最大のハードウェアアクセラレータ「HAX Shenzhen」に採択

物流倉庫・製造工場向け自動搬送ロボットを開発するLexxPlussは、アクセラレータープログラム「HAX Tokyo」を通過し、「HAX Shenzhen」のプログラムに採択された。グローバル市場での成長を目指し、プログラムを通じて自動搬送ロボットの量産化に取り組む。

今回の取り組み内容について

HAX Shenzhenのプログラムでは、4~8カ月間にわたり、量産に向けた自動搬送ロボットの仕様や生産計画の策定、現地工場とのパートナーシップ開拓や知的財産権に関する戦略立案などに取り組む。HAXには、インダストリアルデザイナーやメカニカルエンジニア、コミュニケーションデザイナーなど様々なバックグランドやスキルを持つプロフェッショナルが在籍しており、彼らの強力なバックアップのもと、LexxPlussの自動搬送ロボットを磨き上げる。

LexxPlussは2020年夏に開催されたHAX TokyoのBatch 2にて採択され、技術シーズとビジネスニーズのマッチング検証が行われている。また、その過程でプログラムの主催元であるSOSV Investments及び住友商事より、シードラウンドの資金調達を実施した。3か月にわたるプログラムの結果、厳しい審査を通過したのである。

HAX Shenzhenの後は、HAX San Franciscoにおいて本格的な市場参入に向けた資金調達とマーケティングの支援を受ける予定となっている。LexxPlussは創業期からグローバルでの事業展開を目標に掲げており、中国・アメリカをはじめ海外に確実に展開していくために、今後もHAXと緊密に連携する。

▶︎SOSV及び住友商事からの第三者割当増資について:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000056714.html

HAXについて

Credit:住友商事株式会社

HAXは、SOSVが主催するハードウェア製品の開発に取り組むシードステージのスタートアップの成長を支援するアクセラレータープログラムである。2012年のプログラム開始以来、これまでに250以上のスタートアップが参加している。採択されたチームは、米国シリコンバレー発、世界的に実績のあるハードウェアアクセラレーターが持つネットワークやノウハウを活用することができる。HAX Tokyoにおける3ヶ月のプログラムの後、通過した企業は、HAX Shenzhen、HAX San Franciscoのプログラムに参加し、ベンチャーキャピタルから資金を得て事業を拡大できる可能性もある。

▶︎HAXの公式HP:https://hax.co/

株式会社LexxPlussについて

株式会社LexxPlussは、「持続可能な産業と持続可能な生活を」をビジョンに掲げ、日本のインフラを支える物流業・製造業の課題解決を目指すスタートアップである。現在は、物流倉庫・製造工場向け自動搬送ロボットをソフトウェア・ハードウェア両面から開発を行っている。既存の物流ロボットが抱える「費用対効果に見合わない」「ヒトと共存する空間で活動できない」「現場のこだわりやシビアなコンディションに対応できない」といった課題を、ソフトウェア・ハードウェア・ビジネスモデルの観点から解決を目指している。

社名株式会社LexxPluss
設立2020年3月
所在地神奈川県川崎市幸区新川崎7-7 KBIC本館211号室
代表者阿蘓将也
事業概要建設事業(土木事業・建築事業)及び開発事業
URLhttps://www.lexxpluss.com/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【募集】日野自動車「本気のDX」。デジタルがブルーオーシャンの物流業界を変革し、日本に活力を

【アクセラレーターインタビュー】 1942年の設立以来、社会にとって必要不可欠なトラック・バスづくりを担い、日本の物流を支えてきた日野自動車。しかし、技術革新やライフスタイルの多様化に伴い、人や物の移動を取り巻く環境は急速に変化。さらに、ドライバー不足やCO2排出量の削減、持続可能な交通網の維持など、解決すべき社会課題は多岐にわたっています。 そこで、自社でのソリューション開発・提供だけでなく、他社との協業による社会課題解決を目指し、「HINO ACCELERATOR 2021 -HINO DE SAFARI-」を実施。スタートアップの技術やアイデアに日野のアセットを掛け合わせることで、物流業界や社会の課題を解決し、新たな価値提供を目指しています。具体的にどのような思いで取り組んでいるのか、日野自動車CDO(Chief Digital Officer)デジタル領域長の小佐野豪績氏に話を伺いました。

「呼べば5分で届く世界」セイノーHDとエアロネクストがオープンイノベーションで描く空の革命

【アクセラレーターインタビュー】 既存物流とドローン物流を連結・融合させた新スマート物流サービスを確立すべく、2021年1月にセイノーHDとエアロネクストが業務提携を締結。現在、山梨県小菅村にて、無在庫化と無人化を特徴とする、スマートサプライチェーン「SkyHubTM」の実証と実装にむけたプロジェクトを展開中です。 今回は、セイノーHDの河合 秀治氏とエアロネクスト田路 圭輔氏にご登壇いただき、「 SkyHubTM」についての詳細や協業に至った経緯、今後のビジョンなどについてお話しいただきました。 #オープンイノベーション #業務提携 #アクセラレーターインタビュー #セイノーホールディングス #エアロネクスト #SkyHubTM #スカイハブ #小菅村 #実証実験 #ドローン物流 #大挑戦時代をつくる #Creww

物流ソリューションの未来を切り開く為、これまでの常識にとらわれない「次の物流」の開発に、スタートアップの皆さまとチャレンジさせていただきたい。

【アクセラレーターインタビュー】 物流業界大手の佐川急便が、2021年度もアクセラレータープログラムを実施します。2014年からオープンイノベーションに積極的に取り組んできた同社は、スタートアップとのアライアンス活動の要となる新たな基地として、昨年「HIKYAKU LABO」を新設。物流を取り巻く環境や顧客ニーズが激変する中、スタートアップとの協業によって持続可能な社会を作るべく、社会課題の解決に取り組んでいます。「アクセラの審査には通過しなかったとしても、応募いただいたスタートアップとは何かしらの協業を模索したい」と語る執行役員・藤野博氏に、佐川急便がオープンイノベーションに取り組む背景やスタートアップと狙いたい領域などを伺いました!

世界シェアNo. 1の日本金銭機械が、スタートアップとあらゆる社会課題の解決を目指す

【アクセラレーターインタビュー】 カジノ業界での金銭処理のパイオニアとして世界シェアNo. 1を誇る、日本金銭機械株式会社(Japan Cash Machine co.,ltd.)。世界中で貨幣の法的秩序を保ち、貨幣に対する信頼や社会の治安維持に貢献してきた同社は、既存のビジネス領域にとらわれない、新たな社会課題解決を目指して、アクセラレータープログラムを実施する。具体的に、どのようなスタートアップと協業し、どんな領域で新規ビジネスを創出したいと考えているのか。新規ビジネス開拓部の小林崇亮 氏にお話を伺った。 ※応募の締め切りは2021年4月30日(金)17時です。
Facebook コメント